カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1129冊目 半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon

半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
(2003/10)
橋本 紡

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 ブクレコで紹介されてるのを見て手にとった。

 急性肝炎で入院した戎崎裕一がひょんなことから知り合ったのは、色白で髪の長い同い年の美少女、里香。この一見無敵の女の子の数少ない(けれども致命的な)欠点は、性格がとんでもなく酷い、ということだ。

 無知というのは幸せなことで、裕一はその性格を知らぬままに彼女と親しくなってしまう。それが自分の下僕生活の始まりとも気付かず。

 元暴走族で凶暴なケリを食らわす看護師の亜希子さん。病院をこっそり抜け出して会いに行く、がっちりした巨漢のくせに(差別語)ケーキ作りが得意な友人の司。ギャンブル狂の父親。そして、可愛いけど凶悪な里香。

 どこか普通ではない人々に囲まれて、それなりに大変そうだけど楽しそうな主人公は、しかし気づかざるをえない。里香がどうしてこんなにも我儘なのか。理由を知った時、少年は自分ができる限りにおける限界に挑む。

 ボーイ・ミーツ・ガールものとしては定番で、設定も決して独創的ではないとは思う。それでも、少年なりの考えで、彼にできることを必死に求める姿に、おっさんとなった私は少々胸が熱くなったのでありました。続きも読んでみよう。
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2013/01/11(金) 20:39 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。