カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1065冊目 世界はこうしてだまされた〈2〉UFO神話の破滅

世界はこうしてだまされた〈2〉UFO神話の破滅世界はこうしてだまされた〈2〉UFO神話の破滅
(1995/03)
高倉 克祐

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 1巻から先に読むつもりではあったが、手に入ってしまったからには仕方ない(?)。

 困ったことに、世の中には既に宇宙人が地球にやってきていて地球上でピラミッドやストーンヘンジを建設してみたり畑のど真ん中にミステリーサークルをこしらえてみたり空から不思議なものを落としてみたりケネディを暗殺してみたり牛を解剖してみたり(キャトルミューティレーション)それなのに(とりわけ絵が下手な人には)良く目撃されてみたりと我が物顔に振舞っている、等という事を信じてしまっている人が居る。

 本当に困ったことに、視聴者を莫迦にすることでは定評のあるテレビ局があれも宇宙人の仕業、これも宇宙人の仕業と莫迦莫迦しい番組を濫造してきたこと、怪しげな出版社がその存在意義を示すためにか怪しげな本を多数世に送り出してきた。

 一方で、様々な情報を集めて冷静に分析する、懐疑的(否定的という意味ではない) な立場は余り評価されてこなかった。テレビでビリーバーと対決する機会があったとしても、せいぜい”夢をぶちこわしにする空気の読めない人”的な扱いだ。

 本書を読めば、宇宙人がUFOに乗って地球にやってきているという考えがどれほど脆いか分かる。UFOの証拠とされている写真や映像がそもそも捏造であったり、単純な勘違いであったりする。(最も多いのは、月や火星といった天体の見間違いと言われる)

 俎上に載せられているのは矢追純一やコンノケンイチといったちょっと古い面子で、批判されている写真にはテレビ番組で流れてしまったものもあるが、かなりマニアックなものもある。しかし、こうした地道ながらも丁寧な反論は大切だと思う。そうでなければ言った者勝ちになってしまうから。

 本書を読むと、捏造は論外として、人間が見たいものを見てしまう能力に長けていることを改めて思い知らされる。EVAカメラをドラゴン型UFOと勘違いした写真等でそれは歴然とする。UFOと見間違える人間が特別愚かなのではない。誰しもが嵌る可能性のある陥穽である。人間の認識力の限界を知る上でも懐疑的な姿勢は役に立つ。それはきっと、自分が変な考えに迷い込むリスクを少しでも下げる方に働いてくれるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

反疑似科学・反オカルト | 2012/07/05(木) 21:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。