カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

989冊目 エアライン・クライシス―なぜ信じられない事故が起こるのか
エアライン・クライシス―なぜ信じられない事故が起こるのか (平凡社新書)エアライン・クライシス―なぜ信じられない事故が起こるのか (平凡社新書)
(2002/04)
杉浦 一機

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 飛行機事故は、多くの人の興味を引きつけて止まない。事故で亡くなる人数から言えば、飛行機事故よりも自動車事故の方が圧倒的に多いというのに、自動車事故は当事者以外からは忘れられていくのに対し、飛行機事故はそうではない。例えば、日航機の御巣鷹山墜落事故。あの時を鮮明に覚えていらっしゃる方はとても多いのではないだろうか。

 なぜこのような逆転現象が起こるのか。私の想像になって恐縮だが、理由は主に下記4点になると思う。
1.飛行機は、多くの人にとってはまだ非日常である⇛事故が記憶に残りやすい
2.一度に亡くなる方が多い⇛大惨事として連日報道されるため
3.自動車は自分でコントロールできるが、飛行機はコントロール出来ない⇛不安が大きい
4.車や船は、例えばブレーキ等が壊れても直ちに死亡事故につながるわけではないが、飛行機は違う⇛不安が大きい

 加えて、5.空を飛ぶことにはどこか憧れがあり、その憧憬が打ち砕かれたためのショックが大きい、ということも挙げられるかも知れない。

 そんな空の思わぬ脆さは、911で現れた。燃料を満載した飛行機自体を武器として使用するという、大胆不敵かつ凶悪な犯罪がなぜ起こったのか。実は、アメリカの空港はかなりチェックが緩かった、と本書で指摘が為されている。背後にあるのは、設備の老朽化と、狭小力を高めるための低コスト化、それによるモラルの低下と聞くと、なにやら耳が痛い。

 例えば、アメリカの空港で、安全性を検証するためナイフを持ったままコックピットまで辿りつけるかどうか実験してみたところ、容易にできたという。また、警備員の離職率が非常に高く、プロ意識は期待できないとも指摘されている。911以降は状況も変化したかも知れないが、テロの背後にこのような弛緩した状態があったのも事実のようだ。

 奇しくも本日、アメリカン航空が破産法適用を申請した旨のニュースが飛び込んできた。本書でもその危険性が指摘されていたのだが、航空各社は安売り競争によって資金繰りが苦しく、観光客頼みの自転車操業が続いている、という。こうした経済面の問題についても論じている所が、本書が他の航空事故を論じたものとは異なるところだろう。

 興味深かったのは、緊急脱出時の怪我人が多いこと。風で煽られて着地点が安定しない上に、下で補助する人は乗客からのボランティアのために技能が足りないことや、乗客が荷物を持ったまま降りてしまうこともあって、重軽傷者が続出するという。そして問題は、ボランティアの法的な立場が不安定なこと。ボランティアに応じたが故に逃げ遅れても保障されない上、乗客が怪我をしたら訴訟を起こされるリスクも背負わなければならない、というのである。当然のことながら、そうなったときに航空会社は助けてなどくれないだろう。本書で指摘されているとおり、体制を整備する必要がある。いずれにせよ、自分がそのような場面に巻き込まれた時には参考にしたくなる知識が多いのがメリット。

 勿論、事故の事例も多く紹介されている。ヒューマンエラーや気象が原因で思わぬ事故が起こっていることがよくわかる。乗客の立場からは、事故を防ぐことはできないだろうが、運航の支障にならないように気をつけるだけでも随分違う(例えば、携帯電話やノートPCは必ず電源を切る、周りに迷惑をかけない等の基本的なこと)。

 事故だけに問わられず、社会的・経済的な要因、機体や運航会社による事故の差と言った、乗客側が選ぶ際の参考になる情報も多く、読み応えがあった。


関連書籍:
墜落か生還か―緊急事態発生墜落か生還か―緊急事態発生
(2000/07)
スタンリー スチュワート

商品詳細を見る

飛行機事故の事例が多いので、飛行機事故そのものに興味が有る方にお勧め

最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか
(2006/10/19)
ジェームズ R・チャイルズ

商品詳細を見る

巨大事故がどのように起こるのか、ヒューマンエラーの観点から論じた本で、事例も多い

墜落―ハイテク旅客機がなぜ墜ちるのか墜落―ハイテク旅客機がなぜ墜ちるのか
(1990/08)
加藤 寛一郎

商品詳細を見る

人間工学的な面からも事故を考察している
関連記事
スポンサーサイト
ノンフィクション | 2011/11/30(水) 23:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

988冊目 密室の鍵貸します
密室の鍵貸します (光文社文庫)密室の鍵貸します (光文社文庫)
(2006/02/09)
東川 篤哉

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 『謎解きはディナーのあとで』ですっかり有名になった東川さんのデビュー作。私にとっては『交換殺人には向かない夜 (光文社文庫)』以来。

 大学生・戸村流平は、彼女にフラれたばかり。それも、就職先が気に食わないという理由で。就職しないというなら分からないでもないが、まあ、そんな不幸を抱えていたのではあるが、不幸はそれだけでは終わらなかった。就職をお世話してくれた大学時代の先輩の茂呂を訪れ、そのホームシアターで一緒に映画を見た後で、軽く宴会をすることに。

 だが、どうした訳か、別れた相手が殺されてしまう。それどころか、流平を襲ったのはもっと不可解な状況だった。なんと、茂呂が浴室で刺殺されてしまうのである。ご丁寧に、ドアにはチェーン、窓には鍵が掛かった状況で。これでは密室殺人ではないか。そして、普通に考えれば、犯人は流平以外にありえない。その無実を知るのは自分だけという絶望的な状況で、彼は一人の人物を思い出す。義理の兄で、尚且つ私立探偵の鵜飼杜夫である。

 当然のことながら警察は戸村を追う。戸村は逃げ切れるのか。じゃなくて、無実を納得できる形で示せるのか。

 といった感じのユーモア小説。2人が殺されているというのに凄惨な感じはなくて、それどころかクスリと笑ってしまうシーンも多い。デビュー作からしてユーモアの使い方が上手いのだなあと妙な感心をさせられた。

 ユーモアを散りばめながら、密室がどのように作られたのか、事件の全貌はどうなっているのかといった辺りのプロットは良く練られたもので、推理小説としても勿論面白い。他の本にも手を出してみようと思った次第である。


関連書籍:
交換殺人には向かない夜 (光文社文庫)交換殺人には向かない夜 (光文社文庫)
(2010/09/09)
東川 篤哉

商品詳細を見る

関連記事
推理小説 | 2011/11/26(土) 20:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

987冊目 ハチはなぜ大量死したのか
ハチはなぜ大量死したのか (文春文庫)ハチはなぜ大量死したのか (文春文庫)
(2011/07/08)
ローワン ジェイコブセン、福岡 伸一 他

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 単行本で出た頃から気になっていたのだが、積ん読を消化したり他に手を出しているうちに、気がついたら文庫化されていた。その間、白さんからお勧めされたり、悪友からは”お前がまだ読んでなかったことが驚きだ”と言われたりと、周りでも評価が高いので楽しだった。その期待を裏切らない、見事なサイエンス・ノンフィクション。

 近年、蜜蜂が大量に失踪している。女王蜂と幼虫と蜂蜜だけが巣に残され、働き蜂が姿を消してしまう。巣に戻らなくなった彼女ら(働き蜂は全てメス)が、命を長らえられるわけはない。何処かで死んでしまっているのだ。

 蜜蜂が居なくなったらと言って、何か困ることがあるのかと思う方もいらっしゃるかも知れない。蜂蜜が高くなっても別に構わない、と思われるかも知れない。しかし、そんな単純な問題ではない。蜂の大量死は、食卓の崩壊に繋がりかねないのである。

 植物の受粉には、花粉がメシベに辿り着く必要がある。その手段は2通りある。一つは花粉を風で飛ばし、運を天に任せる方法。風を媒介とするために風媒とよばれるこの方法は、まさに風まかせのために植物側の戦略は軽い花粉を大量にバラ撒くものになる。花粉症を引き起こすのは、こちらの戦略を取る植物に拠る。杉、檜、イネ科の植物等が代表的なものだ。

 もう一つは、虫に花粉を運んでもらうもの。こちらは虫媒と呼ばれる。お察しの通り、虫媒の中核にいるのが、蜜蜂である。花は虫を引き寄せるための目印として綺麗な花を纏い、蜂へのご褒美として蜜を用意する。その芳香で多くの人を魅了する花は、本来は蜂等の虫に向けられたものだ。

 蜜蜂がいなくなるとどうなるか。それは、花を付ける植物の受粉が上手くいかないことと等しい。梨、林檎、サクランボ、ブルーベリーと言った果物、アーモンドに代表されるナッツ類、茄子やトマトといった食卓に欠かせないものが得られなくなる。現に、アメリカにおいては養蜂業は蜂蜜を売って生計を立てるのではなく、受粉用に蜂を貸し出すことで利益を得ているという。縁の下の力持ちと言うべきであろう。蜜蜂の大量死が注目されるのも頷けるだろう。

 本書は、丁寧に蜜蜂の働きや社会構成を説明してから謎の解明に取り掛かっているので、問題の在り処が読者に非常に良く分かるようになっている。

 ページを繰ると、蜜蜂の置かれている状況には暗澹たる思いが込み上げてくることになる。長距離輸送、過労、単一の食事、等々。農業の集約化・合理化は、それを支える蜂にとっては余りに過酷な労働環境となってしまっている。加えて、ダニ、農薬汚染、抗生物質の投与と言った要因も加わってくる。

 これらの問題を一つ一つ丁寧に追いかけ、妥当性を考慮する。その中で自然と現代社会が抱える問題を抉り出すことに成功しているのだから、本書は大変に優れたノンフィクションと思う。蜜蜂を通して世界を、歴史を見る壮大さに圧倒された。果物や蜂蜜を食べる時、この素晴らしい食品を生み出した、ちっぽけで偉大な存在たる蜜蜂に感謝を忘れないようにしたい。

 後半では、蜂を大量死から救い出すために奮闘する養蜂家たちの取り組みについても紹介されている。蜜蜂たちに、明るい未来が待っていることを予感させてくれるのも、魅力を高めていると思う。

 また、訳が素晴らしい。不自然さが無く、読みやすく分かりやすい名訳だと思う。この点も特記しておきたい。
関連記事
生物・遺伝・病原体 | 2011/11/23(水) 21:23 | Trackback:(0) | Comments:(4)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

986冊目 少年少女飛行倶楽部
少年少女飛行倶楽部 (文春文庫)少年少女飛行倶楽部 (文春文庫)
(2011/10/07)
加納 朋子

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 自由に空を飛ぶ。それは、人類の見果てぬ夢だった。気球や飛行船や飛行機、ヘリコプターといった飛行機械として結実するまで。

 だが、既に技術があるからといっても、それに手が届く人ばかりではない。どの手段も金銭的には決して安いものではないためだ。とりわけ、学生には厳しいものだろう。それでも飛びたい人は飛びたいのだ。

 中学1年生の主人公の海月(みづき)は、幼馴染である樹絵里の恋に巻き込まれる形で飛行クラブに所属させられてしまう。その故意の相手は、野球部員の中村海星(かいせい)。飛行クラブ部長かつ幼馴染である斎藤神(じん)、通称カミサマに力を貸すため名前貸し程度で所属している。野球部のマネージャーはムリだからこっちでなんとか、という狙いだ。

 ところがこの部長、唯我独尊という言葉がしっくり来る変人。何もかも自分に頼ってくる樹絵里だけでも手に余っているというのに、ここでお荷物を抱える訳にはいかないと思いつつ、巻き込まれてしまうのが、やはりこうした小説の主人公というものだろう。

 勿論、中学生のクラブのこと。鳥人間コンテストのように、自分たちで空を飛ぶ機械を作るには資金と労力が必要とされるものには手を出せない。かと言って、ハングライダー等を操るには資金が足りない。というわけで、飛行クラブはなんの実績もないのだ。それでも、部長のカミサマがなぜ空を飛びたいと願うのかを知った海月は、空を飛ぶという夢にいろいろなものを賭けることになる。果たして彼らは空を飛べるのか。

 と言った形の青春小説。文系のクラブが殆ど無いという不自然さはもありはするが、子供から大人に変わりかける微妙な年代の少年少女の心を巧く描いていると思う。素敵なタイトルに見合う、楽しい小説だった。
関連記事
その他小説 | 2011/11/20(日) 20:48 | Trackback:(1) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

984冊目 & 985冊目 テロリズムの罠 左巻、右巻
テロリズムの罠 左巻  新自由主義社会の行方 (角川oneテーマ21)テロリズムの罠 左巻 新自由主義社会の行方 (角川oneテーマ21)
(2009/02/10)
佐藤 優

商品詳細を見る


テロリズムの罠 右巻  忍び寄るファシズムの魅力 (角川oneテーマ21)テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力 (角川oneテーマ21)
(2009/02/10)
佐藤 優

商品詳細を見る



評価:☆☆☆☆



 ご存知、国策捜査の対象となって外務省を馘首になった著者の時事評論集。

 両書を通じて一貫しているのは、新自由主義への危機感である。この何でもありのシステムは、労働力の再生産すら許さない、と著者は指摘する。具体的には、同時代労働力と次世代の労働力の再生産が危機的な状況になっている。

 働いて対価を得ることが可能なのは、労働者は対価以上の価値を生み出すからだ。ここで利益を最大限にすることは、労働者が得る対価が下がることを意味する。それは労働者の衣食住といった生きるのに必要な最低限なこと+余暇に楽しみを見出すことによる精神的に豊かな人生を送るのに必要な資金が得られないことと直結する。それどころか、年収100万円ともなると、結婚して家庭を構えることすらできなくなる。それは即ち、子ども=次世代の労働者を得る機会の喪失になるわけだ。

 この悪夢の連鎖は、しかし新自由主義という土俵の中からは解決困難だ、と著者は指摘する。まず、新自由主義の枠の中に囚われている限り、新自由主義の持つ客観的な特性を見極めることができないからだ、というのだ。

 では、どのような視点なら、その欠点を見抜けるのか。著者はそこにマルクス主義を導入する。自由主義への対抗言論によって欠点を洗い出す試みは成功を収めているように思う。

 だが、何より特記すべきなのは、著者が現状の社会に希望を見出せない人々が『蟹工船』に希望を見る風潮を危険だと見做していること。ソ連に駐在していただけのことはあり、マルクス主義を知りつつも傾倒はしないバランス感覚が安心して本書を読める背景になっている。特定の主義・思想に凝り固まってしまうと、現実を精確に把握する能力に欠けることになるので、この点は重要だ。(もっとも、凝り固まった人の意見は一刀両断的で面白くはあるのだが)

 著者が詳しく知るロシアの事例を引いたり、文学を引用したりしながら持論を述べているところで、知識の広さと深さに脱帽させられる。思想的に右からも左からも危機を招きかねない、危うい時代なのだということを実感させられる。もっと、社会が強さを持つ=経済面における中間層の充実に向けて動くべきという意見には賛同させられた。

 一方で、この2冊は書きおろしというわけではないので、やや散漫な印象を与えるのも事実。纏まった論考と言うよりも、その場その場に応じた言論活動の集積と思って読めば外れることは無いと思う。そして、その点から評価をするのではあれば、高く評価されるべき本だと思う。
関連記事
ノンフィクション | 2011/11/15(火) 23:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

983冊目 メイド刑事
メイド刑事<デカ> (GA文庫)メイド刑事<デカ> (GA文庫)
(2006/04/13)
早見 裕司

商品詳細を見る


評価:☆☆


 ええと、『家政婦は見た』と『スケバン刑事』を足して2で割って衣装をメイド服(はぁと)に変えた感じ。お前は何を言っているのかと思われるかも知れませんが、我ながら何を書いているんでしょう。こういう奇抜なものを見るとつい手に取ってしまうのは良いのか悪いのか。

 それはさて置き、メイドさんです。このメイドさんはメイドさんである以上、奉公に出ているわけです(死語)。ご主人様は警察庁長官。世が世なら宗教団体に射撃されてしまいそうな職業ではあるが、それ故か偶然か、メイドさんが潜入捜査を行います。逮捕そのものはご主人様の部下がやるわけですが。

 武器が特殊仕様のクイックルワイパーというのはなかなかに面白い発想と思う。迫力がないところが良い。が、これが元レディースで・・・・・・となってくると、もう私にはついていけないのであった。

 そういうノリが好きだったら堪らないと思う。



 それにしても、(死語)っていう表現自体も死語っぽいなあ。
関連記事
SF・ファンタジー | 2011/11/09(水) 00:02 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

982冊目 探偵はバーにいる
探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)探偵はバーにいる (ハヤカワ文庫JA)
(1995/08)
東 直己

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 歓楽街ススキノに生きる便利屋であるところの主人公はバーに入り浸っている。そこへやってきた依頼は、彼女がいなくなったから探して欲しい、というもの。面倒くさがりながらも事件に首を突っ込むことになる主人公。だが、どうやら失踪の謎にはホテルでの殺人事件が関係ありそうということが分かる。

 ええと、はっきり言ってしまえば、この辺りの謎は、普通の常識がある人には分かる。だから、問題になるのは主人公あるいは失踪した女性の生きる姿が魅力的かどうかに掛かっているだろう。

 その点から言えば、辛い点を付けざるを得ない。ハードボイルドと言えば聞こえは良いかも知れないけれど、どうにも生き方が格好良い訳でもなく、台詞回しや考え方が渋いわけでもない。女性も、○○をやっていることはまあ分かるとして、そこから先の性格設定に魅力を感じない。

 小説は、やっぱり魅力のある人物が登場するか、どうしようもないヤツであっても目が離せないキャラクターなのか、が重要だと思う。後者の例としは、『フロスト警部』が挙げられるだろう。これは下品で仕事中毒で、それなのに事務処理能力は絶無で、推理ときたら行き当たりばったりの適当さでホシを挙げられるのも偶然要素が強いというトンでもない主人公だ。それでも次々に発生する事件の数々と、ふと気がつくとそれらを見事に全部解決してしまうところが魅力。

 翻って本書を見ると、こうした点での完成度は低いと言わざるを得ない。デビュー作ということで、ちょっと甘めの点。今後に期待。
関連記事
推理小説 | 2011/11/02(水) 23:11 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。