カレンダー
08 | 2004/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

24冊目 三葉虫の謎
三葉虫の謎

リチャード・フォーティ著 / 垂水 雄二訳

早川書房 (2002.9)

\2,520

評価:☆☆☆☆

 古代に絶滅した生物と言えば、やはり恐竜が一番人気であるだろう。しかし、過去に地球に存在した生物種の99%は絶滅しているということを考えたら、他にも面白そうな生物は居そうなものである。

 そして、勿論居るのだ。恐竜が生きた時代よりも更に昔に生き、そして絶滅した奇妙な生物達が沢山。著者はイギリスの自然史博物館で三葉虫の研究に取り組んでいるリチャード・フォーティー。そう。生命40億年全史の著者である。

 前著の生命40億年全史は生命の全ての歴史を書いたため恐竜ですらほとんど触れられていないという徹底振りに驚かされたが、今度はなんと一冊丸々三葉虫である。余程の愛情でもなければ、そんなことをやったら失敗するのは明らかである。しかし、著者は「他の男の子が女の子を見つけた頃、私は三葉虫を見つけた」と言うだけのことはあり、筋金入りなのである。

 そんなリチャード・フォーティにかかっては、化石化して扱いにくい試料もなんのその。三葉虫の種類は勿論、その体の構造を、まるで生きた三葉虫が目の前にいるかのように詳らかにしてくれる。読んでいるうちに太古の海を泳ぎ、這いずり回っていた彼らに、ちょっとした愛情を感じてしまうのだが、これはきっと著者の術中に嵌ってしまっているのであろう。

 また、(三葉虫に限らない)古生物研究者たちの横顔も面白い。バージェス頁岩に見られる古生物について独自の見解を示したスティーブン・ジェイ・グールド(ワンダフル・ライフ(ハヤカワ文庫 NF 236))や、ナチスのユダヤ人迫害によって鬼籍に入れられてしまったルドルフ・カウフマンらの業績については、それを眺めるだけでも面白いと思わされる。

 とにかく、古生物に興味がある方にはお勧めしたい。

 余談であるが、先日驚異の大恐竜博に行ったところ、入り口にバージェス頁岩に見えたアノマロカリスの模型が飾ってあった。↓こんなの
アノマロカリス

 これを見た知らないオジさん曰く、「こんな恐竜いたか?」

 ……
 それは恐竜じゃないぞ!と突っ込みたくても突っ込めなかった弱い私を許してください。なお、バージェス頁岩に興味のある方はこちらをどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト
地球史・古生物・恐竜 | 2004/09/21(火) 18:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

23冊目 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

J.K.ローリング 作

静山社 (2004.9)

\4,200

評価:☆☆☆

 言わずと知れたハリーポッターの5作目。4巻でついにヴォルデモートが復活し、それを信じない魔法省とハリー陣営の対立が先鋭化しているなかでの長期休暇、ハリーはダドリー家の近くで従兄弟のダーズリーと共に想像もしなかった事件に巻き込まれる。

 いきなりのハリーのピンチ、そしてハリーの良き理解者であり最大の味方でもあるダンブルドアの不可解な行動、次々明かされる真実、初恋の相手・チョウ・チャンとの関係、と、シリーズを読んできた人にはまさに待ち望んだ本であると言える。そう言った点で、期待を裏切らない出来である。

 これまでの巻で出てきた人々がそれぞれ活躍するのは嬉しい出来事だった。特にネビルとロンの妹のジニーは成長著しく、これまでよりもずっと魅力的なキャラクターになっている。ひょっとしたら、まず彼らの活躍が作者の頭にあったかもしれない^^;。

 しかし、本の作りとしては随分変質を遂げてきているように思われる。5巻は繋ぎとしての役を担っているためか、それまでの一巻ごとに一応の完結が見られていた作りから、4巻までを読んで居ないと分からない、そして続きが出ないと伏線が解かれない、という感じがする。

 以下はネタバレを含みます。
続きを読む
関連記事
SF・ファンタジー | 2004/09/07(火) 18:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

22冊目 秦漢帝国
秦漢帝国

西嶋 定生〔著〕

講談社 (1997.3)

\1,628

評価:☆☆☆☆☆

 中国古代。周王朝は有名無実と化し、天下は春秋時代、戦国時代を経てようやく秦による統一を迎えた。しかし、一代の英雄、始皇帝が死去するや秦は内部分裂を開始。秦は建国後僅かな期間しか命脈を保てず、項羽と劉邦が天下を二分する。劉邦は垓下にて項羽を破り、ここに漢王朝が成立する。漢は劉邦の死後、皇后である呂后による専制時代や華々しい武帝外征時代を経て、外戚の王莽による簒奪で歴史を閉じる。王莽は暗愚な人物であり、新はまもなく崩壊。各地で豪族に率いられた反乱軍が蜂起し、堅忍不抜の劉秀が他の勢力を滅ぼして後漢を開く。後漢末期には知識人と宦官による権力争いの中、黄布の乱が起こる。漢はなんとかこれを鎮圧するが、知識人と宦官の争いは激化。皇帝は酒色に溺れ政務を投げ出す。外戚の暗殺を機に起こった混乱により後漢は滅び、魏晋南北朝時代へと突入する――。

 秦による中国統一が紀元前221年であり、後漢のラストエンペラー献帝から魏の文帝への禅譲が220年。この、約450年の間に中国がどのように”一つの中国” としてまとまったのかを、浩瀚な資料から追いかけている。秦、前漢、新、後漢はそれぞれ建国の模様が異なり、それが故に国の体制がそれぞれ異なる。建国の由来による各王朝の統治システムの違い、時代を変遷する中で性格がどんどん変わっていく様を、実に上手く書き出していると思う。

 中国と言えば儒教国家とか、強力な中央集権制とか、その広大な面積とパワフルな権力者といった像が思い浮かぶが、それらがこの時代に確立されたのは間違いない。三国志の時代から隋が成立するまでは分裂と闘争の時期が続くわけであるが、その後に成立した隋、唐までの間に国家像がしっかりしたためにこそ今の中国があるのではなかろうか。

 本書で特に興味深かったのは、王莽の興した新の再評価である。中国が儒教化するにあたって新の影響は大きかったのは、その新の時代の短さ(西暦8~23年)からかなり意外である。

 また、前漢の成立までは項羽と劉邦で知られているが、前漢の滅亡はさほど有名ではなく、後漢の成立は戦乱の中で幾つかドラマチックなシーンがあるにも関わらず殆ど知られていないので、この辺りをざっと知りたい人は目を通して見ると面白いと思う。その成立方式がどれだけその王朝の性格を決定付けるのか。更に、三国志が始まる前夜はどのような状況だったのかについても簡潔に知ることができるであろう。

 三国志にちょっと触れると、三国時代に魏で始まった九品官人法が後の科挙の原型となる。従って、三国時代までで後の時代を通して現れる儒教、科挙、中央集権制、易姓革命、禅譲といったパターンが確定されている、と言えよう。秦の始皇帝や項羽と劉邦にのみ興味がある方にもお勧めできる、分かりやすくてつい読み進めてしまう良書である。歴史の流れにだけ興味がある人は、政治部分を読み飛ばしてでも読んでみることをお勧めしたい。
関連記事
中国史 | 2004/09/02(木) 18:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。