カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

926冊目 温度から見た宇宙・物質・生命―ビッグバンから絶対零度の世界まで
温度から見た宇宙・物質・生命―ビッグバンから絶対零度の世界まで (ブルーバックス)温度から見た宇宙・物質・生命―ビッグバンから絶対零度の世界まで (ブルーバックス)
(2004/10/19)
ジノ・セグレ

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 著者は言う。長さ、時間、温度の3つは日常のリズムを決める。そのうち、長さと時間は昔から尺度が用いられてきたが、温度については計れるようになって、たかだか200年の歴史しかない、と。

 しかし、人類が温度計を手に入れてからの200年で、新たな指標を武器に知の地平が切り開かれてきた。

 本書はタイトルどおり、温度についてかなり広く話題を取り上げている。哺乳類の体温が37℃であることが、地球環境上でどのような意味を持っているのか。熱をコントロールすることで文明がどのように発達してきたのか。地球規模で起こった大規模な環境変動はどのようなものだったか。驚くべき海底の生物層の姿。恒星で起こっていること。そして、極端な低温下で起こる不思議な現象の数々。

 上記を見て頂ければ分かると思うが、本書は単純な科学の本ではない。文明史、考古学、環境史、宇宙論、生物学等を、ジャンル横断的に語っている。温度という切り口から、興味深い話を満載してくれている。

 新たな視点を与えてくれたことで今まで見えていた世界が違って見える。これこそ読書の醍醐味だろう。入門書として極めて素晴らしい本だと自信を持ってお勧めしたい。

 訳も素晴らしい。読みやすくて面白いのですいすいと読み進められる。こんな本を読んでいると、つくづく本を読むのは楽しいなと思ってしまう。早く読み進めたいけど、読み終わったら勿体無い。そんな気分を味わわせてくれた。
関連記事
スポンサーサイト

その他科学 | 2011/04/19(火) 22:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。