カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

963冊目 ゴードン・スミスの日本怪談集
ゴードン・スミスの日本怪談集 (怪BOOKS)ゴードン・スミスの日本怪談集 (怪BOOKS)
(2001/08)
リチャード・ゴードン スミス

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 日本の怪談を集めた人物と言えば小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)が思い浮かぶ。しかし、何処の国でも民話は面白いのだから、その1バリエーションである怪談を好む外国人が他にいてもおかしくない。例えば、中国の怪談集である『聊斎志異』は日本でも人気。祟りにあった的なオチが、結婚相手は足が大きかったって、それ何のジョークですかと言いたくなる面もあるが、纏足の社会ということで目をつぶろう。

 ともあれ、本書はそんな日本の怪談に魅せられた人物の一人が、ゴードン・スミス。彼の遺産の中から発見されたこの怪談集がこうして日本の読者の元へ戻ってきたのは、歴史の妙を感じさせる。

 人々の印象に残る物は人を介して広まっていく。そんな中でも、世代の異なる人でも魅力を感じる物には普遍性が宿っていることが多いのではないだろうか。加えて、特定の世代・地域でしか魅力を発揮できない物は、まして、本書に収録されている物語は、外国人までをも魅了したものだ。今の我々にも十分に訴求するものがある。

 トラディショナルにしても同じだと思うのだが、やはり時代を超えて残るものには訳がある。死後の世界を信じない私のような人間にも、それぞれの話が面白く、なぜ語り継がれたのかが分かった。

 ただし、語り継がれた物語の魅力も、時代が極端に変わってしまえば失われてしまうこともある。近代化の結果として、あるいは仏教の凋落(そこには葬式仏教へ堕したという宗教界の側の問題も大いにあるが)の影響は大きいだろう。例えば、怪談でよくあるのが、徳の高い御坊様に念仏を唱えてもらって感激したとかいうパターンだが、今の世では徳の高い坊さんなんて、まずお目にかかれない。念仏を日常で聞くことも無くなり、聞く側も何を言っているのか理解出来ないのだから当然だろう。社会にふさわしいレベルの宗教人しか得られないのだから。

 そんなわけで、現代社会に生きる身からすれば、感覚に合わないところは少なくない。しかし、個々の話は面白く、どのような思いでこれらの物語が語り継がれてきたかを伺えるところが嬉しい。夏はもう終わってしまうが、残暑はまだまだ続くと思われるので、秋の夜長に楽しまれては如何でせうか。




関連記事
スポンサーサイト

未分類 | 2011/08/29(月) 23:39 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。