カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

140冊目 新動物生態学入門
新動物生態学入門

片野 修著

中央公論社 (1995.11)


評価:☆☆

 野外における動物の振る舞いを記述するのはとても難しいことだ。なにせ、全体としての振る舞いを見ると個別の差が見えなくなるし、個別の振る舞いを見ると全体を見失う。

 それでもサル類はかなり研究が進んでいるのだが、そのほかの生物についてはまだまだ分からないことが多いというのが現状だろう。

 それでも、たとえば生殖戦略としてr戦略/K戦略なんてものが知られていたりする。r戦略と言うのは、マンボウが2~3億もの卵を産むように、大量の子作りをすることで全滅するリスクを減らすもので、K戦略は少数の子供にできるだけ手をかけてそのほとんどを大人にする戦略だ。もちろん、人間はK戦略に属する。

 本書では上記のような生殖戦略や、個体の密度が与える影響、動物の個性(魚にも個性がある!)、社会的な振る舞い、種数の決まり方など、魅力的な多くの話題を取り上げている。

 ただ、文章が面白くない。読んでいて引き込まれるという感じがしないのが残念である。
関連記事
スポンサーサイト

生物・遺伝・病原体 | 2006/06/03(土) 16:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。