カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

988冊目 密室の鍵貸します
密室の鍵貸します (光文社文庫)密室の鍵貸します (光文社文庫)
(2006/02/09)
東川 篤哉

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 『謎解きはディナーのあとで』ですっかり有名になった東川さんのデビュー作。私にとっては『交換殺人には向かない夜 (光文社文庫)』以来。

 大学生・戸村流平は、彼女にフラれたばかり。それも、就職先が気に食わないという理由で。就職しないというなら分からないでもないが、まあ、そんな不幸を抱えていたのではあるが、不幸はそれだけでは終わらなかった。就職をお世話してくれた大学時代の先輩の茂呂を訪れ、そのホームシアターで一緒に映画を見た後で、軽く宴会をすることに。

 だが、どうした訳か、別れた相手が殺されてしまう。それどころか、流平を襲ったのはもっと不可解な状況だった。なんと、茂呂が浴室で刺殺されてしまうのである。ご丁寧に、ドアにはチェーン、窓には鍵が掛かった状況で。これでは密室殺人ではないか。そして、普通に考えれば、犯人は流平以外にありえない。その無実を知るのは自分だけという絶望的な状況で、彼は一人の人物を思い出す。義理の兄で、尚且つ私立探偵の鵜飼杜夫である。

 当然のことながら警察は戸村を追う。戸村は逃げ切れるのか。じゃなくて、無実を納得できる形で示せるのか。

 といった感じのユーモア小説。2人が殺されているというのに凄惨な感じはなくて、それどころかクスリと笑ってしまうシーンも多い。デビュー作からしてユーモアの使い方が上手いのだなあと妙な感心をさせられた。

 ユーモアを散りばめながら、密室がどのように作られたのか、事件の全貌はどうなっているのかといった辺りのプロットは良く練られたもので、推理小説としても勿論面白い。他の本にも手を出してみようと思った次第である。


関連書籍:
交換殺人には向かない夜 (光文社文庫)交換殺人には向かない夜 (光文社文庫)
(2010/09/09)
東川 篤哉

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

推理小説 | 2011/11/26(土) 20:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。