カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1000冊目 歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学
歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)歴史は「べき乗則」で動く――種の絶滅から戦争までを読み解く複雑系科学 (ハヤカワ文庫NF―数理を愉しむシリーズ)
(2009/08/30)
マーク・ブキャナン

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 歴史を科学で説明しようという試みには、どこか違和感を抱き続けてきた。そのようなことができるとは思えない、と思ってきたためだ。しかし、その思い込みは早計に過ぎたかも知れない。かなりの警戒心を持って読み始めた本書だが、その話題の広さと、導きだされた仮説の大胆さとユニークさに一気に引きこまれた。

 「べき乗則」とは、指数で見た時に直線的な変化を示すものを指している。というと分かりにくだろうから、星の明るさを示す等級や、地震のエネルギーの大きさを示すマグニチュードを思い浮かべてもらえば話は早い。星の等級では、5等級変わるごとに1000倍(1等級では約2.5倍)変わる。マグニチュードは2違えば1000倍違う(1違うと約2倍)。観測される数値が小さいものから大きいものまで広い範囲の場合、こうした指数表記をすることで非常に扱いやすくなる。このべき乗を用いると、意外な振る舞いが見えてくる、というのだ。

 例えば、地震である。地震は、プレートが動いた結果、プレートとプレートが擦れて、その力がプレートを構成する岩盤の耐久力を超えてしまったときに発生する。だとすると、岩盤が耐え切れない、ある特定のエネルギーがあって、マグニチュードはそこに集中するのではないか、と考えても不思議はない。ところが、マグニチュードのレベルごとに地震の発生回数を計測すると、綺麗なべき乗則が現れてくる、という。これが何を意味しているのかというと、小さな地震と大きな地震で起こっていることは同じである、ということ。そして、地震の予知は不可能である、ということだ。

 論理の飛躍を感じられるかも知れない。その抱いて当然の疑問に答えるため、地震について語る前に簡単ではあるが面倒臭い実験の説明がなされる。それは、砂粒を1つずつ落としていき、雪崩を作るというもの。この結果は見事にべき乗則に従うのだが、驚いたことに、こちらも雪崩の規模は全く予期できないものだという。つまり、大きな雪崩には、それに必要な大きな原因があるわけではない、ということが示唆される。大きさの決定的な違いを生む理由が存在しないのであれば、大きな雪崩だけを予想することは不可能である。同様に、大地震を予知することは不可能ということになる。

 この砂粒の雪崩と地震を結びつけるのが、べき乗則の浦にある臨界状態だと著者は指摘する。そして、驚くべきことに、このべき乗則は地震や山火事、種の絶滅といった自然の要因から、、株価の変動や戦争といった人間社会の現象まで幅広い分野で見られる、という。

 恐竜の絶滅をもたらしたのは巨大隕石の衝突であると言われるが、しかしこのべき乗則から考えると、隕石の衝突だけが絶滅の根本的な原因と捉えることはできなくなる。常識には反するようだが、恐竜が滅びながらワニやカメといった恐竜に近縁の爬虫類や我々の祖先である哺乳類が生き残っていることを巧く説明できるのは事実だ。

 提示されたときには奇抜に思えるのに、読み進めるうちに説得力を感じるところが凄い。しかも、取り上げる話題がどれも興味深いものなので、ぐいぐいと引き込まれる魅力を感じる。大戦争や株価の大暴落といった、社会全体を揺るがすようなことにまでべき乗則が成り立ち、それを食い止める手段が無い可能性には戦慄を禁じ得ないが、それも含めて面白く読むことができた。読み物としても面白い、優れた科学書だと思う。




 これで1000冊目。記念すべきところで良書に巡り会えたのがなんとも嬉しい。この調子で頑張ろう。
関連記事
スポンサーサイト

その他科学 | 2012/01/08(日) 23:59 | Trackback:(0) | Comments:(3)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

いつも読んでいます。
4桁に達するレビューは偉業です。
これからも粛々と続けてください。
2012/01/10 火 10:08:16 | URL | B46 #opXNBC8.編集

昨年は108冊読みましたがレヴューが中々追いつかず。
超常現象や疑似科学検証のトークショーを始めることになりました。
またブログに書きますのでよろしければご覧下さい。
2012/01/12 木 00:11:51 | URL | ゲッター #-編集

>B46さん
書き込みありがとうございます。
B46さんのように大量の本を読まれている方が見てくださっていると思うと緊張しますね^^
またお話させて下さい。

>ゲッターさん
トークショー、面白そうですね。
水晶の髑髏、知っている人には加工の跡が見え見えというのが有名だったりしますが、今でも騙されてオーパーツだなんだと騒いでいるようで嘆かわしいものです。

公演の模様、是非upしてくださいね。楽しみにしています。
2012/01/13 金 00:49:41 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。