カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

981冊目 ニュートリノ天体物理学入門 ― 知られざる宇宙の姿を透視する
ニュートリノ天体物理学入門 ― 知られざる宇宙の姿を透視する (ブルーバックス)ニュートリノ天体物理学入門 ― 知られざる宇宙の姿を透視する (ブルーバックス)
(2002/11/21)
小柴 昌俊

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 自然発生したニュートリノの観測でノーベル賞を受賞した小柴昌俊さんが、日本で始まったと言っても過言ではないニュートリノ天体物理学について書いた入門書。

 ニュートリノは素粒子の一つで、他の物質とほとんど干渉しないことで知られている。他の物質とほとんど干渉しないということは、発見が難しいということを示す。そのため、ニュートリノの観測には地下深くに湛えた大量の水を必要とする。その一方で、ニュートリノの反応のし難さは情報の宝庫としての一面も持つ。例えば、遙か彼方の天体内部の情報を、ニュートリノは運んでくれる。

 他の天体からの信号を受信して解析するということは、天文学でやっていることそのもの。従って、ここにニュートリノを用いた天体物理学の可能性が開く。

 そんなまどろこっこしいことしないで、光で良いじゃ無いかと思われる向きもあるかも知れない。しかし、例えば太陽では、太陽中心で生まれた光が表面に出てくるまで100万年ほど掛かる。大量の物質と相互作用してはランダムに反射されるので、表面に出てこられないためだ。ニュートリノは反応しないので、生まれてすぐに太陽表面から出てくる。その差は大きい。

 だから、ニュートリノを解析できれば膨大な情報が手に入る。宇宙の謎を解き明かすのに格好な材料と言える。

 まずはニュートリノとはどのようなものかから解説が始まる。ただ、素粒子の世界は余りにも複雑で、複雑すぎるがゆえに更に根本的な粒子があるのではないかと素人には立ち入れない世界が広がっているので、ふーん、そんなこともあるんだ、くらいのノリで眺めるのが良いかも。

 それよりもむしろ、ニュートリノの解析で何が分かってきたかを読むほうが楽しかった。宇宙にはまだまだ謎が沢山あって、その謎へ斬り込む新たな手法であるニュートリノ物理学にはこれからも新たな発見が相次ぐだろうということが良く分かった。これからも注意して見ていこうと思う。
関連記事
スポンサーサイト

素粒子・宇宙論 | 2011/10/27(木) 23:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。