カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

935冊目 科学の扉をノックする
科学の扉をノックする (集英社文庫)科学の扉をノックする (集英社文庫)
(2011/03/18)
小川 洋子

商品詳細を見る


評価:☆☆

 幼い頃からなんとなく科学に興味はあったが知識は全然無い、という著者が、好奇心を満たすために研究者に話を聞きに行ってみた、という本。

 訪ねた先は、天文学者の渡部潤一、鉱物学者の堀 秀道、分子生物学者の村上和雄、Spring-8の研究者の古宮 聰、植物学者竹内郁夫、比較形態学・遺体科学の遠藤秀紀、阪神タイガースのトレーニングコーチ続木敏之と、錚々たるメンバー。

 この人、科学分野については何にも知らないんだなあ、というのが素朴な感想。

 宇宙論や遺伝学というよりも、宇宙や遺伝についての雑談的な話(宇宙はビッグバンで始まって130~150億歳くらい)であれば、理科系の授業を少しでも高校で受けていれば知っていると思うのだが、著者は全然知らなかったらしい。表現上のことかもしれないけれど、この程度の知識で最新の知見を探ることなどできようはずも無い。なので、科学の営みやら成果を知るというよりも、作家のきままなエッセイ的な読み方が正しいのだろう。

 違和感が強すぎて不快だったのは村上和雄さんの話。命が偶然から生まれたわけが無いとして、”サムシンググレート”なるものの存在を考えた方が合理的、と彼は主張する。要するに、生物の誕生や進化については神がある程度コントロールしている、とするインテリジェント・デザイン(ID)の1亜種だ。

 IDは、その性格上、証明できない。証明できないことを信じるのは信仰である。信仰を悪いこととは言わないし、科学者が篤い信仰心を持つのも構わないが、それを合理的などと称してこいう場で広めようとするのは絶対に止めて欲しい。それをホイホイとただ聞くだけの著者の姿勢にも不満。科学に興味があったとか、日系サイエンスを捲ってみると~なんてことを言うなら、それくらいのリテラシーは持とうよ。

 また、粘菌の話では、粘菌が植物的だったり動物的だったり、胞子を作る時には柄になって死ぬ個体と胞子を作って生き残る個体に分かれる、という大変に面白い話を紹介したあとで、うかうかとこんなことを書いてしまう。
 柄が発揮する犠牲の精神には、人間的な温かみがある。むしろ現代の日本で失われつつある高度な精神性を、森の奥に隠れた粘菌が人知れず発揮しているようにも思える。


 あーはいはい。良くある、”昔の日本人は礼儀正しくてなんちゃらで素晴らしくって、それと比べると今の若者はクズでどうしようもなくて嘆かわしい”的なアレですねー。この手のボヤキができるのは年寄りの特権なので、小川さんがやるには早すぎです。ついでに、少年の凶悪犯罪やら乳幼児殺害やらは激減しているんですが、それも日本人が人間的な温かみを無くしたからなんですね、そうに決まってます(棒読み)。

 まあ、科学を嫌いだと公言するような方が、とっかかりとして読む分には悪くは無いかもしれない。ただ、本当に科学に興味を持ってもらうには、ID亜種のようなものには批判の目を向けて欲しいと思わずに居られなかった。なので、余りオススメできません。


 それにしても、似顔絵がご本人にそっくりで笑える。私には絵心が絶望的に欠落しているので、この表現力は羨ましい。



※村上和雄さんは熱心な天理教の信者であるとの由。
 天理教について特に思うことは無いが、それが前提にあって合理的に考えるってことは不可能だと思うのだが・・・・・・。


関連書籍:
最新・月の科学―残された謎を解く (NHKブックス)最新・月の科学―残された謎を解く (NHKブックス)
(2008/06)
渡部 潤一

商品詳細を見る


人体 失敗の進化史 (光文社新書)人体 失敗の進化史 (光文社新書)
(2006/06/16)
遠藤 秀紀

商品詳細を見る


パンダの死体はよみがえる (ちくま新書)パンダの死体はよみがえる (ちくま新書)
(2005/02/08)
遠藤 秀紀

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

科学者 | 2011/05/18(水) 22:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。