カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

997冊目 世界の測量 ガウスとフンボルトの物語
世界の測量 ガウスとフンボルトの物語世界の測量 ガウスとフンボルトの物語
(2008/05/23)
ダニエル・ケールマン

商品詳細を見る


評価:☆


 どうやら世界的なベストセラーらしいです。でも、でも、これ、小説なんですよ。

 ああいや、小説なのはどうでも良いことでした。問題は、これを読んでも、ガウスとフンボルトが何を成したか、その発見の全貌(いや、その片鱗も)分からない挙句に、拓かれた知の地平も分からないのです。これはもう驚くべきことを通り越して、憤慨すべきことでありましょう。

 そもそも、彼らは自然科学の分野において偉大な存在であったわけで、二人の記録からそうした科学を取り去ってしまえば何が残るのかといえば、他人の人生の覗き見に過ぎないではありませんか。

 二人が世界を測りながら人生を交差させるところを小説化したところはお見事かも知れないけれども、私には、ダメ。ああ、これをノンフィクションでやってくれていたらどれだけ面白くなるだろう。というわけで、どなたか、チャレンジしてはどうでせうか(他力本願)。

 これだけではアレなので、彼らにノンフィクションの面から興味が有る方に向けてリンクを貼っておく。
ガウス
フンボルト

 でも、測量に深く携わったこの2人の、ちょっと世間から浮いたところを楽しみたい方には良いかも知れない。


関連書籍:
万物の尺度を求めて―メートル法を定めた子午線大計測万物の尺度を求めて―メートル法を定めた子午線大計測
(2006/03/23)
ケン オールダー

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

ノンフィクション | 2011/12/27(火) 23:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。