カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1077冊目 ミミズクとオリーブ

ミミズクとオリーブ (創元推理文庫)ミミズクとオリーブ (創元推理文庫)
(2000/10)
芦原 すなお

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 語り手である主人公の奥さんは、実に料理が上手な人である。季節の食材を絶妙に料理しては、どうにも甲斐性なしに見えてしまう主人公に振舞っている。多分、中高生はそそられないだろうけど、中高年は口内に涎を沸かせてしまうだろう。おっさんであるところの私もそそられた口です、はい。

 焼いたカマスのすり身と味噌をこねあわせた「さつま」、黒砂糖と醤油で煮つけた豆腐と揚げの煮物(俺が作るなら甘みはミリンで出すけどなあ)、殻付きの小エビと拍子木に切った大根の煮しめ、新じゃがと小ぶりの目板ガレイの唐揚げ。ああ、どれも美味しそうだ。このメニューだと日本酒だなあ。

 しかし、この奥方は料理が上手いだけじゃない。鋭い洞察力で、客の会話から家に居ながらにして事件を解決してしまう、安楽椅子探偵でもあったのだ。

 本書はこの奥様の縦横無尽の活躍を描いた短篇集である。

 その多くにおいて、事件の話を持ってくるのは主人公の旧友である警察官の河田。彼が主人公と美味しいものを食べ、酒をかっくらいながら事件の話をすると、奥様の一言で解決の端緒を掴んでしまう。もう警察官いらないんじゃないのか的な流れになりそうでありながら、実働部隊としては必要と、猟師と猟犬というか、鵜飼と鵜というか、そんな話である。

 友人が突然配偶者に逃げられてしまったとか、やり手のキャリアウーマンが殺害され不仲の夫が捜査戦場に浮かんでいるとか、資産家が撲殺された(実際は意識不明なだけなのだが、語り手が撲殺という言葉が好きだから撲殺されたことになっている)とか、不思議な事件を鮮やかに解決してしまう。


 でも、安楽椅子探偵ものって、ちょっと苦手だ。限られた情報から如何に驚くべき結論を導き出すかがこのジャンルの見せ所だと思うのだけれども、意外であれば意外であるほど強引さを感じてしまうのだ。

 そんなわけで、好きではないジャンルでも、この人の文章はどこか味があって良い。同窓会で四半世紀前の同級生と会う時には、「生い茂った雑木林の頭はサラ地となり、紅のリンゴの頬は下に垂れて西洋梨となった」という。こんな表現が、殺人の多いストーリーでありながらどこか間延びした雰囲気を感じさせる。きちんと伏線は張られていて、卑怯だとは感じられないのもポイントが高い。

 軽い感じのミステリを読みたい方にはオススメである。
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2012/08/21(火) 21:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。