カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1084冊目 気持ちのいい看護

気持ちのいい看護 (シリーズケアをひらく)気持ちのいい看護 (シリーズケアをひらく)
(2000/09)
宮子 あずさ

商品詳細を見る


評価:☆☆


 本書が書かれた時点で、ナースとして13年間勤めた著者が綴った、気持ちいい看護とはどのようなものかを巡るエッセイ。

 日々の生活から考えること、看護に当たる際の姿勢や思いを、特に話題を絞ることなく、天真爛漫に語っている。

 医療モノには多少の興味はあるので手にとって見たのではあるが、著者はちょっと自分を語りすぎなように思う。

 自分を語る時には、自分が遭遇した興味深い話(しばしば本人にはプチ不幸であったりする)にするか、普遍性を持った話をするか、ファンに向けて自分をさらけ出すかじゃないと面白くならないように思う。だから、書評の書き方として自分の話に持って行かないというお約束があったりするわけだ。

 私のように著者のファンと言うわけではない身には、自分語りでは余程のストーリーが来ないと、引き込まれることは無い。

 加えて、私が看護職にあるのなら著者の意見に対して賛否があっただろうが、そうでもないので、どうにも文章に引き込まれることが無かった。

 内輪向けのように感じられてならない、そんな一冊。


関連書籍:

ナースな言葉 (集英社文庫)ナースな言葉 (集英社文庫)
(2005/10/20)
宮子 あずさ

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2012/09/20(木) 21:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。