カレンダー
01 | 2005/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

45冊目 ファインマンさん最後の冒険
ファインマンさん最後の冒険

ラルフ・レイトン〔著〕 / 大貫 昌子訳

岩波書店 (2004.8)

\1,155

評価:☆☆☆☆

 リチャード・P・ファインマンといえば、1965年に朝永振一郎、シュウィンガーとともにノーベル物理学賞を受賞したことで知られる、天才的な物理学者である。二次大戦中にはマンハッタンで原爆開発に携わり、その後は量子力学の発展に寄与、スペースシャトルのチャレンジャー号が爆発した際には調査委員となり原因の究明に力を発揮した人物である。

 こんな紹介をすると、なにやら堅物っぽい人物像が描かれそうだが、それは大いに誤った人物像だ。なにしろ、ファインマンさんは奇矯な行動でも知られる、才能と行動力に溢れた実に人間的魅力に富んだ人物なのだから。絵を描いては個展を開き、太鼓の腕は折り紙付き、そして常識を打ち破るのが大好きな人だった。

 ファインマンさんのその奇矯な行動を中心にした伝記はご冗談でしょう、ファインマンさんや、困ります、ファインマンさんに詳しく、それらで見たあまりなまでの破天荒な生き方にすっかり惚れてしまったものだ。

 そんなファインマンさんの最後の冒険は、本書の著者で友人であるラルフ・レイトンと共に話をしていて、タンヌ・トゥーバという国の話に及んだことから始まる。ソ連に最後に加盟したこの小国の首都の綴りがKyzylと言い、まともな母音が一つも含まれていないことを発見したファインマンさん、これはもう行ってみなければなるまいとばかりに様々な手段を講じる。

 とは言うものの、辺境の小国ではそもそも情報自体もほとんど存在しない。なんとか文通相手を見つけて無茶苦茶な言葉で手紙を送ったり、様々なルートから行けないかチャレンジする。彼らに熱意はあっても、あきらめる心は無いのだ。途中でファインマンさんはチャレンジャー爆発の究明に関わったり、癌との闘病生活をおくったりし、ラルフ・レイトンはソ連に観光に行って高官と面会してきたりする。ファインマンさんも行動力に溢れた奇矯な人だけど、このレイトンも負けていない。ファインマンさん達は果たしてタンヌ・トゥーバに行けるのか!?

 過去のエッセイはファインマンさんの子供時代などについてのものでファインマンさんの行動が中心だが、この本の中ではレイトンとファインマンさんの二人が時には一緒に、時には別々に行動していて、それをレイトンの視点で書いているためファインマンさんの活躍は少ない。しかし、ファインマンさんが親しい友人達の前ではどのような人だったのかということは伝わってくるし、また彼が本当に人生を楽しんでいたことが伝わってきて心が和む。ファインマンさんはこの冒険を最後に亡くなってしまったの本当に残念である。

 物理は全然出てこない、好奇心に溢れた二人の冒険譚なので物理はちょっと・・・と思う方も手にとって見ることをお勧めする。ついつい引き込まれて一気に読んでしまう可能性が高いと思う。
関連記事
スポンサーサイト
エッセイ | 2005/02/27(日) 14:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

44冊目 アダムの呪い
アダムの呪い

ブライアン・サイクス著 / 大野 晶子訳

ソニー・マガジンズ (2004.5)

\2,100

評価:☆☆☆☆

 人間の性を決めているのは、XとYと名づけられた性染色体。X-Yの組み合わせでは男になり、X-Xでは女になる。著者のブライアン・サイクスはちょっとしたきっかけで同姓の人物と自分のY遺伝子を比較して、それが近い過去に同一人物まで遡れることに驚きを感じ、Y遺伝子の謎に取り組むこととなった。

 X-Y遺伝子の組み合わせだと男になる、というのが教科書的な理解ではあるが実はそれほど単純なことは無くて、X-Xなのに男の体を持つ人がいたりする(いや、胸が平らだって話じゃありませんよ?)。X-Yなのに女性のような人がいる。これは一体どうしたことだろう?

 また、性別は偏在することもある。あなたも身の回りで探してみると、男一族とか女一族が見つかるのではないか?実は、私の父方は男一族である。私の世代(いとこ、兄弟は、私を含む)には13人いて、そのうち10人が男である。これがどれくらいの確率かと言うと、約3.5%に相当する。30人に一人の確率だ。ちなみに、母方では5人中5人が男である。これは偶然なのか?はたまた何らかの理由があるのか?

 でも、そもそも性とはどういうことなのだろうか?なぜあるのか?そしてどうなるのか?

 そういった、様々な階層の疑問を懇切丁寧に分かりやすく書き記す著者の能力には舌を巻いた。それぞれのトピックで、抽象的な話に陥らないようにきっちり実例を織り交ぜて書かれているので興味を失うことなく一気に読めてしまう魅力がある。X遺伝子とY遺伝子は共に歩む仲間ではなく、実はせめぎ合う敵同士であるという指摘には納得。いくつかの昆虫ではそれが行き過ぎてオスとメスのバランスが極度に崩れている、などと言った話も実に興味深い。

 ただし、ちょっと強引に過ぎる点がある。Y遺伝子に見られるエラーの数からY遺伝子が破滅するまでの時間を予想したりしているが、その説明には納得するもののタイムスケールはとうてい納得がいかない。そういった点がいくつか見られるのが残念である。また、少々導入部が冗長で、遠回りをしすぎているように思われる。そのためちょっと減点。ただし、冗長だなと思った部分は読み飛ばしてしまえば非常に面白い本である。
関連記事
生物・遺伝・病原体 | 2005/02/24(木) 14:20 | Trackback:(1) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

43冊目 「四億年の目撃者」シーラカンスを追って
「四億年の目撃者」シーラカンスを追って

サマンサ・ワインバーグ著 / 戸根 由紀恵訳

文芸春秋 (2001.7)

\740

評価:☆☆☆

 常識は崩されるから面白い。誰もがとっくの昔に絶滅していたと思っていて、古生物学者しか興味を持っていなかった古代魚、シーラカンスが発見されたことは今にして思えば信じられないくらいの騒動を起こしたようだ。

 例えて言うならば、生きている恐竜が発見された、というようなもので多くの人々がにわかには信じられないという態度をとったのもあながち分からない話ではない。不幸なことに冷凍庫が近くに無かったため内臓は捨てられ、残ったのはホルマリンで脱色された死体が一つ。しかし、それを信じない懐疑的な人々もまた多かった。

 稀代の魚マニアの科学者、J・L・Bスミスはシーラカンスの死体を一目見て、これが間違いなく絶滅したとされているシーラカンスであると確信、誰にも文句のつけようが無い証拠を付きとめようと14年にも渡るシーラカンス捜索に足を踏み出す。本書はそんなスミスを中心に、1938年のシーラカンス発見から現在に至るまでのシーラカンスをめぐる歴史を纏めたのが本書である。スミスたちの執念によって、シーラカンスの奇妙な生態がいろいろと分かってきた。魚でありながら卵を産まず、胎生であること。昼は眠り、夜になると狩に出て”逆立ち”をすること。肉は不味く、塩漬けにしないと食べられるようなものじゃないこと。

 新しく発見された生物には、それだけの謎がある。それも4億年前から生息していて絶滅したと信じられていた生物ならますます。そんなシーラカンスについて分かったことだけでも十分面白いが、謎に包まれた生態を追いかける、その取り組みもまた面白い。とにかくパワフルな人が目白押しで、それを眺めているだけでも楽しくなってくる。研究者にはパワフルさが要求されるものだとつくづく実感。

 なお、シーラカンスは200匹以上が捕獲されているが現在ではワシントン条約によって保護されている。本書の中で日本がシーラカンスの捕獲計画を立てていたことが書かれているが、今のところ釣り上げられて生き残った個体はいないので失敗したのは良かったかもしれない。なお、英語ではあるがシーラカンス保護を訴えるサイトがあって、Tシャツなどの収益の一部がシーラカンス保護に使われるそうです。シーラカンスの写真もあるので、それを眺めるためだけに訪れても楽しいサイトです。
関連記事
生物・遺伝・病原体 | 2005/02/17(木) 14:17 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

42冊目 環境リスク学
環境リスク学

中西 準子著

日本評論社 (2004.9)

\1,890

評価:☆☆☆☆

 ダイオキシン問題や狂牛病、水俣病などの問題に、われわれはどうやって対処するべきなのか。ダイオキシンが出るのはものを燃やすためだから火を放棄する、というわけには行かないし、牛肉を食べないという選択は極端に過ぎる。

 水道問題も同じである。清浄な水を誰もが享受しようとすると、環境への負荷が大きくなる。環境への負荷を少なくするために危険な水を飲むべきなのか。それともどこまでも飲料水は安全にして、環境への負荷は大きくしてしまえばいいのか。どちらの極端な側に転んでも、そこには問題が付きまとうことが分かる。

 そこで、さまざまな条件を考慮することで環境の負荷と我々人間が引き受けるべき危険の和が最小になるような評価をして、そこそこのリスクとそこそこの環境負荷という道を探るのがいいのではないか、という問題から、環境問題のリスク評価に進んだのが著者である。

 耳目を騒がせたBSE問題などを例にとって、リスクを減らすにはどれだけの投資が行われるのかを考慮し、総合的なおとしどころの基準を探る。その背後にあるのは、なにごとも都合の良いことばかりでは済まないという現実がある。たとえば、牛肉は食べても食べてもBSEに犯されるリスクは皆無であることが望ましい。ものを燃やしてダイオキシンが出ても無害であれば好ましい。しかし、そんなわけには行かないのだからこそおとしどころを探る努力がなされなければならない。そのおとしどころを定める基準として、リスク評価を用いることがどれだけの利点をもたらすのか、を丁寧に説いている。

 環境ホルモン問題やBSE問題でどれだけ実態からかけ離れた危険情報が垂れ流されて、その結果どうして合理的な判断が出来なくなってしまったのか、というのには考えさせられる。もちろん、各々の問題に付いて著者と意見を一にする必要は無い。それこそ、リスクをどのように評価するかという個人的な尺度の問題になってしまっているだけであり、その違いはむしろ社会的なおとしどころを探るには必要不可欠なはずだ。

 具体的には、私はダイオキシンのリスク評価については大西の意見に賛同するが、水俣病と有機水銀についての議論には賛同しかねる。


水銀が原因だとされる前に、熊本大学研究班は、原因物質として、最初にマンガン、つぎにセレン、タリウムを挙げ、その都度膨大な研究論文を出した。この時点で、「予防原則」にしたがって、マンガンを禁止するべきだったのだろうか?この時点で、マンガンを禁止しなかったのは正しかったわけである。
(本書p192より引用)


 上記のように著者は述べるが、ここには問題がある。問題となる化学物質が不明な時点でも水俣湾の魚介類が水俣病の原因であったことは分かっており(事実それについては争われていない)、その原因として様々な重金属汚染が推定されていたに過ぎず、水俣病を防ぐためには食中毒としての当たり前の対応がなされていれば良かったのだ。この後で著者はチッソしか原因が見当たらない状況でありながら踏み込んでの調査が出来ない体制そのものを批判している。その批判は実に正しいと思うが、それよりも問題なのは食中毒としての対応をとらなければいけなかったのにとらなかった。化学物質のリスクを評価する前にも出来ることはあるのだ。コレラの病原体が分かっていなかったときでも疫学的な対応で感染を収束させた事例だってあるのだから。

 話をもどすと、ダイオキシンについては、本書を読むとそれまでの思い込みが崩れる快感も味わえるかもしれない。特に、ダイオキシンの研究は沢山されていてもはっきり害があると認定された研究が無いことなどは注目に値する。片方に針の触れすぎた意見がどれだけ大きな声で叫ばれ、その結果として偏った意見ばかりが入ってきてしまう現状を理解できると思う。

 環境問題や公害問題に付いて考えるための方法を与えてくれる貴重な一冊だと思う。さぞかし売れていないだろうと思ったら、昨年9月に1刷が出て、もう4刷まではされているのでそれなりに売れているようだ。このような冷静な視点を呼びかける本は多くの人に読まれたいので、実に喜ばしいことだと思う。
関連記事
その他科学 | 2005/02/14(月) 14:16 | Trackback:(1) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

41冊目 数学はインドのロープ魔術を解く
数学はインドのロープ魔術を解く

デイヴィッド・アチソン著 / 伊藤 文英訳

早川書房 (2004.7)

\588

評価:☆☆☆

 数学、という単語を聞いただけでもう嫌悪感を感じてしまうヒトも多いのではないかと思う。斯く言う私も数学でコケた記憶が思い出されてならない。数学が出来ないヒトの定番の文句は、”日常生活ではせいぜい四則演算が出来れば困らない”というそれはそれで説得力がありそうなこの言葉であろう。

 しかし、数学は日常生活の多くの場面で目立たない活躍を見せている。そして、数学には面白い話も事欠かないのだ。たとえば一筆書きが可能かどうかという問題につながるケーニヒスベルクの橋の問題。フェルマーの最終定理。ハレー彗星や惑星の動き。円周率や無理数の不思議。

 著者はロープがするすると天に伸びていく、インドのロープ魔術が数学的に成り立つ条件を求めた数学者であり、自らの専門分野から面白そうな話題を選りすぐって紹介しているエピソード集のようなものである。話が上手い専門家が書いた一般向けの本はまず例外なく面白く、この本も例に漏れずに面白い。


 数学とは
 1 見事な”定理”
 2 華麗な”証明”
 3 多彩な”応用”

 そう著者は述べる。それらを上手く例を挙げて見せてくれる様は相関でもある。数学嫌いにもとっつきやすく、読んで面白い。数学の奥深さに触れるのにちょうど良い本である。

関連記事
数学 | 2005/02/09(水) 14:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

40冊目 大絶滅
大絶滅

デイヴィッド・M・ラウプ著 / 渡辺 政隆訳

平河出版社 (1996.4)

\2,520

評価:☆☆☆☆

 生物の進化、というとついつい原始的な生物から”高等な”生物に向かって一直線に変化してきたようなイメージをもちがちであるが、そうではない、恐竜が絶滅せずに覇権を握り続けていたら、今の哺乳類は無かったかもしれない。もちろん、恐竜が白亜紀後期に滅びなかったとしても勃興した哺乳類が恐竜を滅ぼしてしまった可能性もあるが、その可能性は低いだろう。進化は決して定められた一本道を、運命に従うかのごとく辿ってきたわけではなく、試行錯誤を繰り返し、時に絶滅し、時に生き延びながらやってきた道なのである。

 そうやって考えてみると、絶滅というのも進化に大きな影響を与えていたことが分かろうと言うものである。しかしながら、絶滅の影響について体系的に述べている本にはなかなかお目にかからない。語られるのは個別の絶滅――もちろんその筆頭は恐竜だろう――ばかりのように思う。

 そんななかで、この『大絶滅』は、絶滅が生物進化に及ぼした影響をいくつもの実例を元に説いており、進化論に欠かせないはずのひとつの視点を与えてくれる。おまけに、グールドが序文を書いている、というのも彼のファンには魅力である。

 さて、ではなぜ生物は絶滅するのであろうか。それが本書のサブタイトルである、”遺伝子が悪いのか、運が悪いのか”につながってくる疑問になる。なにしろ、化石の証拠から過去に存在した生物の99.9%はすでに絶滅していると思われるのだから。遺伝子なのか、運なのか、というのは余りに二者択一に過ぎて必ずしも正しい問いかけではないだろうが、しかし有効な問いかけではある。

 絶滅の起こるメカニズム、その影響、そしてその後の生物の発展。その論の全てに賛成はできないが刺激的で興味深い視点があることを教えてくれる本である。進化論や三葉虫、恐竜絶滅の謎に興味がある方は、ぜひどうぞ。
関連記事
地球史・古生物・恐竜 | 2005/02/07(月) 10:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

39冊目 アナロジーの罠
アナロジーの罠

ジャック・ブーヴレス著 / 宮代 康丈訳

新書館 (2003.7)

\2,310

評価:☆☆

 哲学者にどのような印象を持っているか、と聞かれたら、世界を探求する人なのではないか、とか、フィロソフィーの語源の通り、知を愛し求める人なのではないか、といった答えが返ってくるのではなかろうか。いずれも、彼らが真摯に知の世界を構築しようとしているというものになると思う。しかしながら、彼らの本となるとなかなか手に取ろうという気になれない。書いてあることが難解すぎてさっぱり分からないから、というのもその一因である。

 そんな風潮に対して、正面から批判を繰り広げたのがアラン・ソーカルとジャン・ブリクモンである。彼らは、特にフランス現代哲学ともいわれるポストモダン哲学をパロディにした論文を哲学の専門雑誌に送り、受理された。論文の公表後、論文は荒唐無稽な出鱈目に過ぎなかったことを暴露し、出鱈目を喝破できなかったことに対して批判を浴びせた。その集大成が「知」の欺瞞で、同書は多くの一般人と一部の哲学者の賛同と、多くの哲学者と一部の一般人と少なからぬフランス人から憤激をもって迎えられた。彼らは自分たちがナンセンスを口にしていることも、ナンセンスをありがたがって崇拝していたことも認められなかったのだ。

 たとえばこんなことを言う哲学者がいる。「ラムセス二世がマシンガンで撃ち殺されたとか、株価の暴落から来るストレスで死んだとかいうことはあり得ない。時代錯誤だから。それと、同じ理由で、ラムセス二世が 1882 年にコッホが発見した病気で死ぬなんてことはあり得ない。」これを唱えたのはラトゥールという哲学者。『科学が作られているとき』などという著作があって、奇妙なことに好意的なヒトも居たりする。おやおや、このヒト、文系のヒトなのね。理系の人はどう評価しているかと言うと、黒木さんのサイト内の「ラトゥールの『科学が作られているとき』について」というページでは意味不明のオンパレード。科学を専門にしている人が読んでもまったく理解できない科学概念を哲学のヒトが読んで分かったつもりになっちゃうのは恐ろしい話だ。

 哲学者の少なくとも一部はこういった恥ずべき行為を堂々とやってきた。しかし、一部の哲学者はこのような状況に対してきちんと批判を行っている。本書の著者であるジャック・ブーヴレスはフランス人の哲学者でありながらソーカルとブリクモンの立場を支持してポストモダンを批判する。社会学にゲーデルの不完全性定理を用いることができる、という考えは正しいのか。もしそれをアナロジーとして用いているのであれば、それがどのような関係を持っているのかをしっかりと述べないといけないのではないか、と問いかける。

 しかしながら大変残念なことに、「知」の欺瞞は多くの文献からの引用を元に緻密な論を組み立て、なおかつ(引用文以外は)理解しやすくはっきりと書かれており、実のところ文句のつけようが無い本なのだ。したがって彼らの立場を擁護する意味で書かれていたとしても、内容のかなりは重複している。おまけに、この本を楽しむためには「知」の欺瞞を読まなければならないように思われる。そして、「知」の欺瞞を読んでしまえばこちらはちょっと不要っぽい。フランス人の一部と哲学者の一部も賛同していることを確認できればいいのかな?

 あと、訳が悪い。文章のつなぎ方はもっとずっと工夫ができたと思う。それができていればもっと評価されるようになっただろうに。なんとも中途半端で残念な出来の本であるが、ソーカル事件に興味がある方は読んでも面白いかもしれない。
関連記事
未分類 | 2005/02/02(水) 10:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。