カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1030冊目 蝶を育てるアリ―わが昆虫フィールドノート
蝶を育てるアリ―わが昆虫フィールドノート (文春新書)蝶を育てるアリ―わが昆虫フィールドノート (文春新書)
(2002/03)
矢島 稔

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆

 矢島稔さんは豊島園昆虫館を創設し、上野動物園水族館館長や多摩動物公園園長を経て群馬県立ぐんま昆虫の森園長を務めている。その著者が、戦後の大変な時期から昆虫に魅せられて、そしてプロとして昆虫と相対し、そこで得られた知的好奇心をくすぐる話題をこれでもかとばかりに披露してくれている。

 タイトルになった蝶を育てるアリの話。アリの中には蝶を育てるものがいる。蝶の幼虫は、甘い汁を出してアリに与え、代わりにアリに食事等の世話を焼いてもらうというのだ。なにやらアブラムシとアリの共生を思い起こさせるが、蝶はアブラムシより一歩先んじているそうな。フェロモンによってアリは蝶の幼虫を完全に仲間だと思い込む、というのだから。なんと、アリの卵や幼虫を食料にして成長する者もいるらしいのには驚かされる。

 ところが成虫になるとフェロモンが切れてしまい、アリに余所者として攻撃される。だから、巣穴の入り口近くで繭となり、成虫になるとそそくさと巣から逃げ出すという。

 そんな魅力的な話の他に、トンボやタガメやホタル等々の昆虫の不思議な生態を描き出している。著者が愛してやまないことだけに、楽しいことをやっている人に特有の、高揚した雰囲気があるのが良い。気がつけば昆虫の不思議に思いを馳せている自分が居た。

 擬態についても調査している。素人目には擬態の効果は明らかだ。だからこそナナフシはあんなにも枝にそっくりなのだし、蛾や蝉は樹に止まれば背景に溶け込んでしまうと思う。しかし、著者はしっかりそこに疑問を感じる。鳥を用いて実験したところ、これらの昆虫はあっというまに食べられてしまう、というのだから驚き。

 考えてみれば、鳥も生きるのに必死で擬態を見抜く方に進化し、昆虫はその鳥から逃れるために更に巧妙に姿を変える。だから、鳥が餌を見つけるのが上手いのも自然なのだろう。そして、擬態は生存の可能性を僅かなりとも高めているのだろう。自然界の、生きるための競争の激しさを改めて感じさせられた。



関連書籍:
脳とセックスの生物学脳とセックスの生物学
(2004/02/27)
ローワン・フーバー、調所 あきら 他

商品詳細を見る


似せてだます擬態の不思議な世界 (DOJIN選書 2)似せてだます擬態の不思議な世界 (DOJIN選書 2)
(2007/01/20)
藤原 晴彦

商品詳細を見る


昆虫の誕生―一千万種への進化と分化 (中公新書)昆虫の誕生―一千万種への進化と分化 (中公新書)
(1996/10)
石川 良輔

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2012/04/04(水) 22:58 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。