FC2ブログ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
1444冊目 だます心 だまされる心
だます心 だまされる心 (岩波新書)だます心 だまされる心 (岩波新書)
(2005/06/21)
安斎 育郎

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 著者の安斎育郎さんは、ジャパン・スケプティクス(超常現象を批判的・科学的に究明する会)の会長を務めていた科学者である。その経歴を見たら、騙す・騙されるがどのような話題なのか、想像できるだろう。

 手品や詐術を超能力である、あるいは霊能力であるとして衆を惑わす者がいる。マスコミも、彼らが売れているから、というたったそれだけの理由で持て囃す。その一つの悲劇的な帰結が、オウム真理教事件ではなかったか。

 ユリ・ゲラーのスプーン曲げ然り、サイババの物質化然り。

 本書は、こうした誤りを敢然と糺す。更に、合理的に考えれば、騙されるのを防ぐことができただろうことにまで話を広げているので、騙されないためにはどのような心掛けが必要かを教えてくれている。端的に言うならば、それは懐疑的であれというべきか。

 例として、ファラデーが無意識の手の動きと断じたコックリさん(正確にはウィジャ盤)、旧石器発掘捏造、ミステリーサークルに水子供養詐欺等、話題を集めたトピックが多い。

 他にも、コナン・ドイルが騙された妖精写真(あれに騙されちゃあイカンよ)、森鴎外の自説拘泥で多くの将兵を死に追いやった脚気の原因論争、野口英世の意外な程の功績の無さ、更には騙し絵や推理小説や手品に至るまで、幅広く論じているので飽きることが無い。

 楽しく、かつ詐欺に騙されにくくなる、心のワクチンと言って良いかも知れない。
関連記事
スポンサーサイト



反疑似科学・反オカルト | 2014/05/14(水) 19:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1443冊目 パレオマニア―大英博物館からの13の旅
パレオマニア―大英博物館からの13の旅 (集英社文庫)パレオマニア―大英博物館からの13の旅 (集英社文庫)
(2008/08)
池澤 夏樹

商品詳細を見る


評価☆☆☆☆☆

 月刊プレイボーイをたまに買っていた。せいぜい月に1回くらいのペースで。メリケン産のゴージャスな美女が惜しげも無く披露するヌードは、いやらしさを欠いていて、淫靡さは隠そうとするところに現れるのであるなあと思ったものだ。

 中道左派的な編集姿勢で、911の後、急速に右傾化する世界から一線を画した特集に特徴のあったこの雑誌の、他の楽しみの一つがこの連載だった。ちなみに、もう一つの楽しみは鹿島茂さんの『情念戦争』。

 池澤夏樹が大英博物館を皮切りに世界の博物館を巡る、実に豪華で羨ましい旅。まだ見ぬ、いや、生涯訪れることなどないだろう地への旅を、未知の世界を知る喜びと素晴らしい旅への憧憬とを感じながらページを捲ったことを思い出す。

 大英博物館、ギリシアの神殿、エジプト、インド、イラン、カナダ、ケルト、カンボジア、ベトナム、イラク、トルコ、韓国、メキシコ、オーストラリアを巡り、そして大英博物館に戻る。なんて贅沢なんだろう。

 訪れるすべての地は、大英博物館と繋がっている。印象的な遺物を見て、現地へ向かう。パレオマニアとは著者の造語で、古代妄想狂のこと。私も中世近世よりも古代に関心があるので、まさに私好みの話題ばかり。

 エジプトやメキシコのピラミッド、ウルのジッグラトといった巨大建築もあれば、見事な金属細工もあり、動物をモチーフにした像もあれば、肉感的な仏像もある。ミイラもあれば、自然や人間による破壊に耐えて生き残った絵画も。

 いずれにも、古代に生きた人々の精神が感じられる。客観性を保とうと三人称で綴られる文章から、本物の持つ力に触れた興奮が伝わってくるのが良い。

 本物を見たい。そんな思いが湧き上がってきた。著者の旅を後追いすることは不可能だから、せめてもう一度、ゆっくり大英博物館を巡りたいなぁ。

 ただ、著者が勢い余って現代文明批判をするのは、ちょっと近視眼的かと思う。確かに、歴史的な遺物には物凄いものがある。精緻で、作った者の心の動きまで表現しているそれらの物の持つ迫力は、量産品の遙か彼方にある。

 しかし、それらは、社会のほんの一握りの層が力を独占していたからこそ、生まれ得たものだ。我々のような庶民は、それらを見ることすら叶わなかっただろう。今は、かつてなく社会が平等になった。子供は死ななくなった。戦争も減った。それらのメリットと、豪奢な芸術品が生まれなくなったことを比べたら、私は現代文明の方により魅力を感じるのである。
関連記事
エッセイ | 2014/05/14(水) 18:07 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ