FC2ブログ
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
309冊目 ヒストリアン 2
ヒストリアン 2

エリザベス・コストヴァ著 / 高瀬 素子訳

日本放送出版協会 (2006.2)

\1,785

評価:☆☆☆☆


 竜、すなわちドラキュラと歴史家達の戦いは終末へ向かってどんどん進んでいく。

 先の分で書いておけばよかったのだが、本書は主人公であるはずの少女がドラキュラとの戦いの終幕近くになってヒストリアン側に巻き込まれていくのと、少女の父を中心としたヒストリアン達が何を突き止めどのようにドラキュラを追い詰めようとしてきたか、というのが平行して進んでいく。分量としては父親の分が圧倒的で、主人公は少女の父親では無いかとの錯覚を覚えるほどだ。

 ところがここにきて状況が動き始める。父は姿を消し、少女は父を探す旅に出る。その少女に付きまとう影を避けながら、彼女は父を探し当てられるのか。

 追憶のような形で平行して進むのは少女の父の東欧行きの記憶。ハンガリー、そしてドラキュラことヴラド・ツェペシュがワラキア公として君臨したブルガリアがその舞台である。ワラキア公ゆかりの地に何が待つのか。

 作者の意図には反していると思うのだが、この東欧訪問が(大団円を超えて)本作品で最も印象深いところである。そのまま観光ガイドとして通用しそうなほどの名所の書き込みを読んでいると自分もその地を訪れたくなるほど。

 魅力の少なからずはこのガイド的な側面にあると思うのだが、もう一つは、非常に上手く歴史的事実とフィクションを混ぜ合わせていることにあると思う。

 正直に言ってしまえば、掘り下げが甘いためか人間的魅力に欠ける人物達と、狙いがどうにも定まっていないようなドラキュラとの戦いには、緊迫感が不足しているように感じられてしまう。その欠点を覆うのが、この歴史の扱い方にあるのだろう。ワラキア公のことを知っている人はより楽しめる、そんな作りになっていると思うし、本書をきっかけに東欧の歴史というなかなか日の目の当たらない分野にも興味が向くきっかけになるのではないかと思われてならない。


 以下、ネタバレ防止。気になるヒトは続きを読んでください。ただし、本書を読もうと思っている方は絶対に読まないよう。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト



SF・ファンタジー | 2007/04/23(月) 23:04 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ