カレンダー
02 | 2004/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

12冊目 残像に口紅を
残像に口紅を

筒井 康隆著

中央公論新社 (2002.12)

\780

評価:☆☆☆☆☆

 なんと、初の小説の紹介である。これまでマニアックなノンフィクションとか科学書を中心に書評(?)をお届けしてきたわけであるが、今回もやはりマニアックではある。

 この小説、なんと字がどんどん消えていってしまうのだ。と書かれても、なんのことやらさっぱり分からないと思うが、まさにその文字通りのことを行ってしまっているのであるから仕方ないのだ。文字が消える――それは、著者が使用できる文字が、ストーリーの進展に伴ってどんどん少なくなっていってしまうという、恐怖の現象なのである。例えば、この小説において一番最初に「あ」が消える。すると、その後この小説の中では「あ」という文字は一切出てこない。それに伴って、「朝」「あくび」「アヒル」「アンドロメダ大星雲」など、ありとあらゆる「あ」が使われるモノも消え去ってしまうのだ!

 そんな虚構の中で、主人公は何をできるのか。これがもうありとあらゆることをやってのけてしまうのだから、驚きである。主人公は小説家であり、同時に作者自身でもある。この小説は主人公が書いている、という体裁をとっているのだ。したがって主人公は小説家で、家族で食事に行き、仕事で鼎談を、公演を、更には情事まで行うという、それだけ取ったら如何にも普通の生活でありそうながら文字制限に引っかかって思うような行動がとれない。そのもどっかしさ。文字とともに消えていく存在の哀れさ。筒井の遊び心に思うがままに翻弄されながら、次にはどの文字が消えるのかな?消えたらストーリーはどうなるのかな?と胸を躍らせることができる、サスペンスや推理モノとはまた別の意味でドキドキできる小説である。

 こういった、著者の遊び心を愉しむのが好きな方には是非ともお勧めしたい一冊。遊び心を愉しめない方は、途中まででも読んでいただきたい。そこまでは遊び心をさっぴいてストーリーだけでも十分に楽しめるから。

 この手の遊び心小説としては、夏目漱石が気に入って紹介した、スターンの「トリストラム・シャンディ」(岩波文庫;絶版)が非常に面白い。古本屋などで探してみるのも一興かもしれない。この関係でちょっと調べてみたところによると『トリストラム・シャンディ』(研究社出版)はまだ手に入りそうだが、抄訳で全部は載っていないような雰囲気である。面白い本が失われていくのは残念。。。


2006.6.10追記。
 トリストラム・シャンディはいずれも絶版の模様。
関連記事
スポンサーサイト
その他小説 | 2004/03/24(水) 10:12 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

11冊目 記憶がウソをつく!
記憶がウソをつく!

養老 孟司著 / 古舘 伊知郎著

N/A (2002.10)

\1,500

評価:☆☆☆

 東大の教授を経て現在は北里大学大学院教授を務めている、と聞くと如何にも気難しそうな人を想像しがちであるが、そうでありながら一番楽しいのは虫を採っているときと答える、少年がそのまま大人になってしまった感もある養老猛司さんと天下のおしゃべり魔、古館伊知郎さんの対談。読んでいくと、脇道にそれていく古館VS脳に還元する養老といった感じを受けなくも無いが、お二人とも豊かな人生を歩まれているが故か多くのことを話し合っていて面白い。

 例えば、養老さんが全健忘になったとき、古館さんの記憶法ではF1の実況をやるときにはどうするのか、絶対音感と相対音感、などなど話題が次から次に現れて一通り盛り上がったらもう次の話題がやってくる。その転換の早さは対談ならではのものであろう。その話題話題できっちり脳に結びつくのと、話題の豊富さが面白いが、やはりちょっと突っ込み不足なのは物足りない。

 特に面白かったのが日本語を巡るやりとり。日本語にはルールが無いから習得が難しいというのは知らなかった。「美」を例に挙げていたのであるが、「美しい」だと「うつく」と読み、送り仮名がないと「び」と読む。「重」は「おも」だったり「じゅう」だったり「ちょう」だったりして、最終的にはパターン認識でどのパターンではどう読むかを判断しないといけない、と。それはルールが無いので外国人に説明すると怒り出す、というのは新鮮な感じである。脳障害が起こって失読症になると、日本人ではかなだけが読めなくなる人と漢字だけが読めなくなる人、というのがでるなど意外と日本語の特性を知っていなかったのであるなぁと思わされる。

 そんな感じで、とにかく方々に知的な刺激があるのだということを感じさせてくれる1冊。軽い読み物としては面白い。
関連記事
医学・脳・精神・心理 | 2004/03/10(水) 10:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

10冊目 真相はこれだ!
真相はこれだ!

祝 康成著

新潮社 (2004.3)


評価:☆☆

 昭和を騒がせた8つの事件、その真相に光を当てる。事件は様々な分野から集めてきただけのことはあり、そういった意味で様々な側面を思い起こすことができるかも知れないが、散漫な印象をぬぐうことはできない。また、300ページにも満たない本で8つの事件を追いかけるには紙面が足りない感を受けるのは否定できないのもある。しかし、それらの事件のざっくりした「粗筋」を知るには丁度良いかも知れない。で、気になる8つの事件であるが、以下のとおり。

1.美智子皇后「失声症」の真相
2.府中「3億円事件」で誤認逮捕された男の悲劇
3.丸山ワクチンはなぜ「認可」されなかったのか
4.美空ひばりが「紅白」から消えた日
5.発案者不明?!「成田空港」最大のミステリー
6.疑惑の「和田移殖」33年後の新証言
7.潜水艦「なだしお」東京湾衝突事件で隠されていた「無謀運転」
8.世紀の対決「猪木・アリ戦」の裏ルール

 斜線はあまりに興味が無いので読んでいない章。皇族にも美空ひばりにも格闘技(正確にはプロレスは基本的に八百長なので格闘技では無いのであるが)にも食指は動かないの。

 3億円事件は誤認逮捕された男のその後を追いながら、真犯人と思われる男をサイドストーリーとして織り込む構成。真犯人と思われる男は当時19歳で素行が悪く、疑われる余地が大いにあったのだが担当刑事が単独犯による犯行というストーリーにこだわったため失敗に終わった話であるとか、男の親が現職の警官だったりと相変わらず警察は身内に甘いなぁと思わされる話にオイオイ、と思わされる。(なお、この男は青酸カリで自殺)

 丸山ワクチンは、正直私としては疑わしいと思っている。が、臨床試験では効果があったとする結果が出ていたなど、意外な話もあり、大変興味深かった。癌を巡る状況は伏魔殿じみたところもあることを再確認。

 和田移殖については共同通信社社会部移植取材班編著の『凍れる心臓』で徹底した調査がなされているので、全く新味が無かった。これにこそ興味があったのにちと残念。まあ、和田が生きている人間を二人、虚栄心のために人体実験にかけて二人とも殺してしまったという事実を改めて確認できただけで良しとするか。本当に和田移殖の問題に興味があるなら、前述の『凍れる心臓』は必読である。

 で、成田空港の発案者である。これが不明というのはどう考えてもおかしい。読んで驚いた。発案者が不明なのは、なんと言うことは無い。責任を取って何かを進めようとする当然のリーダーシップが、それを持つべき人に欠けていた、という話であった。なにがどう欠けているのかは本書で確認してもらうにしても、何人も死者をだすことになるほど大きな事案を通そうとする者達のその無責任さには腹も立とうというものだ。責任の少なからぬ一端は土地収用反対運動を反政府運動と理解してコミットした左翼過激派団体にあることは疑い得ないのではあるが、それにしても情けない。リーダーは権限を持つ代わりに責任を取らなきゃならんのだ。その自覚が無いなら、責任者になってはいかん。

 なだしお事件は唖然とさせられる。ハワイ沖の事故に近い、本当に無責任で腹立たしい。なだしおが恐らく一方的に悪いのに対し、衝突された船の船長は・・・
 悲劇を繰り返さないためには、徹底した調査とそれに基づく対策が必要なのだ。そして、決して忘れてはいけないのは、情報は秘匿したら死んでしまう、ということだ。秘匿してしまえば、また、きっと、事件は起こる。なにがどう悲惨なのかは本書に当たってみて欲しい。

 興味ない話題が多かったので辛目の評価ではあるが、それぞれよくまとまっているのと章立てが短いので時間が余り無い時に読むぶんには楽しめるかもしれない。
関連記事
ノンフィクション | 2004/03/08(月) 18:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

9冊目 八甲田山から還ってきた男
八甲田山から還ってきた男

高木 勉著

文芸春秋 (1990.2)


評価:☆☆☆

 1902年1月、行李輸送演習を行うため1泊2日の予定で八甲田山を目指した歩兵第五連隊210名は、日本史上屈指の悪天候の中道に迷い、遭難、199名の犠牲を出した。山中にて193名が死亡し、6明は救助後病院で死亡。この6名のうちには指揮官であった山口少佐も含まれていた(一説に責任を取っての自殺といわれるが、凍傷にかかった状態で自らを撃つことができるか疑問も呈されている)。後に”死の彷徨”として有名となったこの事件のことをご存知の方も多いであろう。概要は毎日新聞内の「八甲田山死の行軍」ページから追える。

 これと同じ時期、福島泰蔵大尉率いる38名が八甲田山に入っていた。こちらは9泊10日の日程で雪中行軍の実施に必要な情報集め等、軍事的な情報収集を目的とした一隊であった。そして、悪天候に幾度かの危機を迎えながらも38名全員が目的地に達する、という偉業を成し遂げる。当初の予定よりも日数こそかかり、また全員に凍傷や極度の疲労などが見られながらも命に別状のあるものは居なかった。この差は、どこから出たのであろうか。

 ちょっと調べただけでも両隊には多くの差があったことが分かる。それは指揮であったり、計画性であったりするが、やはり指揮官の統率力、というのも無視することはできない。本書は福島大尉の甥にあたる著者だからこそ目にし得た福島の遺稿を駆使しつつ、福島の一生を追いかける。そのあたり、八甲田山の遭難事件にのみ興味を持つ人には物足りなく思えるかもしれない。しかし、なぜ故に福島隊が全く被害を出さずに生還できたのか、ということを知りたいのであれば彼の生涯を追いかけるのは非常に重要なことである、ということが実感させられる。

 本書によると、福島は稀に見る勉強家であり、知識倒れに終わることなく用意周到、あらゆる点に気を配っていたことが分かる。福島の訓示は以下のように具体的かつ多岐に渡るものであった。


 河川を渡るときは、はだしで渡り、渡りおえてから水分をよく拭きとり、靴下を穿くこと。濡れた足のまま靴を穿いてはならない。
 凍って寒さの厳しい折、雪中で睡眠すると凍死する恐れがある。それで、小休止のおりの睡眠を禁止する。
 多量の雪を食べたり、氷を咬んだりして、胃を冷やしてはならない。
 放尿の後は釦はもちろん、褌、袴下で陰部を十分につつむこと。これは決して忘れてはならない。

(同書p16-18から該当箇所のごく一部を抜書き)


 この本を読むと、福島がどれだけ”万が一”に備えて準備を行ったかが実によく伝わってくる。そして、山口隊と比較して考えざるを得なくなる。山口隊はなぜ失敗したのか。福島隊はなぜ成功したのか。その判断は各々考えるべきであろう。そして、危機管理というものがどのようにあるべきなのか、ということも注目すべきなのではなかろうか。

 本書の半分ほどは福島の生涯に光を当てている。幼少時代から、日露戦争への出征、そして戦死までを事細かにしるしているのではあるが、親族であるがゆえの贔屓目(ひいきめ)が感じられてそれはそれで微笑ましくはあるが、一部割り引いて考えなければならない点も多いように思われた。それでも、気骨にとみ、度量が深く、実直で反骨精神に溢れていたことは実によく分かる。それがあったからこそ、過酷な雪中行軍において自分だけではなく部下も救われたのではなかろうか。

 本書は絶版のようであり、手に入れるのは難しいかもしれない。もし八甲田山の遭難事件に興味が沸いたのであれば、新田 次郎著の『八甲田山死の彷徨』を参考にするのが一番手っ取り早いのでは?(ただし、こちらは事実を基にしたフィクション。また、未読のため堂々とはお勧めできないのであるが・・・)

関連記事
ノンフィクション | 2004/03/06(土) 18:05 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

8冊目 国産ロケットはなぜ墜ちるのか
国産ロケットはなぜ墜ちるのか

松浦 晋也著

日経BP社 (2004.2)


評価:☆☆☆☆☆

 2003年11月29日に打ち上げられたH-II型ロケットは、発射後10数分後、機体の異状によってミッションを実行する目処が立たなくなり、空中で爆破された。純国産ロケットとして実績を積まなければならない時期に起こった事故であったこと、お祭り好きのマスコミに散々叩かれたことなどから記憶に残っている方も多いのではなかろうか。この事故については色々なことが明らかにされており、JAXAでもサイト内で説明するページを設けたりと様々な情報を得ることができる。

 しかし、見つかるのは技術的説明を中心とした真相解明であって、それだけでは日本の「ロケット開発の体制」の問題は分からない。

 敢えて言ってしまえば、宇宙開発において事故など当たり前に起こることである。ロケット開発の初期において、失敗はむしろ避けられず、失敗を防ぐためにどれほど事前に準備したか、また事故が起こった場合に備えられてきたか、が問題となる。宇宙開発では死者も決して少なくない。スプートニク2号に乗って初めて宇宙に旅立ったクドリャフカは、ロケット内の温度制御に失敗したことにより死亡している。もっとも、クドリャフカは犬であるのだが。人間では、例えばアポロ1号は地上での実験中火災が発生し、アメリカ人初の宇宙遊泳者であるエド・ホワイト、ロジャー・チャフィー、そして船長であったガス・グリソムの3名は焼死。その3ヵ月後にはソ連で悲劇が起こる。コマロフ飛行士を乗せたソユーズ1号は電子機器が働かなくなり、コマロフは宇宙空間から妻と最後の言葉を交わすこととなる。アポロ13号は事故に耐えつつも無事帰還したが一歩間違えばどうなったか。そして、スペースシャトル、チャレンジャーとコロンビアの事故では14名の死者が出ている。

 宇宙を目指す、というのはそれだけ過酷な冒険なのである。その過酷な冒険に、無人機ではありながら実績ある他国技術ではなく自国の技術で乗り出した日本に、実は腰の座った思想が存在していない、ということにこそ悲劇の本質がある、と本書は指摘する。確固たる意思の無さが予算の無さを生み、それは安全性確保や技術者の技量低下を招いていると著者は一々例を挙げて説明する。読むと日本の宇宙開発を主導する政治、行政のあまりのいい加減さに腹が立ってくるほどだ。

 なかでも、理工系の教養の欠如こそが政治、行政の問題であることを指摘されていることはとても重要であると思う。私もかねがね「科学技術庁の長官が文系出身者で占められているのは異状である」と主張し続けてきたが、その弊害がここまで来ているとは思わなかった。理系のセンス、それは何も数式と毎日取っ組み合いをしなければ身につかないというものではない。もし仮に、日本を技術大国としたいのであるのならば、”理科を知らないのはすなわち無教養として恥じる”くらいにならなければならない。そして、資源の無い日本はそういう道を歩まざるを得ないように思われる。なのに、高級取りが文系出身者で占められているという事態はそれ自体が問題であると言える(勿論、金銭がすなわち個人としての豊かな人生を保障するものではないことは明白であるが)。

 予算にしても理系のセンスにしても、改善しないことには必ずや次の事故は起こる。それも、決して遠くないうちに。事故は起こるものであるから、そこから学ぶことができるなら良いかもしれないが、しかし適切な手を打っておけば予防できた事故を起こすことに、意味は無い。改善までに残された時間はあまりないように思われる。

 宇宙開発に少しでも興味のある方は、是非読むことをお勧めしたい。なお、事故についての記述などは月をめざした二人の科学者  アポロとスプートニクの軌跡(的川 泰宣/中央公論新社)を参考にした。この本も大変面白いので、一読をお勧めする。

関連記事
技術 | 2004/03/02(火) 18:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。