カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1071冊目 慰安婦と戦場の性

慰安婦と戦場の性 (新潮選書)慰安婦と戦場の性 (新潮選書)
(1999/06)
秦 郁彦

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 現代史は、とかく歴史学よりもイデオロギー的な側面で語られることが多い。共産主義のように思想を全面に押し出したものだけではない。例えば南京事件。死者30万人はデタラメである(当時、南京にいたとされているのは軍民併せて30万人)としても、その先、数万人規模なのか、虐殺など無かったのか、今でも論争が続いている。

 なぜこのような神学論争が展開されるのかというと、祖父母のように自分の知る人々が過ごした時代であるため突き放して見ることが難しいこと、愛国心のように判断力を鈍らせる心の働きがあることが原因ではないだろうか。

 いわゆる従軍慰安婦も同じである。強制連行の有無や軍の関与を巡って今も論争が絶えない。

 しかし、事実だけで言うのであれば、著者が国連の調査官であるクマラスワミに説明した以下の事実が、この問題の全てではなかろうか。
(略)(1)慰安婦の「強制連行」について日本側で唯一の証人とされる吉田清治は「職業的詐話師」である、(2)暴力で連行されたと申し立てられた慰安婦の証言で、客観的裏付けがとれたものは一例もない、(3)慰安婦の雇用契約関係は日本軍との間にではなく、業者(慰安所の経営者)との間で結ばれていた
(P.268)


 上記にも拒否反応を示される方がいらっしゃるかもしれない。しかし、(1)の吉田清治証言が全く裏が取れないのは事実である(出版社や韓国側の人々も認めている)、(2)の慰安婦証言は強制性を示すものはあっても官憲が関与した証拠はない、(3の雇用関係は軍属扱いをされていなかった等の事実がある。これらを覆すことは困難だ。加えて、下記のような証言もある。

 いずれにせよ、平時と同じ身売り方式で女性集めが可能なら、植民地統治が崩壊しかねないリスクをはらむ「強制連行」に官憲が乗り出すはずはないとかんがえられる。
 それを裏書するのは、四四年夏テアニン島で米軍の捕虜になったリー・パクドら三人の朝鮮人による陳述である。略「もし女性たちを強制動員すれば、老若を問わず朝鮮人は憤怒して立ちあがり、どんな報復を受けようと日本人を殺すだろう」
(P.380)


 嘆かわしことに、歴史を紐解けば戦争とそれに伴う強姦・売春は付き物だ。ヨーロッパでも、看護婦や商人を兼ねた売春婦集団が軍の後をついて回っていた。売春を止めて看護に特化しようと唱えたのがナイチンゲールだ、という事実は知っておいた方が良い。

 そして、本書に記されている通り、日本軍を追い払って新たに慰安所の主人となった欧米人たちは、そのまま慰安所を居抜きの形で使い続けた。きっとそれが全般で見ると男の性なのであろう。東欧からの出張から帰って、売春宿に行かなかったことを行ったら「お前、何のために外国行ったんだ」と言われたことを思い出す。今の世でもそうなのだ。命がけの戦場では尚更かも知れない。

 親が子を売らなければならない事態は悲劇である。女衒に騙されて(前借金等で)売春を強いられる女性も哀れである。しかし、それは全てが日本の責任ではない。国が保障しなければならないことでもない。こうした哀れさと、法理論的な立場を混同させることは、徒に事態を混乱させるだけだ。

 事実な何なのか。冷徹に突き詰める上で、広く慰安婦とは何だったのかを論じた本書は役に立つに違いない。慰安婦を論じたいのであれば、まずは本書を紐解かれることをお勧めしたい。
関連記事
スポンサーサイト

太平洋戦争・二次大戦・現代史 | 2012/07/30(月) 23:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。