カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1003冊目 なぜ貝の化石が山頂に?―地球に歴史を与えた男ニコラウス・ステノ

なぜ貝の化石が山頂に?―地球に歴史を与えた男ニコラウス・ステノなぜ貝の化石が山頂に?―地球に歴史を与えた男ニコラウス・ステノ
(2005/08)
アラン カトラー

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 タイトルの疑問に答えられない人はむしろ少数派であろう。遥か昔は海底だった地が、プレートの動きや海水面の下降で地上に現れたために海生生物の化石が地上で見つかるためだ。中学程度の理科の知識があれば答えられること。

 しかし、この知識が常識となったのは、そんなに遠い過去のことではない。ジェームズ・アッシャーによる、地球の年齢はおよそ6000年とする推定がまかり通っていたのは、そう遠い過去の話ではない。

 地球の年齢を数千年と信じる人々は、化石はどのようにしてできたと想像したのか。一つは、化石は生物そっくりに見えるが、あれは意思が自然に形成されたものだ、とする立場。化石は土中で化石として生まれてある程度の大きさに育つ、とされたのだ。自然発生説がまだ説得力を持っていた時代では無理のない話かもしれない。

 もう一つは、ノアの洪水である。地上のほとんど全てが水没したというかの伝説が正しければ、山頂に貝の化石があってもおかしくないではないか?

 地球の正しい年齢を推測できるようになるために、偉大な発見が幾つも必要だった。その一つを成し遂げたのが、本書の主人公であるニコラウス・ステノ。後の世に地質学と呼ばれることになる分野に大きな貢献を成した人物である。

 本書はステノの生涯を丁寧に追っている。解剖学者としての活躍、それが一転、地球の歴史に科学の光を当てることになる一連の活動、そして晩年の宗教へ没入する様。どれも互いに結びつかないようでありながら、敬虔なキリスト教徒としての立場が根底にあることを感じさせる。皮肉なのは、ステノが想定していたであろう、神による世界の創造は無かったことを地質学が明らかにしていったことだろうが。

 以前に紹介した、『世界を変えた地図 ウィリアム・スミスと地質学の誕生』では、示準化石を元に地層の年代特定法を編み出したウィリアム・スミスが活躍したが、ステノはその100年以上前に活躍したことを思えば、その研究が先駆的であったことが良く分かるだろう。

 先駆者であるが故の困難に打ち勝って、ステノがどのように貝の化石が山頂に見られるのかという疑問へ正しい答えを出すところは歴史小説のような感じがした。最終的に宗教に没頭してしまったのは科学界には大きな損失に思われてならなかったが、ステノが拓いた道を後進が広げてきたお陰で今の知見があると思うと、その価値は高いと思う。


関連書籍:

世界を変えた地図 ウィリアム・スミスと地質学の誕生世界を変えた地図 ウィリアム・スミスと地質学の誕生
(2004/07/21)
サイモン・ウィンチェスター

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

科学者 | 2012/01/19(木) 22:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。