カレンダー
03 | 2004/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

14冊目 壊れた脳生存する知
壊れた脳生存する知

山田 規畝子著

講談社 (2004.2)

\1,680

評価:☆☆☆☆

 脳科学の本の、一番ややこしいところは科学だからと言って容易に実験ができないことにある。脳科学の本は、医者が脳の壊れた患者の行動パターンと脳の破壊された部位から脳の機能を測るというのが一般的なのである。この本を特徴付けているのは、3度の脳出血によって脳の一部が壊れているのが、医者でもある著者自身である、ということである。

 医者なので、自分の脳のどの部位が破壊されているのか、ということは分かっている。しかし、分かっていないのは、そのことによって世界をどのように認識するようになってしまうのか、ということだったようだ。詳しくは本書に譲るが、例えば空間識を失ってしまうと階段の凹凸が、上りなのか下りなのかが分からなくなってしまう。これは非常な恐怖だ。なにしろ、階段を前にして、それが上りなのか下りなのか、判断するための基盤を失ってしまうのだから。

 そこで、この本を特徴付けている、二つ目の魅力が出てくる。それは、著者が「頑張らない」と言いつつ、類稀な努力で社会復帰し、リハビリ関係の仕事をされている、というそれこそ稀有な事実だ。この手の、医者が自分の病気を書くという本は、大体ガンになって初めて患者の立場が分かったとか、そういった「脳機能には問題が無い状態で」書かれる物である。そうなるのは、脳が壊れて書けなくなってしまう(書くための能力が失われる)ことに原因がある。なのに、かなり重篤なダメージを受けつつも、著者が自分のことを書いているところこそ、この本を一番面白いと感じさせるポイントがあるように思われる。そして、それだからこそ胸を打たれる。

 脳が破損するということがどういうことなのか。社会は果たして(一見普通の人と変わりの無い)脳の破損した人々に対してバリアフリーといえるのか。医療の現場はどうあるべきなのか。いろいろなメッセージがある。「医者の癖に」と聞こえよがしに悪し様に言われてしまう医療現場。もうこれ以上の改善は望めませんと医者に突き放される患者。そういった、辛い闘病を行いながらも報われない人々を、生み出してはいけないと思う。そういった点で、特に脳関係の医療従事者、リハビリ関係の仕事についている方、バリアフリーについて考えておられる方にとっては必読と言っても過言ではないように思う。

関連記事
スポンサーサイト
医学・脳・精神・心理 | 2004/04/30(金) 10:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

13冊目 13階段
13階段

高野 和明〔著〕

講談社 (2004.8)

\680

評価:☆☆☆☆☆

 13冊目の紹介になるので、十三階段でも紹介する。(今まで紹介してきた中で一番有名かも…)この本は、とある事情により入院していたときに、お見舞いに来てくださったとあるお方から頂いた本である(このときの話は別に書く予定)。なお、ネタバレはしませんのでご安心して読み進めてください。

 過失致死により、同年代の若者を殺してしまった受刑者が、模範囚として”娑婆”に出てきたところからストーリーは始まる。この受刑者こそが本書の主人公で、主人公のいた刑務所の刑務官が、ある仕事を依頼される。それは、老夫婦を殺害した容疑で死刑を宣告された男の、冤罪を晴らして欲しいというものであった。

 この死刑囚は、事件の日に事故を起こして頭部をぶつけたショックにより、事故前後の記憶が失われている。しかし、様々な状況証拠から彼が犯人であるという流れで裁判が進み、結局彼は「反省の色が認められない」(犯したかどうかも覚えていない事件に反省するというのも変な話だが)ということで死刑判決を受けてしまう。死刑囚は事故前に、一体なにをやっていたのか、それすらはっきりしないのに最高裁によって死刑は確定され、異議申し立てによってかろうじて刑の執行を免れているのだが、冤罪だとしたらそれを晴らすのに残された時間は少ない。

 そんな中、死刑囚にある記憶が蘇る。「事件前、真っ暗な中階段を死に物狂いで駆け上っていた」という、雲をも掴むようなものだ。たったこれだけの情報を助けに、冤罪を晴らさなければならない…

 そんな仕事に、刑務官は主人公を誘う。階段をなぜ駆け上っていたのか?事件は本当に冤罪なのか?事件の日、一体何が起こったのか?その謎を解く前に、”十三階段を登る”、つまり死刑が執行されてしまうのか?主人公が決して明かさない事件前の出来事はなんなのか?そして事件が進むに連れて、更なる謎が主人公と刑務官の前に立ちふさがる…。そして明かされる、事件の全貌…

 解決しなければならないタイムリミットがきっちり切られているため、非常に緊迫感がある。このストーリー自身も非常に面白いのであるが、その一方で本書が伝えようとしているのは、日本の刑務のあり方の是非である。このあたりはネタバレにならないので書いてしまうが、例えば死刑制度はどうあるべきなのか?廃止すべきか存続させるべきか?また、日本の異常な再犯率(約50%)であるとか、死刑と無期の間の落差が大きすぎる問題、死刑も成人が2人以上の故殺を犯したら自動的に死刑、未成年では4人以上で死刑が自動的に決まり、その間がボーダーであったり、といった問題の存在である。万人が納得のいく刑の体系を構築するのは困難であろうが、現在の日本がとっている教育刑思想は最早制度的疲労を迎えているのかも知れない。

 私自身犯罪被害者になったことがある(件の入院の件)訳であるし、非常に考えさせられながら読んだ。推理小説が好きなら、まずは読んでみるべし。なお、映画化もされたようであるが私は見ていないのでそちらに関しては何も言及しないことにする。
関連記事
推理小説 | 2004/04/25(日) 10:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。