カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

光の道
 愛犬の散歩中、ふと空を見ると不思議な道があった。私の頭上に、周囲と比べてちょっと暗い影が走っていた。あたかも飛行機雲が明暗入れ替わったかのよう。

 光の道というよりも影の道という感じ。一体何事かと思って、橋まで行ったら美しい景色が広がっていた。

 雲が絶妙に太陽を隠しているため、雲の影が空を駆けていた。この光景に巡りあうのは夕方か明け方しかあり得ないわけで、夕焼けも美しい。

 不思議というか、珍しい光景。天体ショーというには規模が小さい(地球だけの話だからね)のだけど、レアな体験をした。ちょっと幸せな気分になる。

 ふと見ると、周りで他にも写真を撮っている人がいて、この滅多にない機会を楽しんでいた。

 残念なことにデジカメは持っていなかったので、携帯のしょぼいカメラで撮影。この後、太陽の位置が変わっていくに連れて影の形も刻々と姿を変えて行くのが楽しかった。

 たまにはゆっくり空を見上げる時間を作ろう。
関連記事
スポンサーサイト

雑記 | 2012/08/17(金) 00:36 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。