カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1046冊目 ぼくと1ルピーの神様
ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)ぼくと1ルピーの神様 (ランダムハウス講談社文庫)
(2009/02/20)
ヴィカス スワラップ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 主人公の、学のない貧しい少年ラム・ムハンマド・トーマスは、インド版のクイズミリオネラ(ミリオネラはイギリス発祥で世界中に広まったクイズ番組)で10億ルピーを獲得する。ところが、クイズ番組製作者側は、こんなにも早く全問正解者が現れるとは予想すらしていなかったため、賞金が準備できない。そこで、不正だとして警察に訴えでてしまう。

 警察は公正な捜査など行わない。トーマスに拷問を加えて不正を”自白”させようとするのだ。なにやら、強きを助け弱きを挫く日本の警察を彷彿させる(例えば足利事件)が、きっと警察は世界中でこんなことをやっているのであろう。

 トーマスが今にも”自白”する直前、救世主が現れる。女性弁護士が乗り込んでくると、逮捕も取り調べも不当であることを指摘し、釈放させてくれたのだ。幸運の1ルピーを使ったコイントスの結果に従い、トーマスは彼女に、全問正解できた理由を語ることになる。

 その前に、我々日本の読者には彼の名前について説明が必要だろう。”ラム”はヒンドゥー教、”ムハンマド”はイスラム教、”トーマス”はキリスト教の、それぞれ典型的な名前である。生まれてすぐに親に捨てられ、神父に引き取られた。そこから更に紆余曲折を経て、この奇妙な名前を持つに至ったのである。

 トーマスの半生は、当にインドが抱える社会問題を体現したものだ。貧しいスラムで、身寄りもカネもないことがどういうことなのか、それが良く伝わってくる。

 一服の清涼剤とも感じられるのは、トーマスが次々と襲いかかってくる苦難を知恵で乗り切るところだろう。手に汗握るような活劇もあれば人情ドラマもあり、そして多くの絶望がある。それが全て、クイズの答えに結びついているのだ。彼に出題された問題であれば、彼が解けないわけはない。

 アカデミー賞で作品賞を含む8冠に輝いた他、各国の賞を総嘗めした映画”スラムドッグ・ミリオネア”の原作だけのことはあり、読み始めたら時間を忘れて一気に読める。ご都合主義な点はあるにしても、社会問題をこうも見事に切り取り、小説として成功させる手腕に脱帽。




 余談とはなってしまうが、足利事件で警察が阿呆な逮捕劇で満足せずにきちんと捜査を行なっていれば、北関東連続幼女誘拐殺人事件は解決されていたかもしれない。その結果、栃木小1女児殺害事件は防がれていたかもしれない。なにせ、これは同一人物の犯罪の可能性が指摘されているのだから。最も悪しき存在が犯人であるのは論を俟たないが、警察の動きも批判されなければならないだろう。
関連記事
スポンサーサイト

その他小説 | 2012/05/15(火) 21:44 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。