カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1096冊目 妻の王国―家庭内“校則”に縛られる夫たち

妻の王国―家庭内“校則”に縛られる夫たち (文春文庫)妻の王国―家庭内“校則”に縛られる夫たち (文春文庫)
(2002/09)
中国新聞文化部

商品詳細を見る


評価:☆☆


 周りにいませんか?飲み会に来られない男あるいは職場の飲み会で「飲んで帰ると嫁さんの機嫌悪いんだよなぁ……」とボヤく男。私の周りには、居る。飲み会となると不機嫌になるので、家事をやってご機嫌取りをしているそうな。

 ええと、それは一体どんな恐怖政治ですか。我が家では喩え妻が食事を作り終えた後の時間に急遽飲み会になってしまったとしても、連絡を入れればOK。だって、職場の飲み会って、仕事ですよ?カネ払って気を使ってストレスは溜まる。しかも、今日明日の役には立たない。一緒に笑って、仕事と関係のないことを話して、詰まるところ自分はどのような人間なのかを知らせ合う事で同僚に自分は仲間なのだということを示すことが仕事を円滑に進めることに繋がるのだ。

 妻に拠る支配に怯える世の夫の苦しみを抉ったのが本書。

 洋式トイレでは座って用を足せという妻の命令に従い、専業主婦の妻が何十万ものヘソクリを握る横で如何に安く昼食を済ませるかに戦々恐々とし、休日も自由時間はなく、それなのに家に居場所も無い。

 そうした恨み言が溢れていて、読み始めは呆れながらも所詮他人ごとと笑っていたのだが、そのうち段々と腹が立ってきた。

 男も女も自立してない。

 結婚は、他人同士が一緒に暮らすことだ。夫婦は制度上は結婚という結びつきを得てはいる。そんな制度を取っ払って客観的に見れば、別々に育った別の思想・嗜好・趣味・宗教を持つ2人が共同生活を送ることこそ結婚に他ならない。だったら、相手には礼が必要だし、認め合わなくちゃ行けない。

 自分の時間が欲しい?そりゃあ当たり前だよ。お互い様でしょ?じゃあ、相手にはその時間を与えてる?相手の自由時間は束縛しようとしたら自分の自由時間が無くなるのは当然だよね。

 子供のことは妻に任せっぱなし、家事はやらず、自由時間と使えるカネは増やせ、では単なるガキの我儘だろう。○○をやるから××はやって、という交渉もできないのは情けないぞ。いや、うちの妻は話を聞いてすらしてくれないのだというなら離婚を考え給え。あなたは奴隷じゃないのだ。

 等と思うのだが、こんな記述を見ると絶望が這い寄る。
 心理学専攻の松原秀樹エリザベト音大教授(49歳)に会う。明快だった。
 「そうです。自分の感情をてこでもかえないのが女性の一般的な性格特徴の一つです。かなりのキャリアウーマンなら、問題解決のために自分の態度を変えていくという社会的なトレーニングを受けていますが、そうでなければ、いくら説明してもイヤなものはイヤ、ダメなものはダメ。ものを相談するにしても、耳の痛いことを言ったり、態度の変更を迫られそうな人のところには行きませんね。男の感覚からすれば、異星人と思ってつき合った方がいい」
(P.43~44より)


 妻が物分かりの良い女性で良かった。そうじゃなければとっくに離婚してたな。。。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2012/10/26(金) 20:44 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

先日、TVで、夫婦が、お互いに対して不満が高まることについての解決策(?)について放映していました。

何度言っても、きちんとしない夫に不満を持つ妻は、夫のことを「犬」と思うべし(さすれば、腹も立たない)。

一方、夫は、妻のことを「虎」と思うべしという内容でした。

「苛政は虎よりも猛し」と言いますから、本書のように、家庭内で苛政を振るうような奥方の場合、「暴君」ではなく「虎」であると思った方が、まだしも平穏なのかもしれませんね(笑)。
2012/10/29 月 01:08:41 | URL | kappa1973 #-編集
kappa1973さん、コメントありがとうございます!

>夫は「犬」妻は「虎」

言い得て妙ですね^^
うちはネズミとトラというか、シロアリとオオアリクイというか、そんな感じの
力関係ではありますが、夫婦円満で過ごせています。

互いのありがたいところを認め合えたら良いのでしょうね。
2012/10/30 火 00:37:10 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。