カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

7冊目 すべては傍受されている

すべては傍受されている




ジェイムズ・バムフォード著 / 滝沢 一郎訳

角川書店 (2003.3)





評価:☆☆☆☆

 アメリカ最大の諜報機関でありながらCIAやFBIよりもずっと名前を耳にすることの少ない、米国国家安全保障局(National Security Agency;NSA)の歴史に踏み込んだ大作。一時期話題になったエシュロンシステムを持つ、情報集積の巨人に立ち向かう術はわずかに情報公開法のみ。しかし、著者は果敢にNSAの秘密を探っていく。

 アメリカの通信傍受は二次大戦中に枢軸国を相手にしたブラック・チェンバーまでさかのぼることが可能である。この組織は見事に日本の暗号を解き明かすことに成功したものの、スチムソン国務長官の「紳士はみだりに他人の通信を覗くものではない」の一言で解散に追い込まれ、ブラック・チェンバーを率いたヤーズレーがその内幕を暴露したことで一躍有名となった。その後、様々な経緯を経て復活した諜報機関こそNSAである。

 本書では、その誕生から現在に至るまでの歴史を追っている。情報を集めるために彼らがどのような労力を払い、そしてその結果どのような情報を得てきたのか。キューバ危機で、ベトナム戦争で、中東戦争で、冷戦で、彼らの得た情報はどう活かされ、どう活かされなかったのか。その部分を読むだけでも迫力が伝わってきて読みでがある。

 例えば、狂った将軍達がキューバを攻撃するために自国に対して仕掛けようとしたテロ計画である「ノースウッズ作戦」について引用してみよう。

 (略)ノースウッズ作戦といい、統合参謀本部議長と三軍首脳の承認文書があるが、街頭で無
辜の米市民を射殺し、キューバから逃げる難民を乗せた船を沖合いで撃沈し、首都ワシントン、
マイアミなど各地で凶暴なテロの波を起こすというものだった。身に覚えのない爆弾事件で犯人
が仕立て上げられ、飛行機ハイジャックも行われるはずだった。ニセの証拠を使いこれらを全部
カストロのせいにして、レムニッツァーら陰謀グループに戦争開始に必要な口実と内外の支援を
与える筋書きであった。
同書p94より


 このようなアメリカ首脳の企てた陰謀、中東戦争におけるイスラエルの唾棄すべき戦争犯罪(そしてそれには現在首相であるシャロンも関与している)、ベトナム戦争における情報戦の敗北など、詳細に論じられる様々な事件については思わず手に汗を握らされる。詳細な調査に基づく緻密な文章で、しかもこれだけの量を書くには凄まじい労力が必要だということは読めばすぐに分かる。

 諜報や通信傍受の世界で過去なにが起こり、いま何が行われているのかを知るには絶好の書であろう。やや冗長に思われる点も多いが、それをさっぴいて読み物として考えても十分に面白い本である。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2004/02/27(金) 17:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。