カレンダー
04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

64冊目 暗号化
暗号化

スティーブン・レビー著 / 斉藤 隆央訳

紀伊国屋書店 (2002.2)

\2,625

評価:☆☆☆


 自国の国益のため、ということを理由に通信を傍受している国が存在する。その手の世界に興味がある人には広く知られている通り、アメリカではNSAという組織が大掛かりな通信傍受を進めており、その実態は『すべては傍受されている』などに詳しい。

 国益のため、というとなにやら逆らいがたい雰囲気を感じさせる。しかし、問題の本質は個人のプライバシーがどこまで保護されるべきなのか、国家に対して個人はどこまで独立できるのか、という観点から考えると、国家が無条件に国民の情報を覗き見ることができる体制と言うのは問題があることが分かる。これはどちらの立場に立つかによって問題となる部分が異なるため、スタンスによって大きな違いが生じるはずだ。

 本書はプライバシーは守られなければならないと考え、そしてプライバシーを守るための方法を考え出した数学者達と、数学者達の発明が実用化されることを食い止めようとするNSAとの争いを描く。現在の暗号の標準であるRSA暗号が生まれ、商業ベースに乗せまいとする諜報機関を中心とする国とどう争ってきたのか、そしてどうやって現在の姿になったのか。暗号を生み出した人々の素顔は?その情熱の根源は?

 暗号に興味を持っている人にとっては暗号製作者の素顔が見られて面白いかもしれない。しかしながら、暗号の原理についての踏み込みは一歩も二歩も足らず、総合的な面白さでは圧倒的にサイモン・シンの『暗号解読』が上回る。正直、暗号解読を読んでいれば読まなくても良いかな、と思わされる。規制しようとする国と個人の争いという側面を見たい人にはお勧め。
関連記事
スポンサーサイト
ノンフィクション | 2005/05/15(日) 09:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

63冊目 人間はどこまで動物か
人間はどこまで動物か

日高 敏隆著

新潮社 (2004.5)

\1,365

評価:☆☆☆☆


 大体において、大学まで行って昆虫やら動物の研究をしたいというヒトは大の昆虫好き、動物好きである。それが更に高じて職業にまでしてしまうほどの熱意は並大抵のことではない。そんな動物好きの人々が動物に関する話をしたら面白いのか、というとそうでもないことが往々にしてある。彼らの動物好きレベルは常人の想像を懸け離れたところまで達してしまっていて常人のレベルに合わせることができないのだ。専門家が面白いと思うポイントが一般人とズレている、とも言えるかもしれない。

 ところが、そんな枠組みには当て嵌まらないヒトもいる。自分の好きな世界を、その世界を知らないヒトに上手く伝達できる、そんな人々が。

 暖かくなったら発生するショウジョウバエ。名前の由来は?彼らの行動原理は?夏の風物詩でもあるセミの国ごとの違いとは?モンシロチョウはどうやって恋の相手を探すのか?ホタルはなぜ一斉に光るのか?鳥と昆虫の飛行原理の違い。眺めてみればみるほど考えたことも無ければ興味も沸かないような話題ばかりであるが、これが著者の手にかかると途端に”そうだったのか!”と思わされるエッセイに変身してしまうのだ。

 南方熊楠賞を受賞したほどの博識に、エッセイスト・クラブ賞を受賞したほどの語り口の上手さが組み合わされると途端に面白くなる様は見事で、ついつい一気に読んでしまう。自然界の面白さ、奥の深さを軽妙な語り口で伝えてくれる一冊。
関連記事
エッセイ | 2005/05/08(日) 09:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。