カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1019冊目 地震の日本史―大地は何を語るのか

地震の日本史―大地は何を語るのか (中公新書)地震の日本史―大地は何を語るのか (中公新書)
(2011/05)
寒川 旭

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


日本の歴史は地震の歴史でもある。日本の成り立ちを考えれば当然だろう。なにせ、太平洋プレート、ユーラシアプレート、北米プレート、フィリピン海プレートという4つのプレートが日本の近くでせめぎ合っているのだ。プレートは地球全体で十数枚と言われるのだから、その集中ぶりが分かるだろう。地震の多くはプレートの境界線で発生するのだから、日本が世界でも稀に見る地震多発地帯なのも頷ける。因みに、トルコも同様に4つのプレートに囲まれているため、地震多発地帯である。

 そんな日本であるから、地震の爪痕が多くの地域に残されている。大地を無理やり引き裂いたかの如き断層は、古墳をずらし、遺跡を分断し、都市を崩壊させ、幾つもの集落を廃棄させた。

 本書は地震の記録を辿り、いつ・どのような規模で地震が発生し、社会にどのような影響を与えたかを概括している。関東大震災は勿論、何度も繰り返し発生してきた東海地方・東北沖地震等の被害を見ると、先の東日本大震災は規模の点からも被害の点からも珍しくなかったのだと思わされ、改めて慄然とさせられる。そして、各地、各時代の記録を見ると、日本に住む以上は地震から逃れることができないということも分かる。

 歴史を彩る事件の前後で起こった地震、有名人を恐れさせた地震、そして社会に変革を迫った地震を眺め見ると、嫌でも今一度地震への備えについて考えを巡らさせざるを得ない。これからも日本は地震列島であり続けるのだから、せめて被害を少なくするためにも過去の事例から学ぶことは多いだろう。特に、今は大量の映像記録を残せる時代なのだから、犠牲者の死を無駄にしないためにも、被害を最小限に留める方策を練り続けなければならないと感じた。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2012/03/01(木) 22:39 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。