カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

75冊目 ヒトのオスは飼わないの?
ヒトのオスは飼わないの?

米原 万里著

文芸春秋 (2005.6)

\650

評価:☆☆☆☆


 かつて著名なロシア語同時通訳者として活躍し、現在は時に厳しく、時に温かみのある視点が好評で著者としても名を馳せている米原万里さんの、ペットについてのエッセイ。ネコ派を自認する米原さんが仕事先で野良犬と出会って連れて帰るところからはじまり、歴代の飼いネコたちの話題へなだれこんでいく。

 拾われてきたネコの道理と無理、犬のゲンとノラ(野良犬のノラじゃなくて、イプセンの人形の家のノラ)、ロシアでであって買ってきてしまったターニャとソーニャの6匹のペットととの出会い、暮らし、そして別れを巧みに、さらに愛情豊かに書いているのでペット好きにはたまらないのではないだろうか。

 うちも拾ってきた愛犬と一緒に暮らしているので、出会った時のこと、お互い慣れないうちに犯してしまった幾つかの失敗を思い起こしながら楽しく一気に読んでしまった。ネコ好きも犬好きも楽しく笑って読める素晴らしいエッセイである。ただ、やはり大のネコ派であるゆえか、犬の飼い方もちょっとネコ風にしているような気もするが、それはご愛嬌である。

 たんなるペット愛好家のペット自慢じゃないかと思われるかもしれないが、その通りである。なので、ペットを飼っている人がみたらついつい自分の家の事情を思い返してニヤリとしてしまうのではなかろうか。

 ただし、盲導犬についての記述は一方的で、読者に誤解を与えかねないものなので、注意が必要である。盲導犬については財団法人 日本盲導犬協会盲導犬を引退した犬たちが参考になると思う。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2005/10/04(火) 11:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。