カレンダー
12 | 2005/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

38冊目 死ぬ瞬間
死ぬ瞬間

E・キューブラー・ロス著 / 鈴木 晶訳

読売新聞社 (1998.4)

\1,890

評価:☆☆☆

 本書はターミナル・ケアはどうあるべきか、という問題に先駆的に取り組んだ記録として有名である。死を迎えようとしている本人達から死についてどのような思いを抱いているかを聞きだし、それを医療の現場に活かそうとしているのである。従って、『死ぬ瞬間』なるタイトルは内容とずれを生じてしまう。なぜなら、死に直面していて、それを自覚できる症状を呈する人は多数派であるわけではないからだ。

 単純に死に方を纏めると、ほぼガンと心臓病と脳疾患が1/3ずつを占めていて、そのほんの残りを他の死因が分けている。若い世代に限ると自殺が無視できない要因になるが。心疾患も脳疾患もその影響は甚大であり、自らの最後を自覚する時間は少ない。発症してすぐに死ななかったとしたら、それは直近の死を意味しなくなる(正確には、直近の死を意味する場合には脳が回復不能のダメージを受けているので死についての意識を他人に語れる可能性は極めて少ない)。なので、死因のおよそ1/3を占めるガンの患者からの聞き取りが増えることとなる。それでは死全般を捕らえているとは言いがたいであろう。

 しかし、ガンなどで亡くなる方々は近い将来の死に直面すると言った点で急な死とは一線を画する存在でもある。そういった人々に語ってもらうように働きかけるパイオニア的な存在であったわけだが、それには多くの抵抗があったことを著者が書き綴っている。しかし、一度このような試みが行われた後には多くの賛同が得られたようだ。そのあたりの経験談は著者に譲ろう。

 多くの方からの聞き取りの記録をみると、死にいどむ人々もまた実に多様であることが分かる。それを著者は5段階に分類し、どの段階にいるのかを書いていくわけだが、その見解には多くの経験談が裏づけとしてあるので説得力がある。

 だが私はその説得力がクセモノであると思うのだ。というのは、著者らがやっているのは多くの人々の経験談を集めてパターン化しているのであって、特定の患者の経時的な変化を追いかけた訳ではないのだから、パターン化された段階を多くのヒトが辿る、というのは疑問である。

 そういった疑問点は少なからずありはするが、死を前にした人々が何を望むか、そして周りの人々はどう振舞えばいいのか、ということには多くのヒントをくれると思う。誰もが避けて通れない唯一のことが、死なのだから。

 私は母が死んで行くのを目の当たりにしたが、母は殆ど常に堂々として、病院でも生活を楽しむように振舞っていた。勿論、たまには人間的な弱さも垣間見せていたが、どんなに自分の病気が絶望的に思えるときでも闘病期間の殆ど全ての期間に渡って平然としていたものだ。そんな母を思い出し、もうちょっと話をしておきたかったな、と、ふと思った。
関連記事
スポンサーサイト
ノンフィクション | 2005/01/27(木) 10:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

37冊目 月は無慈悲な夜の女王
月は無慈悲な夜の女王

ロバート・ハインライン著 / 矢野 徹訳

早川書房 (1981)

\966

評価:☆☆☆☆

 ヒューゴー賞受賞の、SFでは超有名作品。とあるところで知り合った方に勧めて貰ったので手にとって見たら手に汗を握る長編小説で、一気に読みきってしまった。

 設定としては決して珍しくない、地球からの独立物語。人類は月に植民地を抱えている。ここにはかつてのオーストラリアのように罪人達が片道切符で送り込まれていた。地球のやり方に賛同できない人々が、非政治的な主人公を絡めて地球への反乱を企てるが、彼らには移動手段も無ければミサイルも無いので、彼我の戦力は圧倒的に違うのだ。

 そういった不利な状況をどうやってひっくり返すのか、というところにこそ作者の力量が問われるだろう。そして、ハインラインは見事に応えている。月世界の家族構成などの設定や、社会構成もきっちり組み立てられていて――コンピューターを過大評価しがちなのは措いておかねばならないだろうが――実にしっかりした世界を構築している。

 主人公達が警察機構から逃れるために組み立てる細胞組織などは実際の地下組織のやり方を参考にしているのが見て取れるし、地球独立の日時など、近代史をちょっと知っていたら思わずニヤリとしてしまいそうなネタに溢れている。

 いよいよ反乱勃発に至るわけだが、圧倒的に不利な主人公達は果たして状況をひっくり返せるのか?月と、地球の将来はどうなるのか?

 SFやファンタジーが好きな方は大いに楽しめるだろう。
関連記事
SF・ファンタジー | 2005/01/25(火) 10:36 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

36冊目 英語の冒険
英語の冒険

メルヴィン・ブラッグ著 / 三川 基好訳

アーティストハウスパブリッシャーズ (2004.5)

\1,890

評価:☆☆☆☆

 ああ、英語。その呪わしき響きよ。お前のせいで幾つの試験に失敗したことか

 大体、なんで同じ発音をするのに母音の使い方が何種類にも分かれているのか。おかげで音を聞いてもどうやって書けば良いのか分からない。綴りが分かっても発音の仕方が分からない。どうなっているのかね、まったく。

 ロンドンに新婚旅行に行っておきながら私は英語がダメのダメダメなのだ。人間の価値を定める唯一の指標があって、それが英語の能力だとしたらそこは私にとって地獄の世界である。この忌まわしき言葉がどうしてこんなにも世界にはびこってしまったのか。

 その謎を知ろうと思ってこの本を手に取ったのだが、これがどうして、随分と面白いのだ。わずか15万人が、世界の果ての島国のそのまた片隅でしゃべっていた言葉は幾多の危機を乗り越えて、大きく羽ばたいていく様は冒険譚と言っても過言ではない。英語がフランス語、スペイン語、アラビア語などから次々と自らの血となり肉となる言葉を取りいれ、幾つかの構造改革を経て今の姿になっていく様は、幾つもの試練を乗り越えた勇者のようにも見える。

 そんな英語の歴史を決して退屈ではなく、いや、むしろ読む人の興味をそそるように書けているのは著者が英語そのものについての広い知識のみならず、文学作品や歴史などのエピソードにも深い造詣をもっているためだろう。チョーサーやシェイクスピア、マーク・トゥウェインなどの文豪達がどのような英語を使いこなしていたのか。外来語や方言をどのように扱ったのか。どうやって英語に新しい言葉が足されて行ったのか。どのような危機があり、それをどうやって切り抜けてきたのか。その一つ一つのエピソードに命が吹き込まれているような文章は見事。

 英語を好きな人も、嫌いな人も、きっと楽しめる本である。英語圏の歴史や文化、風俗に興味があるなら、私が楽しんだ以上に楽しめることであろう。そして、読む前よりも、ちょっと、英語が好きになっているかも知れない。しゃべれるようにはなっていないだろうが。

関連記事
その他歴史 | 2005/01/25(火) 10:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

35冊目 DNA
DNA

ジェームス・D.ワトソン著 / アンドリュー・ベリー著 / 青木 薫訳

講談社 (2003.12)

\2,520

評価:☆☆☆☆☆

 ワトソンとクリックがDNAの二重螺旋構造を発見したのは1953年のことだった。わずか数ページしかなかったその論文が生物学を精密科学に変えたと言っても多分それは過言ではない。(この論文について簡潔ではありますが見事にまとめておられるサイトがありますので、興味がある方は遺伝子の構造 ワトソン・クリックモデルをどうぞ。)DNA二重螺旋構造の発見は1962年のノーベル賞をワトソン、クリック、ウィルキンスにもたらした。

 彼らの発見以後、生物学の分野では大発見が相次ぎ、その利用分野も大きく広がった。親子鑑定やDNA指紋による犯罪捜査、遺伝子治療、ヒトゲノム計画などなど。その応用範囲が余りに広すぎて、ちょっと興味を持ってもなかなかとっつきにくい。多くの分野を網羅して、なおかつ素人にも分かりやすい。そんな本を書くには、優れた語り手が必要なのだ。深く広い知識を持ち、それを分かりやすく伝えられる、そんな人物が。

 そうやって考えて見ると、ジェームズ・ワトソンほどこの分野について語るのに適した人はいないかも知れない。老いてなお探究心が旺盛で研究生活を送ることで最前線の知識を持ち、しかもそれをとても分かり易く説明する。

 DNAは生命の設計図と言われるが、その設計図には具体的にどんなことが書いてあるのか。ハンチントン舞踏病など、遺伝子そのものにエラーがある遺伝病や、ダウン症候群のように遺伝子が重複してしまうことで起こる現象が遺伝なのは、ちょっと調べればすぐに分かるものだ。しかし、行動となるとそう簡単には行かない。しかし、そのようなものでも多少は分かるようになってきている。知見を得られるようになるまでのテクニックは実に面白い。そういった解説だけではなく、登場する多くの科学者との直接やりとりをしてきたワトソンだからこそ書ける内容も盛り沢山で、読んでいてひきこまれる。特に専門的な知識が多いわけでも無いので、生物学に興味を持っている方には、すぐ手に入れることをお勧めしたい。知的興奮に溢れた良書である。
関連記事
生物・遺伝・病原体 | 2005/01/22(土) 13:02 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

34冊目 壊れた尾翼
壊れた尾翼

加藤 寛一郎〔著〕

講談社 (2004.6)

\980

評価:☆☆☆

 1985年8月12日。その日のことはまだ覚えている。私は、一家で父の実家のある北海道に帰省していた。そこで、日航機の墜落事故のニュースを知った。尾翼が壊れた日航機が御巣鷹山に墜落したこと、生存者がわずか4名だったこと(そして、その全員が女性だったことも)。その数日後、帰省先から戻るために空港に行っても、勿論まだ日航機のニュースが中心だった。空港でそのニュースは、かなり嫌なものだったことも覚えている。

 私よりももっと年配の方は、1971年の事故も覚えておられるかもしれない。雫石上空で自衛隊機と全日空機が接触、全日空機は墜落して乗員・乗客全員が亡くなられ、自衛隊機のパイロットは脱出して無事だった事故である。

 この二つの事故はどのように発生して、その事故の結果、飛行機にはどのような現象が起こって墜落に至ったのかを丁寧に書いているのが本書である。著者の加藤寛一郎さんは航空工学の専門家であり、多くの関係者と遣り取りをされてきた方である。その本が、ありきたりの内容で納まるはずもない。

 興味本位ではなく、知識をひけらかすのでもなく、純粋に何故事故が起こったのか、起こってしまった事故に対して、生存者を増やせる可能性はなかったのか、ということを真摯に問いかけることで、やがて再び起こるであろう事故での犠牲者を減らしたい、という気持ちが強く伝わってくる。

 そもそも、絶対に安全な機械などというものは存在しない。飛行機の安全は、いつまで経っても決して100%にはならない。だから、どこまで100%に近づけられるか、が大事なのだ。更に、その高い安全率から零れ落ちてしまった事故機に対しては、どのようにしたら生存者を増やせるのか、ということを問いかけるのが大事なのだ。そして、それを問いかけるには実際の事故の模様を正確に再現できなければならない。だから、本書にはかなり踏み込んだ記述がある。それに興味がある方は、まず読んでおくことをお勧めする。

 特に、文庫に収められる際に追加されたアメリカのスーシティで尾翼を失い、日航機同様、舵の効かなくなった機体を、着陸させ296名中185名の命を救った事例はとても多くのことを教えてくれると思う。事故調査や航空の安全に興味のある方には特にお勧めである。しかし、一般受けはしないだろう。。。
関連記事
未分類 | 2005/01/18(火) 12:56 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

33冊目 進化しすぎた脳
進化しすぎた脳

池谷 裕二著

朝日出版社 (2004.10)

\1,575

評価:☆☆☆☆☆

 脳はどのようにできているのだろうか。そんな問題を見ると途端に専門用語の吹き荒れる小難しい話を想像する人も多いだろう。ウェルニッケ野?ニューロン?ああ、もううんざりだ。

 そう思ってしまうには、残念なことに脳というとても複雑な器官について簡潔に書かれた入門書的な本に滅多に巡り合えないためではなかろうか。そんな人に朗報である。この本は、入門書として極めてよく書かれているのだ。

 本書は脳科学の研究者が、高校生達を相手に脳研究によってどのようなことが分かってきたのかを懇切丁寧に、なおかつ最新の情報を使って説明した講義の記録である。対象が高校生であるということは、実はとても一般に向いている。なぜなら、高校生までは殆どの人が理科の授業を受けてきたのだから、高校レベルであればついて来られるだろう、ということ。そして大学レベルだと専門用語がどんどん出てくるだろうが、高校レベルであるがゆえに難しい概念が極力避けられていること。この2点に加えて著者が話の妙手であることが、本書をとても魅力的なものとしている。

 例えば視覚の話。どうやってモノを見ているのか。実は、我々の目はとても性能が悪い。光を分析できるのは視野のごく一部に過ぎないし、形も正確に認識できる範囲はとても少ない。なのに、視野の端まで確かに色鮮やかな世界がある。ハードで足りない部分をソフトで補っているようなものだ。視覚情報は脳の様々な部位で分析されていて、その一部が壊れてしまうと大変興味深い現象が現れる。例えばアルツハイマーの話。アルツハイマーはどのような病気なのか。なぜ発生するのか。

 なにやら難しそうに思われるだろう。しかし、これを分かりやすく書いているところがとにかく凄いところなのだ。難しい話を難しく説明するのは簡単だが、難しい話を簡単に説明するのはとても困難なのだから。

 これだけ分かりやすい本には滅多にお目にかかれないのに、面白いのだから大したものだ。脳科学にちょっとでも興味のある方には是非お勧めしたい。また、多少脳科学に詳しい方でも最先端の論文の紹介などもあり、読んで損することはないと思う。
関連記事
医学・脳・精神・心理 | 2005/01/12(水) 12:51 | Trackback:(3) | Comments:(3)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

32冊目 ドナ・アンドリューズの鳥シリーズを4冊まとめて
庭に孔雀、裏には死体

ドナ・アンドリューズ著 / 島村 浩子訳

早川書房 (2001.4)

\945


野鳥の会、死体の怪

ドナ・アンドリューズ著 / 島村 浩子訳

早川書房 (2002.3)

\882


13羽の怒れるフラミンゴ

ドナ・アンドリューズ著 / 島村 浩子訳

早川書房 (2003.5)

\882


ハゲタカは舞い降りた

ドナ・アンドリューズ著 / 島村 浩子訳

早川書房 (2004.12)

\945


評価:☆☆☆☆

 新年なので、まとめて紹介してしまう。ドナ・アンドリューズの鳥シリーズである。女性鍛冶屋であるメグと、そのちょっとというか全然まともじゃない一族、そして友人が繰り広げる普通じゃない日常に死体がでてくるのだからもう大変。

 1巻では母、弟の嫁、親友の3人の花嫁に振り回される最中に母の結婚相手の妹が死体となって発見され、結婚にいろいろ協力しようとする父がそのミステリーファンの精神と医者というスキルで捜査に加わりたがる。3人が3人とも我侭で孔雀を用意しろなどと無理難題を押し付けつつ結婚式をなんとか終わらせようとするメグの奮戦の結果は?という感じで、花嫁達の我侭さ、ゲイと噂のハンサムな仕立て屋とその母の飼う駄犬(頭が悪いは誰にでも噛み付くわという性質の悪さ)、奇矯な父とちょっとおバカな弟に囲まれてしまった唯一の常識人・メグの奮闘が光る。メグの弟は司法試験を受けながら、「地獄からきた弁護士」というゲームの練っているのだが、どんな弁護士なのやら。全体的にこの話が一番面白い。

 2巻では旅行に行った先にいるのはバードウォッチャーで、この人々がまた揃って変人ぞろい。嵐の孤島で発見された死体に、父に殺人の容疑がかかるうえ、親族のおばさんは自分が犯人だと自首する始末。父もおばさんも救うために変人達の間をかけずりまわって事件解決に奔走する。

 3巻、フラミンゴでは今度は自分の一族の他にもっと困った人が出てきてしまうという話である。前の巻を読んだことがある人には、そんなヤツがいるのかよ、と思わされるのだが、これがいるのだ。お祭りで独立戦争の再現をやるのに、服装もなにもかも当時を再現しろという命令に従って、”時代錯誤物品”を隠蔽しつつ、自分の作品を売ろうとしているそのメグのブースに死体が現れてしまってはメグに容疑がかからないわけには行かない。この死んだヒトは、別のカテゴリーの困った人で幾つかのソフトの盗作疑惑がかけられていて、メグの弟のゲーム「地獄からきた弁護士」のコピーを貰おうとしていたり、怪しさ満点の人なので容疑者は何人にもなるのだが。おまけに、自分を容疑者としようと張り切る父。彼は逮捕寸前に真の犯人を捕まえるというミステリーによくあることの再現を図ろうとしているのだが。。。

 4巻では、なんとメグの弟、ロブが会社の社長になっている。ゲーム「地獄からきた弁護士」が大ヒットしているのだ。ここでなにやら不穏な雰囲気を感じたロブはたまたま怪我をして休業を余儀なくされたメグに様子を探ってくれといったところ、そこにまたまた死体が登場。今度はソフト会社の人々が色々困ったことをしてくれる。おまけにその会社の建物にはカウンセラー達が巣くっており、彼らが揃いも揃って奇人変人ぞろい。ここにいつもどおり父もくちばしを突っ込むことで何が起こっても不思議のない状況が完成である。この巻は、最後の謎解きのシーンがとても面白い。緊迫するシーンでありながらなんとも間抜けに思われるラストはある意味圧巻だ。

 こんな感じで、どの巻をとってみてもハチャメチャな登場人物達の巻き起こす騒動をあしらいながら殺人事件まで解決してしまう、というドタバタが実に楽しい。特にどの事件にもくちばしを突っ込もうとするメグの父が良い味を出していて、こんなお父さんがいたらさぞかし困るだろうなぁと思わされるものである。奇抜なトリックを楽しむよりも、登場人物達のアレな感じと主人公メグのパワフルぶりに魅せられる小説である。小説好きの方には迷わずお勧めしたい。
関連記事
推理小説 | 2005/01/04(火) 12:46 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。