カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

924冊目 孫子の兵法の数学モデル―最適戦略を探る意思決定法AHP
孫子の兵法の数学モデル―最適戦略を探る意思決定法AHP (ブルーバックス)孫子の兵法の数学モデル―最適戦略を探る意思決定法AHP (ブルーバックス)
(1998/02)
木下 栄蔵

商品詳細を見る


評価:☆


 読む本を間違えた。

 ええと、最適戦略を決めるために、数学的なテクニックを用いることができる。それが、厳密な意味で証明できるのかと言うと、私としてはかなりの疑問を抱かざるを得ないが、少なくともそうした努力が行われているのは事実である。

 本書で取り上げているのは、そんな問題解決の数学的手法の一つである、AHPと呼ばれるもの。そして、それを孫子の兵法と、著者は言いたいらしい。そして、このAHPに照らし合わせて、政治的・経済的な問題をどのようにして解決していけば良いのか、と言うことを解説している。

 問題は、私は”孫子の兵法”に興味があった、ということ。数学的テクニックを用いた問題解決手法には、さして興味は無い。なぜなら、これらは数学のテクニックを使ってはいるが、それが実際に正しいのかどうかは証明しようが無いものだと思っているからだ。

 というわけで、本の内容と、読者とが全く合っていなかった、という不幸な出会いを体現してしまった。この手の、戦略を決めるための数学テクニックに興味がある方はきっと楽しく読めるのだろう。なので、私の超個人的な評価は気にせずに読んでみてもらいたい。(Amazonでは評価されていてるみたいだし)


 それにしても、せめてAHPがどのように孫子の兵法と結びつくのかが明かされていれば、もうちょっと納得いったんだけどなあ。。。
関連記事
スポンサーサイト

数学 | 2011/04/12(火) 22:31 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ


この本を立ち読みしたとき思ったが、内容は面白いが孫子とは関係ないよね。
2011/05/21 土 20:25:17 | URL | とおりすがり #pwutJTUc編集
> この本を立ち読みしたとき思ったが、内容は面白いが孫子とは関係ないよね。

そうなんですよ。全然関係ないんですよ。
私としては「孫子の兵法」(重要)の数学モデルだから興味があったので、「意思決定を有効に行うため」の数学モデルには余り興味が無いんですよね。

選択を誤った、ということで、次からの本選びは慎重に行こうと思います。

コメントありがとうございました。
2011/05/23 月 00:08:26 | URL | Skywriter #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。