カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1664冊目 地中海 (地域からの世界史)
地中海 (地域からの世界史) -
地中海 (地域からの世界史) -

評価:☆☆☆


 今の国境線と各々の国の文化を考えると、ヨーロッパとアフリカ、そして中東は別の文化圏のようにも見える。強いて言えば、中東とアフリカにはイスラームという共通項があるくらいか。

 しかし、歴史的に見れば、地中海を挟んでヨーロッパ、アジア、アフリカは深く結びついていた。アレクサンドロスの帝国が、あるいはローマの支配地域が重なるのは偶然ではない。そこは、外国とは思われていたが、1つの世界であったのだ。

 本書は、この広い地域を1つのまとまりと捉え、歴史の流れを追いかけている。メソポタミア、エジプト、ギリシア、ペルシア。そうした地域はアレクサンドロスの帝国に飲み込まれ、ローマの支配するところになる。イスラームが興ってからは、十字軍とアラブの攻防があったり、スペイン側からのイスラームの侵入があったりと、やはり地中海を1つにまとめて考えたほうが歴史を理解しやすくなると感じさせられた。

 こうした地理的な連続性があるから、ギリシアの知はイスラムが保存し、ルネッサンスとして花開く土台を作ったのだろう。

 欲張りなことに、スエズ動乱のような現代史まで取り上げているので、駆け足で数千年の歴史を駆け抜けていることになる。詳細を知ることには向いていないが、視点を変えることには十分に役立つことだろう。


スポンサーサイト
その他歴史 | 2015/07/09(木) 19:11 | Trackback:(0) | Comments:(1)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1662冊目 多神教と一神教―古代地中海世界の宗教ドラマ
多神教と一神教―古代地中海世界の宗教ドラマ (岩波新書) -
多神教と一神教―古代地中海世界の宗教ドラマ (岩波新書) -

評価:☆☆☆


 古代地中海世界には様々な神話が花開いた。文明発祥の地たるメソポタミアでは多神教が、エジプトでは多神教を経て史上初の一神教が、中東ではユダヤ人によって徹底した一神教が生まれては発展していった。広く知られているギリシア神話もその1つだ。地中海世界を支配したローマには大した文化はなく、神話もギリシアのものを持ってきて、神の名前だけ変えてしまった。ローマの主神ユピテルはギリシア神話のゼウス、というように。

 新書サイズ1冊なので、それぞれの神話の詳細まで踏み込むことはできていないのは当然なので、そうしたことに興味がある方は別の本を当たるべきであろう。

 本書ではむしろ、地中海世界に共通する話題から文化的な交流を感じたり、多神教の中からどのようにして一神教が生まれどうやって発展していったかを知るのに向いているといえる。

 ギリシア神話をご存じであっても、メソポタミアの神話やエジプトの神話はご存じない、という方は多いだろうから、こうやってメソポタミアと明らかに性格の共通する神々がギリシアでも活躍していたことを見るのは楽しいだろうと思う。

 多神教と一神教を対立軸として捉えたり、発展段階と考えたりしていないところも好感が持てる。

 神話に興味がある方は、一歩引いたところから眺めるこうした本で概要を知るのも良いだろう。また、宗教が何のために社会に要請されるのか、といった点からの話題もある。なので、宗教について冷静に考えるのにも役に立ちそうだ。
その他歴史 | 2015/07/04(土) 19:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1660冊目 歴史の中の『新約聖書』
歴史の中の『新約聖書』 (ちくま新書) -
歴史の中の『新約聖書』 (ちくま新書) -

評価:☆☆☆


 旧約聖書がバビロン捕囚やプトレマイオス朝エジプトの図書館で長い時間をかけて生まれたように、新約聖書もまた長い時間をかけて完成したものである。ナザレのイエスは、自身の教えを文書にして残さなかった。本書では敢えてそうしたのではないかと推測しているが、識字率数%の時代に、地方出身の貧しい大工が文字を読み書きできたと考える方が無理がある(例えばシャルルマーニュですら文盲だった)。

 おまけに、イエス死後の60年代にユダヤ人はローマの支配に対して反旗を翻し、エルサレムが徹底的に破壊されるといったことが起こる。

 福音書は全てこのユダヤ大反乱の後に書かれたものである。しかも、ヘブライ語ではなくギリシア語で書かれたもの。つまり、彼らが想定する読者は、エルサレムを逐われたユダヤ人ではなく、ローマの人々だった。その過程で、ユダヤ人相手にのみ意味があったイエスの教えは世界宗教へと変わっていくのである。

 本書はこのあたりの歴史を踏まえながら、新約聖書がどのようなものかを説いている。

 著者はストラスブール大学でプロテスタント神学部の博士課程を修了しているので、聖書研究について述べるのであればこれ以上適した人は居ないだろう。で、そういう人は往々にして、新約聖書の無謬性、絶対性を信じていない。著者も、所謂正統的な教えに対して、論理的に無理があるのではないかとツッコミを入れているところがあって、読んでいて面白い。福音書間で見られる差が何を意味するのかについても解説してくれているので、聖書を俯瞰的に眺めるようにさせてくれてもいる。

 こうしたことから、新約聖書を一歩離れたところから知るにはうってつけであろう。色々と勉強になった。
その他歴史 | 2015/06/25(木) 21:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1659冊目 ヘロドトスとトゥキュディデス―歴史学の始まり
ヘロドトスとトゥキュディデス―歴史学の始まり (historia) -
ヘロドトスとトゥキュディデス―歴史学の始まり (historia) -

評価:☆☆☆


 前5世紀に、ペルシア戦争の記録を中心に聞き知ったことを全て著作にまとめあげたヘロドトス。ローマの政治家カトーが彼を歴史の父と呼んだのは無理もない。尚、中国においては史記を著した司馬遷が祖と言えるだろうが、ヘロドトスは司馬遷に先んじること300年以上にもなる。

 ヘロドトスより一世代ほど後に生まれたのが、トゥキュディデスである。彼はペルシア戦争後に、アテナイが強大化したことに対抗するスパルタ(その背後にはペルシアの存在があった)とその同盟国の間で戦われたペロポネソス戦争に従軍し、目的を達成できなかったことで追放刑に処されている。彼もまた、亡命者として自分も参加したペロポネソス戦争を書いている。

 彼らが本を書いた頃、まだ歴史学という概念そのものがなかったのだから、今日的な意味合いで彼らが歴史を書いたとはとても言えない。特にヘロドトスは荒唐無稽と思えるような話であっても、彼が見聞したことでさえあれば採用している。一方、トゥキュディデスは信頼の置ける資料にのみ準拠し、事実を厳しく峻別している。こうしてみると、トゥキュディデスの方が歴史というのに相応しいだろう。とはいえ、それでは同時代史しか書き得ない。

 我々が今、ペルシア戦争やペロポネソス戦争について知ることができるのは、彼らのおかげである。エジプトやペルシアの歴史についても同じ。その上で、彼らの著作を読む際にはどのようなことに注意が必要か、また、なぜそうした注意が必要なのかを教えてくれる店でありがたい本。
その他歴史 | 2015/06/22(月) 19:14 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1658冊目 ギリシア文明とはなにか
ギリシア文明とはなにか (講談社選書メチエ) -
ギリシア文明とはなにか (講談社選書メチエ) -

評価:☆☆☆


 現代文明が遡ればギリシア文明に行き着くことから、ギリシアは古代史でも中核的な位置付けで教えられた記憶がある。ポリスでは民主主義が発達していたし、アレクサンドリアの大図書館では数学が発達した。ソクラテス、プラトン、そして天才以外の形容が相応しくないアリストテレス、ユークリッドといった人々が綺羅星のごとき活躍をした時代だ。学問としての歴史にしても、ヘロドトスやトゥキディデスといった才人が活躍している。

 そのギリシアが最も輝いたのが大国ペルシアの侵攻を退けたペルシア戦争であろう。マラソンの語源ともなったマラトンの戦い、テルモピュライの隘路で命を賭して戦ったスパルタ王レオニダス、そして戦いの帰趨を決定付けたサラミスの海戦。こうして見ると、ギリシア文明が古代史における最先端地域に見えてくる。

 しかし、著者に言わせると、それは誤りである。国力としてみれば、ペルシアはギリシアを圧倒していた。都市間で合従連衡していたギリシアに対し、ペルシアは大帝国だった。しかも、ギリシアは土地も痩せ、産物もろくにない。先進国ペルシアVS後進国ギリシアの構図だ、という。

 論理からすると頷ける。ただ、それではどうしてペルシアが敗北を喫したのかということが問題になろう。本書では明確な答えを出していないが、『戦争の科学』では、その答えを青銅製の防具に求めている。他の本を眺めてみても、ペルシア兵が軽装だったことは間違いない。こうした、技術的な差が戦争の帰趨に大きな影響を与えたのは間違いないだろう。

 ギリシアの圧倒的な不利は、しかしアレクサンドロスの時代に大逆転を迎える。本書は、アレクサンドロスの時代は何だったのか、そしてローマによるギリシア支配は何だったのかを眺めている。

 上述の、科学や技術に大きな足跡を残した人々についての記載が少ないこと、通史として書かれているわけではないことがやや残念ではあるが、ギリシア文明の大まかな姿を知った上で、本当はこうだったのではないかという仮説を楽しむには良さそうだ。


関連書籍:
戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史 -
戦争の科学―古代投石器からハイテク・軍事革命にいたる兵器と戦争の歴史 -
その他歴史 | 2015/06/19(金) 23:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。