FC2ブログ
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
303冊目 動物に愛はあるか 2
動物に愛はあるか 2

モーリス・バートン著 / 垂水 雄二訳

早川書房 (2006.7)

\777

評価:☆☆☆☆


 1冊目に引き続き、動物に愛はあるのかについて探る本。

 理論で語り続けるわけではなく、エピソードから動物が愛情を持つかどうかを判定しようとするわけだから、こちらも面白い話が沢山載っている。

 ミツオシエが、甘いものが市場で容易に手に入るようになった今ではミツバチの巣のありかを教えなくなったことなどからミツオシエにも文化らしきものがあると窺えたり、カラスが集会を開いていたり、興味深い話が沢山。

 やはり、動物にも繊細な心があるのは疑う余地がないというのが分かる。もちろん、愛犬を見ていると動物に感情がないなどというのが妄言であることは一目瞭然なのだけど。それでもやはり真実を探るには懐疑的であるべきで、バランスが難しい。

 著者は驚くほどの節制で、動物に感情があることを認めようとしながらも懐疑的な立場を貫こうとしているので好感が持てる。そのような立場だからこそ、多くのエピソードで持論を補強しようとし、それが本書を面白くしていると思えてならない。

 動物好きは、科学が動物をどのように考えているかを知る良いきっかけになると思う。
関連記事
スポンサーサイト



その他科学 | 2007/04/13(金) 00:13 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ