カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1070冊目 お言葉ですが…〈2〉「週刊文春」の怪

お言葉ですが…〈2〉「週刊文春」の怪 (文春文庫)お言葉ですが…〈2〉「週刊文春」の怪 (文春文庫)
(2001/01)
高島 俊男

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 文藝文春。読みは、ぶんげーしゅんじゅー。あれ?でも文春だったら”ぶんしゅん”だよな。な疑問に迫る表題作を始め、週刊文春で連載されていた”お言葉ですが…”を集めたエッセイ集。

 中国文学者である著者の言葉の一つ一つへのこだわり、思索の深さは驚くべきもので、それがこのエッセイを面白くしている。そして、文章は平易で読みやすい。

 ふと気づけば著者の指摘通りに漢字の簡略化だとか常用漢字のデタラメさに憤ってしまう自分がいる。

 余りのことに、ああ、自分は本当に日本語すら良く分かっていないのであるなあと思ってしまうのが良い。その一方で、言葉は生き物の如くに変化するのは当たり前のことだし、旧い言葉や解釈に慣れ親しんだ人が不快感を持つものだ。だから、著者の博識に驚嘆しつつ、面白い話を教えてもらった、といった程度に読むのが楽しいかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2012/07/25(水) 23:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。