カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1099冊目 今宵、バーで謎解きを
今宵、バーで謎解きを (カッパ・ノベルス)今宵、バーで謎解きを (カッパ・ノベルス)
(2010/04/20)
鯨 統一郎

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 怪作『邪馬台国はどこですか?』でデビューした著者の、これまた怪作。

 バーに集う私立探偵の工藤、ライターの山内、マスターの島(これがマスターとは思えないダメっぷり)の中年三人組、厄年トリオがワインとチーズで無駄な雑談に興じていると、話はかなり強引に工藤あるいは山内が仕入れてきた未解決の事件へと向かう。すると、そこに居合わせた桜川東子が、謎めいた事件の全貌を解き明かしてしまうという短篇集。

 まず、最初の雑談。これは好みが別れるだろう。気に入る方の主なゾーンは、厄年トリオと歳が近い人。大変に不本意ながら、私もそこに入りそうだ。もう1つは、ワインが好きな人。こちらも不本意ながら私も含まれる。ついでに、飲んで衒学的なことを語りたがる人。これも私ではないか。

 というわけで、ダメ人間とである厄年トリオの会話が楽しめれば、喩えミステリ部分がアレでも楽しめる。ところが、ユーモアミステリでありながら、事件とそのトリックはなかなか本格的。こちらも十分楽しめる。

 解決に華を添えるのが、ギリシア神話。どこかしら神話とモチーフの重なる事件で、桜川さんが神話と事件を結びつけながら解説をしていると、神話に関する随分と懐かしい記憶が蘇ってくる。

 いささか枕の雑談から事件へ繋げる流れが強引だし、安楽椅子探偵モノ特有の牽強付会さが見え隠れはするが、気負わず空いた時間でパパっと読める短篇集に仕上がっている。本格推理小説を読むには時間が……という方に、特に向いているかも知れない。


 ……そういえば、神話を読んでたのももう20年以上前だ。久々に手を出してみようかなぁ。なんて思わせてくれるのも楽しかった。

関連書籍:
邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)邪馬台国はどこですか? (創元推理文庫)
(1998/05)
鯨 統一郎

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2012/11/03(土) 21:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。