カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1078冊目 社内犯罪講座

社内犯罪講座 (新潮文庫)社内犯罪講座 (新潮文庫)
(1993/04)
浅川 純

商品詳細を見る


評価:☆☆


 何とも評価が難しい。まずジャンル分けからして難しい。ミステリに分類されているようだが、所謂ミステリを期待すると残念な結果になる。社会派ともまた違う感じ。

 会社を舞台にした小説で、困った事件に対して部長クラスの人物がもみ消し含めどう活躍するかを描いているのだが、いずれも、会社のために良かれとやったことが裏目に出てしまう。「会社のため」とか「出世のため」に一生懸命な感じが虚しい。


 食中毒のもみ消し、取引先からの無茶な値引き圧力を躱す際どいやり口、リフレッシュ休暇を導入しつつその裏に別の狙いを仕組む、インサイダー取引疑惑等々の事件。自分の上役達を見て、ああ、有り得そうと思ってしまうのが残念なのか、小説を楽しめて良いねと思うべきなのか。

 著者はかつて日立に勤めていたようで、本書にもその経験が生きているのだろう。

 しかし、ちょっと古いかな。多分、今の会社はちょっと雰囲気が変わってきているとは思う。ワークライフバランスが語られるようになっているのは良い傾向であろう。本書にはそんな雰囲気は無く、社員寮に電話回線がひとつしか無いことが不満の種になっていたりする。携帯が無い、というのはもう現実感覚に即さないので、古さが際立つ。

 舞台装置は古い。それなのに、長時間残業なんかは今も残る悪習で、それだけに身につまされることもあった。変わったようで変わっていないことを晒しているのが魅力。
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2012/08/23(木) 22:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。