カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1651冊目 アジモフ博士の聖書を科学する
アジモフ博士の聖書を科学する (1983年) -
アジモフ博士の聖書を科学する (1983年) -

評価:☆☆☆☆


 ロシア系ユダヤ人として生まれ、幼少の頃から才気煥発だったアイザック・アシモフ。合理的な思考を愛し、不合理を憎んだ彼が、不合理の塊のような聖書を取り上げたら、実に面白いことになりそうだ。予想は裏切られなかった。

 取り上げるのは、天地創造について。創世記には由来を別にする2つの系統があり、それらを適当にちゃんぽんして書かれているために矛盾や重複が多い。それらをきちんと解説しながら、天地創造のどこが現代科学の語る世界の成り立ちと共通で、どこが異なるかを語っている。

 ユダヤ人の信仰はもともと多神教だったこと、のちのバビロン捕囚の影響を受けていることも取り上げられているので、信仰もまた歴史的な所産であることが感じられる。

 アダムとイブに知恵をつけたヘビが神に呪われ、腹這いで生きろと命じられるところで、ヘビが7500万年前には生まれていたことを解説するあたりに博識を持って鳴るアシモフらしいと思わされる。他には、カインとアベルの物語。神は穀物を捧げられるよりも肉を捧げられる方を喜ぶが、この時にはまだ人類に肉食は許していなかったという。神は自分だけ肉を食ってたのかといった皮肉が交るところが楽しい。

 改めて、旧約聖書の創世記は事実か事実ではないかの問題では、圧倒的に事実ではないことが目立つ。当然だろう。これは神話だから。誰もギリシア神話が歴史的事実をありのままに書いたものだと言わないのと同じことだ。だから、ウソだと一刀両断するのもまた間違いであろう。

 私としては、聖書にかこつけてアシモフの博学を楽しむのが楽しい読み方だと思う。
スポンサーサイト
ノンフィクション | 2015/05/29(金) 23:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1632冊目 宗教を生みだす本能 ―進化論からみたヒトと信仰
宗教を生みだす本能 ―進化論からみたヒトと信仰宗教を生みだす本能 ―進化論からみたヒトと信仰
(2011/04/22)
ニコラス・ウェイド

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 刺激的なタイトルである。宗教を生みだす本能など、あるのだろうか?どうしてそのようなものが成立しうるのだろうか?

 思い出すのは、『脳のなかの幽霊』で紹介されていた話。人の側頭葉を刺激すると、神との一体感のように強烈な陶酔感を得ることがあるという。あるいは、臨死体験においても、神を感じる事例がある。

 これらは神の存在を意味するのか?否。そうではない。しかし、人が神を感じやすいようになっているとは言えるかもしれない。

 本書は、信仰の立場にも無神論の立場にも立たずに、宗教はどのようなもので、どうして存在するのかを論じている。その答えは、人間社会を継続させるのに宗教は不可欠だったから、である。宗教が人々を強烈に結びつけるため、宗教を持つ社会と持たない社会では後者が圧倒的に不利で、それ故に前者が後者を滅ぼしてしまったのだろう、と説く。

 ジャレド・ダイアモンドの『昨日までの世界―文明の源流と人類の未来』を読むと、そうした主張も無理がないように思えてしまう。なにしろ、文明化する前の社会では他部族との戦争状態が当たり前で、戦争による死亡率は年間1%を超えるともいうのだ。

 著者は様々な事例を取り上げながら、宗教が社会をまとめあげてきたことを示していく。確かに、神の有無では違いはあれど、あらゆる社会が宗教的なものを持っている。例えば儒教や仏教は神を前提とはしていないが、宗教的だ。

 本書に従うと、ローマがキリスト教を取り入れたのも、巨大になった帝国を1つにまとめあげる価値観としてキリスト教が便利だったから、ということになる。それまでの土着の宗教では、帝国内で宗教の異なる幾つもの集団が出来てしまうため、不都合だったというのだ。

 ただ、私としては、宗教はそれ自体を生みだす遺伝子を持っているわけではないと思う。神を感じることも同じ。それらはいずれも人が生き抜くために必要な機能の、意図しない副次的な効果であると思う。本書においても、ドーキンスやスティーブン・ピンカーがそうした立場を取ると指摘している通り、私も同じ立場だ。おそらく、原因があって結果があるという考えの行き着く先として、原因の分からないことへ宗教的な理由付けをしたものと思う。

 議論を呼ぶテーマで、取り上げる事例はとても多く、かつ面白い。宗教がどのようなものかを客観的に知りたい人には参考になる点が多いと思う。



関連書籍:
脳のなかの幽霊 (角川文庫)脳のなかの幽霊 (角川文庫)
(2011/03/25)
V・S・ラマチャンドラン、サンドラ・ブレイクスリー 他

商品詳細を見る


昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来昨日までの世界(上)―文明の源流と人類の未来
(2013/02/26)
ジャレド・ダイアモンド

商品詳細を見る

ノンフィクション | 2015/03/15(日) 17:41 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1591冊目 空き家問題
空き家問題 (祥伝社新書)空き家問題 (祥伝社新書)
(2014/07/01)
牧野知弘

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


(略)どうもこの空き家問題は、確かに一部は「変わり者」のなせる業であっても、多くは日本社会の構造変革の影響が色濃く出ているように感じられます。「売れない」から流動化できない、「貸せない」から活用できない、そして「解体」したら税金負担に耐えられない、だからそのまま放置されているのです。
(p.161より)


 空き家問題について、著者はこう喝破する。この結論に辿り着くまで、著者は丁寧に数字を用いて、今の日本に何が起こっているのかを説いている。戦慄すべき事実が次々に晒される様に、正直にいって恐ろしさを感じたほどだ。

 なぜ、空き家問題が"構造変革の影響"なのか?それは、急速に進む高齢化と人口減が背景にあるから、である。これによって、土地に価値があるとしてきた日本的な不動産の業態は、むしろ土地が負債になるという変化を抱えてしまうのだ。

 土地を活用する人が居なくなれば誰も投資などしなくなるから、また、土地開発や建設に従事する人が居なくなるから、でもある。つまり、日本という国家が、既に斜陽国家へ向かって転落していっているのだ。本書が空き家問題を通して訴えているのは、まさにそのこと。日本にはもう待ったなしの問題がそびえ立っており、それを無視していては近い将来に破滅的な終局がやってくる、ということだ。

 構造改革やら何やらで貧富の差は広がり、少なからぬ若者が結婚して家庭を築くことすらできないようになっている。また、労働者不足は女性の社会進出を必要とし、それは女性一人あたりの出生率を押し下げる。このような人口減に加えて、移民には強固に反対する人々がいる。では、子供が激減して老人だらけになって、海外から労働力を移入もしないで、どうやって国を保つのか?はっきり言ってしまえば、そんなムシの良い話など存在しないのである。

 今後は医療も不足し、人口減によって地方自治体は壊滅を余儀なくされることが明らかとなっていることを、本書は示している。私のようなアラフォー世代は辛うじて破綻前に死ねるだろうが、子どもたちの世代は悲惨なことになりそうな気がしてきた。終盤で著者が考える処方箋についても書かれているのがせめてもの救いである。

 これからの日本が抱える問題の在処を理解するにはもってこいの一冊。
ノンフィクション | 2014/12/03(水) 21:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1588冊目 気になる科学 (調べて、悩んで、考える)
気になる科学 (調べて、悩んで、考える)気になる科学 (調べて、悩んで、考える)
(2012/12/21)
元村有希子

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 毎日新聞の科学部記者元村有希子さんによるコラム集。科学部にいるのに、ご本人は学生時代理系科目には全然関心を持てなかった、という。それなのに、何の因果か科学部に回されてしまったというのが、いかにも文系偏重の新聞社らしい(苦笑)。まあ、理系出身者の方が生涯賃金が低いという、技術立国を自称するにはお粗末かつ恥ずべき状況にあるので、これは毎日新聞だけの悪弊ではないだろうが。

 閑話休題、本書は上述の通り科学報道の記事を集めたものではなく、コラム集である。そのため、はっきり言ってしまえば、深く掘り下げられていない、レベルの低い話題が多いのも事実だ。一方で、科学報道に携わるジャーナリストが何を考えて仕事をしているのか、あるいは、記事にはならねども取材の現場で起こる面白いことを、自由に書いているので、構えずに読めるのは良い。

 職業柄、また、ご本人の関心の向きから、東日本大震災と福島原発事故に関する記事が多い。確かに、原発は使わなくて済むのであればそれに越したことはない。しかし、原発の代替技術も全てノーリスクではないのだ。火力などは多数の死者を生むのが確実視されていて、福島原発事故が起こっても放射線障害による死者は統計上無視できるとされるのとは大きな違いがある。そういう冷静な取材は無いのだろうか?

 面白かったのは、科学者とのふれあいについて。iPS細胞の発見でノーベル賞を受賞した山中教授。彼の持ちネタは自らの髪の薄さを、iPS細胞の技術を使えば解消できるかもしれないというもので、記者は笑っていいのか悪いのか悩むという。流石は関西人、そこは笑ってあげましょう(笑)

 また、最後に『性転換する魚たち』からの引用の形で、ファインディング・ニモが実は物凄い話であることに触れられている。笑いなしでは読めないと思われるので、是非こっそりと読んで頂きたい。私はこの本を読みたいリストに入れておきました。

 こんな感じで、本当に気軽に読めるので、軽い読み物としてもどうぞ。
ノンフィクション | 2014/11/29(土) 21:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1586冊目 ダイオウイカ、奇跡の遭遇
ダイオウイカ、奇跡の遭遇ダイオウイカ、奇跡の遭遇
(2013/10/18)
窪寺 恒己

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 子供の頃、深海を扱った本でマッコウクジラとダイオウイカが戦っている挿絵を見た記憶がある。あれは何の本だったか。今にして思えば、あれは戦いなどではなくて食われかけているダイオウイカの必死のあがきだったわけだけど。

 見てきたようなシーンであるが、実はこの決定的なシーンを目にした人類は、存在しない。映像すら無い。では、それは想像の産物なのかというと、そうでもないのが面白いところ。マッコウクジラは哺乳類の宿命として肺呼吸を行わなければならないため、水面に浮上する。畢竟、人の目に触れるチャンスがある。そうして人目に触れた彼らの顔に、巨大な吸盤の跡があることから、深海に於ける戦いが想像されるのだ。

 彼らが捕食されるシーンについて述べたが、実は、ダイオウイカが自然界で生きている姿を捕らえたことはほぼ皆無であった。光のほとんど届かないことに加えて猛烈な水圧がかかることを考えれば不思議ではないかもしれない。だからこそ、研究者たちはいつかその姿を拝みたいと知恵を振り絞ってきた。

 序において、ダイオウイカの生息数を試算しているのだが、その数たるや数十億に上るというのには心底驚いた。触腕を入れれば10メートルを超える(最大の記録は18メートルとも言われる!)巨大イカが、数十億も深海に棲んでいるとは!これだけ沢山のダイオウイカが生息しているからには、映像に収めることは不可能ではない!

 著者は、2004年に世界で初めてダイオウイカの生きた姿を写真に捉えることに成功した科学者である。そして、2012年、NHKとディスカバリーチャンネルが出資するプロジェクトにおいて、遂に彼らの生態映像をビデオに捉えることに成功した。その成果が実った時のことを興奮とともに記しているのが本書である。

 プロジェクトが動き出すまで、多くの国の科学者たちの、知恵を振り絞っての作戦立案、そして深海へ向かう旅。どれも、冒険記のような興奮に溢れている。本当に好きでやっているのだなあと思わされて、こちらにもその興奮が伝わってくるのが良い。ダイオウイカの撮影に成功したところではこちらまで嬉しくなってしまった。

 また、深海に向かう旅については、以前に読んだ『深海のパイロット』を思い出した。本書でも、研究者と運用者がしばしば意見を戦わせたとあるが、深海探査の難しさについてはほぼ触れられていないので、興味がある方はこちらを参照してみて欲しい。

 ダイオウイカの姿を捉えたとは言っても、まだまだ研究は途についたばかりである。まだまだダイオウイカの生態は分かっていないことばかり。今後の研究が愉しみだ。

 後半は、著者の研究生活について書かれている。研究者、特に水産学の分野で研究を行うとはどのようなことなのかが分かるので、進路として考えている方には参考になるだろうし、そうではない人は苦労話にしながら読めると思う。正直、クジラの胃の内容物調査で、消化中のものの匂いが凄まじいなんていう記述に"うへぇ"と思いながら読んだのは事実だ。そう感じつつも、面白そうと思ったのも事実だが。深海に生きる生物の謎に興味を持たせてくれるのが嬉しい一冊だ。


関連書籍:
深海のパイロット (光文社新書)深海のパイロット (光文社新書)
(2003/07/17)
藤崎 慎吾、田代 省三 他

商品詳細を見る

ノンフィクション | 2014/11/26(水) 22:25 | Trackback:(0) | Comments:(2)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。