カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

163冊目 モモレンジャー@秋葉原
モモレンジャー@秋葉原

鹿島 茂著

文芸春秋 (2005.5)

\1,700

評価:☆☆☆☆


 所謂雑学本が嫌いだ。あたかも要素還元主義が如く、知識だけを切り出してきても全体の文脈を見失う。すると、面白さは激減してただの情報だけがそこに残される。知を楽しむには体系的にまとめられた情報、明晰な分析、そして独自の視点がなければならない。その上、文章も面白くなければ。

 本書はそんな過大ともいえる要求を全て叶えている。膨大な知識を駆使したこのエッセイを読むと、次から次へと目から鱗が落ち、小説や歴史に興味が沸く。

 秋葉原事情や日本における制服への憧れの起源(コスプレという話だと、どうしてもcomplex fraction:COLUMN(コスプレ好きなブルガリア人)を思い出してしまう)のようなことから西洋におけるロウソク文化の複雑さなどの文化論まで話題が非常に多岐にわたる。そして、その一つの話題ごとに豊富な実例を面白く紹介してくれているのだから、これはもう読まないのがもったいないくらい。

 本書を読んだおかげで同じ著者の他の本も読んでみたくなってしまった。また積読の山が高くなりそうな予感。
関連記事
スポンサーサイト

エッセイ | 2006/07/16(日) 23:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。