FC2ブログ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
1432冊目 法医学現場の真相――今だから語れる「事件・事故」の裏側
法医学現場の真相――今だから語れる「事件・事故」の裏側 (祥伝社新書200) (祥伝社新書 200)法医学現場の真相――今だから語れる「事件・事故」の裏側 (祥伝社新書200) (祥伝社新書 200)
(2010/04/01)
押田 茂實

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 不審な死を遂げたもの言えぬ死体に残された痕跡から死因を明らかにする法医学。その性格上、事件が起こった時には犯行の態様を明らかにすることで犯人逮捕に力を発揮し、事故現場では遺体を遺族に返すために奮闘する。

 そんな仕事に従事してきた著者が、今だから語れるという話題を多く取り上げ、法医学がどのようなものなのかを教えてくれる。

 話題が実に豊富であることにまず驚く。目次から章立てを拾ってみよう。

第一章 DNA鑑定最前線
第二章 殺人事件の真相
第三章 大災害の現場から
第四章 「医療事故」解析の足跡

 DNA鑑定といえば、つい先日、袴田事件での実にインチキな証拠の捏造が指摘されていたが、本書を読むとあれは将に氷山の一角のようだ。他にも足利幼女殺人事件、大分みどり荘短大生殺人事件、東電OL殺人事件等の冤罪とされた事件にもかなりのページが割かれているのであるが、読むと怒りが沸々と湧いてくる。

 証拠は、被疑者が真犯人ではないことをしっかり示していた。きっと、それを認識していた検察官は沢山居たはずだ。それなのに、まるで間違いを糊塗するかのようなことをしてきたのである。しかも、裁判官もそのデタラメな証拠を吟味せず、検察の作り上げたストーリーに乗って安易に有罪判決を出してきた。その背景も記されているが、唖然とするばかり。今では技術が進んでいて同じことは起こらないようだが、警察も検察も幾らでも卑劣なことをやるということは知っておくべきだろう。裁判官の無能も。(裁判官に関しては有罪率を見ただけで異常であることはどんな莫迦にでも分かる)

 その結果、何が起こったのか?大きな害は3つ。1つは、犯人でもないのに自由を奪われ、時に死刑の恐怖を味合わなければならない人を生んだこと。次に、真犯人を野放しにしてしまったこと。そして最後に、その他大多数の真面目な検察官の信頼すらも失墜させたことだ。

 事件についての記述は腹が立つことが多かったが、事故についてはもう頭を下げることばかりだ。日航機123便の事故では御巣鷹山から引き上げられてきた大勢の方の遺体の身元を特定すべく、50度を超える体育館で奮闘した。あるいは阪神大震災でも、多くの苦難を乗り越えて活躍されてきたようだ。

 これらの貴重な記録を残し、後世のために役立てようとする著者の心意気には本当に頭がさがる。

 終章の医療事故は、ちょっと浮いているように見える。しかし、こちらは著者がライフワークとして取り組んできたことで、これもまた記録を残そうという思いから出ているとのことで、納得した。

 法医学者がどれほど重要な存在か、実感させてくれる本。卑劣な犯人を捕まえ、不幸にして亡くなられた方を遺族へ返す彼らの活動を知るにはうってつけの一冊だ。また、近年冤罪とされた重大事件がどのようなものかを知るのにも向いている。これは、著者が警察や検察内部の人間ではなく、私立大学に属していたからこそ出来たことかもしれない。そう思うと、国の力が強すぎるのも考えもの、というところにまで考えが及ぶ。社会のあり方まで考えさせる貴重なノンフィクションである。
関連記事
ノンフィクション | 2014/05/04(日) 23:20 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1431冊目 三国志〈第5巻〉
三国志〈第5巻〉 (文春文庫)三国志〈第5巻〉 (文春文庫)
(2010/10/08)
宮城谷 昌光

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 曹操が遂に雄飛する。5巻はそれ以外に言いようが無い。彼の興した魏が(晋に乗っ取られるとはいえ)天下を統一するのは、この巻で定まったと言っても間違いではなかろう。

 では、何が起こるのか?まず、皇帝の推戴である。李傕や郭汜の手から逃げ出した献帝を戴いた曹操の輿望は一挙に全土を覆うようになるのだ。曹操に逆らうことは、即ち朝廷に乖くこと。いくら漢王朝の威信が地に落ちているとはいえ、これは強い。なにせ、領土欲に塗れた人々に格好の理由を与えることで、幾らでもライバルを弱体化させられるのである。

 政治的に一歩も二歩もライバルたちを出し抜いたことに加え、曹操の用兵が光る。東に呂布を撃ち、西に張繍を……倒しに行ったは良いが近衛隊長の典韋と嫡男の曹昂を失ってすごすごと逃げ帰る。ここで曹操が死んでいたら、歴史はどのように動いたか。衆望を担っていた袁紹の天下となったような気がする。

 ともあれ、生き残った曹操は、北方で遂に袁紹と対峙する。即ち、天下分け目の戦いともなった感のある、官渡の戦いが開かれるのだ。そこが本書を最も盛り上げるシーンである。

 ただ、そこに至るまでは実に紆余曲折がある。引っ掻き回しているのは、まず間違いなく劉備であろう。どうして彼がこんなにも歴史の表舞台で活躍できるのかさっぱり分からない。なにせ、戦は下手。政治的にも見るべき何かがあったわけではない。それなのに、彼に惚れ込む人が次々と現れる不思議。

 一方、南方では孫堅の遺児、孫策が将に破竹の勢い(この言葉が出来たのは晋が呉を攻めるときであります)で版図を広げていた。彼の非凡なところは、曹操と袁紹が対峙するその隙に長駆許昌を衝いて献帝を奪おうとしたところ。彼が横死しなければ、これまた歴史がどう動いたか。

 曹操対袁紹というメイン以外にも目配りしないと行けないところが多すぎるのだが、この権謀術数渦巻くところが三国志の魅力だから仕方がない。

 それにしても、本当に袁紹は策を好むが決断できないという通り。いや、官渡に布陣したのは別に悪い作戦じゃないというのは私も同意するけれども、謀臣を活かせないのはどうしようもない。彼に殉じる形になった沮授が気の毒になる。

 というわけで、三国志前半戦の山場が遂にやってきた。劉備は劉表の下に去り、江東は若い孫権が立った。次なる舞台は、草廬に三顧した劉備がようやく謀臣を得、そして曹操の代における天下統一を阻むことになる赤壁である。



 正史に基いての物語なせいもあるのだろうが、どうにも血沸き肉踊るシーンにならないのが宮城谷さんの文章の美点でもあり欠点でもある。盛り上げ方は吉川英治さんの方が上だなぁ。歴史の勉強っぷりは宮城谷さんが圧倒的に上だけど。なにせ、吉川版三国志では張郃が3回も死んじゃうしね。

 また、情報の取捨選択もあまり好みではない。関羽が顔良を討つシーンも、他のところで見るものとはぜんぜん違う。曹操が淳于瓊を配下にしようと考えたが、鼻を削ぎ落とされた顔を見れば彼は自分に従わないだろうと処刑するシーンも欲しかったかな。
関連記事
その他小説 | 2014/05/01(木) 19:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

前へ