カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1079冊目 寒暖 700年周期説

寒暖 700年周期説寒暖 700年周期説
(2008/07/23)
西岡 秀雄

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 タイトルの通り、地球は700年に及ぶ寒暖のサイクルを繰り返している、と指摘するのが著者。

 土器の底面に葉の痕跡を残す、”葉底土器”を研究している際、その端緒を掴んだという。葉の痕跡があるからには、土器が作られた場所にその植物はあったと推測される。なので、環境の影響を強く受ける植物の葉が土器に痕跡を留めていれば、当時の環境を推測する手段と成りうるのだ。

 著者が発見したのは、トチノキの葉痕。今なら、(平地ならば)盛岡あたりまで北上しなければ見られないこの葉の痕が、福島で見つかった。それどころか、後にはもっと南でトチノミまで発見されたことで、当時の日本はもっと寒冷だったことが明らかになる。

 その他の証拠から見るに温暖の周期は700年、と著者は導く。

 遮光器土偶のあの特徴的な目は防寒具を表していたのではないか、屋根勾配が環境史を語ってくれる、記録に残るアシカの不思議、日本でも見られたオーロラの記録等々、実に広い分野から700年周期の証拠を拾ってきている。話が広がるようでありながら然るべき終着点に収束する様はお見事。

 読み物として楽しめながら、自然の不思議さを感じさせられた。

 と同時に、今が寒冷期ではないことに、心底感謝したい。恐らくはこの700年周期も相まって温暖化が進んでおり、それを騒ぐ向きもあるが、寒冷期の方が多くの人が死ぬ。社会リスクとしては温暖化の方が遙かにマシなのだ。

 なぜ700年周期なのか。その謎は明らかになっていない。これからの研究の進展が楽しみだ。
関連記事
スポンサーサイト

環境 | 2012/08/28(火) 22:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。