カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1017冊目 秘密とウソと報道

秘密とウソと報道 (幻冬舎新書)秘密とウソと報道 (幻冬舎新書)
(2009/07/28)
日垣 隆

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 ジャーナリズムに一定以上の興味を持つ方には常識に属することだが、大手新聞社等のネタ元は、記者クラブという談合組織にある。ここはクラブに属さない者を排除した上で、立法・行政からの情報を恵んでもらうところだ。当然のことながら政府や官僚に都合の悪い情報など出ないし、記者クラブの面々もそんな情報を得ようとしない。そんなことをしようものなら、記者クラブから排除されてしまうからだ。

 本来なら自分たちで得なければならない情報を与えてもらうことと引き換えに、官製ジャーナリズムに堕している、と言っても間違いない。反発するのは骨の髄まで記者クラブの”恩恵”に浸っている人だけだ。

 しかし、それだけでは満足行かない、本義で言うところのジャーナリストだって、いる。彼らは広く深く果敢に情報を得ようと日夜務めているのだ。

 ところが、一方でネタを取るためならどんなことでもしてしまう、という困った御仁もいる。山崎朋子は『サンダカン八番娼館』を書く際に、お世話になった情報提供者から大切な遺品を盗み出した。佐木隆三は警察の資料をまるまるコピーして、ほぼ調書そのままの『復讐するは我にあり』を著した。草薙厚子とカメラマンはやるなと言われていたにも関わらず、精神鑑定を始めとする資料を撮影しまくり、それを元に『僕はパパを殺すことに決めた』を世に問うた。毎日新聞の西山記者は外務省の審議官秘書と情を結んで情報を得た。公開方法が適切ではなかったこともあり、秘書は失業し家庭を崩壊させ、しかもその責任など取らなかった。

 秘密をどうやって暴くか。その過程で、どんなウソなら許されて、どんなウソは許されないのか。報道にあたって、全てのジャーナリストが深く考えなければならないことだろう。それが、なされていない。

 本書でも紹介されている、ウォーターゲート事件では、政権側からのリーク元をウッドワードとバーンスタイン記者は完全に守り通した。社主は黙秘することで刑務所に入れられても構わないと覚悟を決めた。そんな、必死な姿が彼らからは感じられない。

 どうやってメディアは生き残っていくのか。一つの処方箋として、本書はあると思う。報道がもっと読み応えのある、しっかりしたものになることを願って止まない。と言うよりも、そうしないとネット時代のマスメディアは生き残れないのではないか。そう思うと、不安と同時に新たな体制のメディアを得られるのではないかという希望も湧いてきた。
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2012/02/26(日) 21:07 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。