カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1130冊目 目からハム シモネッタのイタリア人間喜劇
目からハム シモネッタのイタリア人間喜劇 (文春文庫)目からハム シモネッタのイタリア人間喜劇 (文春文庫)
(2011/11/10)
田丸 公美子

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 シモネタを乱発する日伊同時通訳者のシモネッタこと田丸公美子さんのエッセイ。彼女の存在は日露同時通訳者だった米原万里さんの著作で知って以来、いつか読もうと思いつつ他の本にかまけていたのだが、ようやく手に取った。そして、読むのが遅かったと後悔した。

 面白いエッセイには幾つかの共通項がある。軽妙な語り口?それは確かに重要だと思う。しかし、必須なのは、豊かな感性だと思う。人々、周りのもの、身の回りで起こった出来事を活き活きと伝えること。そこに広い経験や知識が加わると尚良い。これが上手い人には、斜に構えて上手いことを言ったつもりになっている人では到達できない高みを感じる。

 田丸公美子さんもそうした才能を持つ1人ではなかろうか。

 その道30年の大ベテランなので経験は充分。誤訳で"複式簿記"を、選りにも選って"二重帳簿"とやってしまった話には電車の中であるにも関わらず吹き出していしまい、大変に恥ずかしい目に遭った。

 そして、感性。それはくどくど述べても伝わるものではないので読んで実感してもらいたい。私としては、彼女の他の人への視点がしっかりしたものであるところが特に気に入ったことを述べるに留めておく。

 時に爆笑させられ、時にしんみりさせられる。イタリア人のマンジャーレ、カンターレ、アマーレ(食べて歌って愛して)という、人生を楽しむ知恵も素敵。まあ、本書で見られるような軽い生き方は私にはできないだろうけど(笑)

 流石はあの米原万里さんの盟友と思わせてくれた。他の本にも当たってみよう。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2013/01/13(日) 20:15 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。