カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

980冊目 ミナミノミナミノ
ミナミノミナミノ (電撃文庫)ミナミノミナミノ (電撃文庫)
(2005/01)
秋山 瑞人

商品詳細を見る


評価:☆☆


 『イリヤの空、UFOの夏』の著者ということで読んでみた。

 主人公は8回の転校を繰り返した少年。その現状最後の引越し先は不運にも進学校で、見事に壊滅的な成績をとってしまったがために、夏休みに島へ勉強をしに行くはめになってしまう。そこは叔母(といっても、歳が近いため姉のような感覚)の結婚相手の出身地で、叔母と2人で訪れることになっていたのだが、叔母の陰謀によりただ1人で島へ送られることへ。

 だが、この島、ちょっと変だった。という感じで物語が始まる。主人公はそこで何と出会うのか。まあ、ボーイ・ミーツ・ガールものなので女の子と出会うわけだが。

 『イリヤ~』がアニメ化されたことで二匹目のドジョウを狙って書かれたのが本書。それだけのことはあり、ちょっと不思議な女の子と出会う、という点は同じ。ただ、ヒロインの魅力を出す前に次巻へ続くと相成って、刊行6年後の現在も続きは出ていないので、ひょっとしたら未完となるかもしれない。なので、これから手に取ろうと思う方はその動向を見極めてからのほうが良さそうです。

 評価は……、世界の説明のなさから低め。ファンタジーであろうとSFであろうと、やっぱり背景が必要ですよ。物理的だったり生物学的だったりの。そこから乖離し過ぎるとご都合主義へと堕してしまう。って、小説は多かれ少なかれご都合主義だけどさ。そういう細かいところなんてどうでも良いんだよ、という方には向いているかも。
 それにしても、島の人々が超能力を使える理由が”宇宙人だから”って。そりゃ無いよ。さっすが宇宙人ン♪とでも言うと思っているのだろうか……。

 やっぱり超能力やらの自然を超越した設定を、現実を舞台にした物語に導入するとコケる可能性が飛躍的に高まるような気がする。
関連記事
スポンサーサイト
SF・ファンタジー | 2011/10/24(月) 22:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。