カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1603冊目 「超常現象」を本気で科学する
「超常現象」を本気で科学する (新潮新書)「超常現象」を本気で科学する (新潮新書)
(2014/05/16)
石川 幹人

商品詳細を見る


評価:☆☆☆


 幽霊なんて居るわけがない。超能力だってあるわけがない。そんな、非科学的なもの。こうした切り捨て方は、実は大変に非科学的なものだ。確かに、今の科学は幽霊や超能力、生まれ変わりについて認めていない。あるとする事例は疑わしく、メカニズムに至っては想像すらできないのだから無理は無い。

 しかし、メカニズムがわからないことを信じるのは、必ずしも非科学的というわけではないのである。例えばウェゲナーの大陸移動説。メカニズムが思い浮かばないから、大陸が移動すると唱えたウェゲナーは嘲笑された。今となっていれば、間違っていたのは批判者だったと分かる。だから、どれほどメカニズムが不明であっても、今の科学理論では説明できなくとも、不可思議な現象が起こればそれは真実なのだ。

 もっとも、トンでもない主張にはトンでもない証拠が必要である。だから、こうした超常現象を研究する際には眉に大量のツバを付けておくべきだと言えよう。その上で超常現象を探るのであれば、それはしっかり科学足りうる。

 さて、こうした観点から本書を眺めると、冷静であろうとしながらやや超常現象に擁護的かな、というのが結論である。

 順を追って見ていこう。まず、本書は"幽霊の存在が科学的に支持されたことはありません"と述べ、続いて"一方で、現代の科学では説明しきれない超常的な現象が確認されていることもたしかなのです"と語る。何か尋常ならざるものがあれば直ちに幽霊のしわざだ!と飛びつくわけではないところは好感が持てよう。こうした立場を象徴するものとして、著者は「はん幽霊論」へ読者を誘う。「はん」に当て嵌まるのは、ある時は「反」であり、またある時には「半」であり、そして「汎」でもある。

 はっきりと誤りだという幽霊論には反であり、不可思議な現象があることを認める時には半であり、幽霊がいるかどうかは別に超常現象があるなら汎である、という、幅を持った立場だ。これがどこか一つに偏ると、オカルティストになってしまったり、誤った懐疑論者、つまりは否定論者に堕してしまう。

 まず、幽霊がいると簡単に結論付けてしまうようなオカルト番組への批判があるのは嬉しいところ。人は一定のパターンを顔と認識するのだから、何か顔っぽいパターンを幽霊だとしてしまう誤りは犯しやすいものである。ツキやスランプについても、そう錯覚してしまうメカニズムを簡単に説明してくれるのはありがたい。

 一方で、「半」の部ではちょっと甘さが感じられる。

 例えばガンツフェルト実験について。この実験によって、本来なら知覚できないはずのことを被験者が当てた確率が、統計的に偶然よりも有意に高かった(ただし、通常25%のものが32%と少々高いというレベル)と紹介されている。その上で、実用上は役に立たないが、創造性といった点からは活用できるかもしれない、としている。しかしながら、それへの批判を見ると、実際には被験者が正答率を高くできる余地があったとあり、現在ではこれが超常現象の存在する証拠にはならない、とされている。

 本気で科学するのであれば、最新の研究にも目を通しておいた方が良いと思う。そうでなければ、自説に不利なことは書かないと思われてしまい、著者が損をするのではなかろうか。

 "幽霊は居るのか居ないのか"あるいは、"超能力はあるのかないのか"の議論は不毛だと訴えている「汎」の部は、だいぶ怪しい。ちょっと我田引水に過ぎる気がする。無意識の重要さは説かれても良いように思うが、それと超常現象を結びつけるのは強引かな。

 怪しげなところがあるのは間違いないが、一方で超常現象を調べているからといって必ずしもオカルトとは限らないことを説いているのは、多様な視点を与えてくれる点から望ましくもあろう。外国では、本当に真面目に幽霊の存在(あるいは非存在)を示そうと研究が行われている。中には、ゴチゴチの否定派から肯定論者へ変わった人も居るくらいで、今の科学の視点では胡散臭そうに思えても、そこに何らかの正しさがある可能性はあるのだ。

 私はこうした試みは失敗に終わる、つまり、何時まで経っても幽霊や超能力の存在は証明できない(不在の証明は原理的に不可能である)と思っている。本書で述べている、超常現象も怪しいと思っているのは事実だ。しかし、こうした研究が真面目に行われることへは反対しない。そして、私の予想に反して超常現象が間違いない事実で、メカニズムが明らかになったというニュースがあれば、それはそれで楽しみたいと思っている。それは、科学の対象となる世界が広がることだから。

 というわけで、この分野の発展を、付かず離れずくらいで見守っていこうかと思う。
スポンサーサイト
反疑似科学・反オカルト | 2014/12/18(木) 19:50 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1507冊目 なぜ疑似科学を信じるのか: 思い込みが生みだすニセの科学
なぜ疑似科学を信じるのか: 思い込みが生みだすニセの科学 (DOJIN選書)なぜ疑似科学を信じるのか: 思い込みが生みだすニセの科学 (DOJIN選書)
(2012/10/19)
菊池 聡

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 疑似科学に囚われる人は少なくない。阿呆な助産師がホメオパシーにハマって新生児にビタミンKを与えず殺害してしまう事件は極端な例かもしれぬが、情報番組を名乗る番組ではなんちゃら占いでランキングを付ける。実は同じレベルで愚かだ。民主主義社会にあっては国民のレベルに相応しい番組しか作られることはないので、それを見れば日本人がいかに愚かであるか分かろうというものだ。

 本書は、人はどうしてこうした不合理を信じてしまうのか、を説明しているものである。ホメオパシー、血液型差別(本書では血液型性格学と呼称している)、精神分析といった具体例があるので分かりやすいところが特徴。

 某メリケン国では元大統領のご婦人が占星術にハマって、おかげで政策にまでその影響があった可能性が指摘される。しかし、この占星術、科学の手法で正しさを証明しようと何度も挑戦しようとしている。一方の血液型差別は、そんなアプローチをやらない。○○氏は☓型で予想に合うとやるばかりだ。勿論、予想と合致しない△△氏は取り上げないのだから、そんなものは科学ではない。

 この手の本としては、非科学的な概念を列挙するものと、心理的なアプローチをするものがあって、後者として優れているのは『人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか』がとてもおもしろかった。本書はこちらの系譜に連なるもの。著者は心理学者であるため、信じてしまうメカニズムを説明するのにはうってつけの人材かもしれない。

 特に、日本で猖獗を極める血液型差別を繰り返し批判しているのは好感を持てる。どうしてこの愚かなレイシズムが蔓延っているのか、その説明がまた面白かったので引用しよう。

 先に紹介した大村政男は、このような血液型性格学が誰にでも当てはまることを「フリーサイズ」効果と呼んだ。加えて、そういわれるとそう思えるという「ラベリング効果」、いわれたとおりに思い込んでしまう「インプリンティング効果」をあわせてFBI効果と称して、血液型性格学が信頼されてしまうメカニズムを整理している
(P.148)


 わはは。こういう、冗談を交えてやってくれるのは魅力だなぁ。どうして迷信が蔓延ってしまうのかを知るのには良い一冊である。

 私は、(医療関係以外で)血液型を聞かれたら、その時点で相手の評価を下げることにしている。そもそも血液型と性格に関係がないことは多くの学術的な調査全てで確定しているのだから、それを知らぬ愚かさがある。加えて、生まれによって相手の性格を決めつける。それは差別の定義そのものである。愚かな差別主義者なんぞと、私は付き合いたいと思わない。
反疑似科学・反オカルト | 2014/08/11(月) 19:37 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1444冊目 だます心 だまされる心
だます心 だまされる心 (岩波新書)だます心 だまされる心 (岩波新書)
(2005/06/21)
安斎 育郎

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 著者の安斎育郎さんは、ジャパン・スケプティクス(超常現象を批判的・科学的に究明する会)の会長を務めていた科学者である。その経歴を見たら、騙す・騙されるがどのような話題なのか、想像できるだろう。

 手品や詐術を超能力である、あるいは霊能力であるとして衆を惑わす者がいる。マスコミも、彼らが売れているから、というたったそれだけの理由で持て囃す。その一つの悲劇的な帰結が、オウム真理教事件ではなかったか。

 ユリ・ゲラーのスプーン曲げ然り、サイババの物質化然り。

 本書は、こうした誤りを敢然と糺す。更に、合理的に考えれば、騙されるのを防ぐことができただろうことにまで話を広げているので、騙されないためにはどのような心掛けが必要かを教えてくれている。端的に言うならば、それは懐疑的であれというべきか。

 例として、ファラデーが無意識の手の動きと断じたコックリさん(正確にはウィジャ盤)、旧石器発掘捏造、ミステリーサークルに水子供養詐欺等、話題を集めたトピックが多い。

 他にも、コナン・ドイルが騙された妖精写真(あれに騙されちゃあイカンよ)、森鴎外の自説拘泥で多くの将兵を死に追いやった脚気の原因論争、野口英世の意外な程の功績の無さ、更には騙し絵や推理小説や手品に至るまで、幅広く論じているので飽きることが無い。

 楽しく、かつ詐欺に騙されにくくなる、心のワクチンと言って良いかも知れない。
反疑似科学・反オカルト | 2014/05/14(水) 19:09 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1308冊目 超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか
超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか
(2012/02/11)
リチャード・ワイズマン

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆☆


 よく当たると評判の占い師がいる。話をした人は、余りにも的確に自分のことを言い当てるので感激し、つい信じてしまう。あるいは、超能力を使えると自称する人がいる。いかがわしい主張だというのに、大量の信者が付いていることがあることはご存知だろう。あるいは体外離脱(しばしば臨死体験時に起きるという)や幽霊、死後の世界との通信といった、人の精神は肉体という物質に捕らわれたものではないと示唆することを信じる人々もいる。

 嘆かわしいことに、科学や技術がこれほどまでに進んでも、少なからぬ人の精神はまだまだ迷妄の中にある。何故か?それは、人の脳が、不十分な情報の中から自分の生存に最大限有利な状況を選択できるように、しばしば論理的な考えをすっ飛ばしたり、関係のないものにでも関連を見出そうとしてきたからなのだろう。つまり、人が愚かだからではなく、人の限界として、これらの問題は問題たり得ているのである。

 本書は、これらのオカルトと言われるものが、どうして正しくないか、どうして人は騙されてしまうのかを、面白おかしく解き明かしてくれている。

 例えば、占い師が客のことを言い当てるのは、意識的か無意識的かは別としてコールドリーディングと呼ばれるテクニックを使っていたり、誰にでも当て嵌まるようなことを言ったり、果ては外れた項目は意識に残りにくく当たったものは記憶に残るという人の身勝手さが根底にあったりする。だから、評判の占い師であっても、客を見るだけでは占いを当てることは出来ない。なぜなら、これらのテクニックが使えないからだ。

 あるいは、ヨーロッパで流行った降霊術。評判になった降霊術に懐疑的な人が混じり、観察すればそこには必ずイカサマがあった。日本で言うところのこっくりさんに相当するウィジャ盤が、霊からのメッセージなどではなく、参加者の無意識の動きによるものだと明らかにしたのはファラデーであった。彼の優れた実験こそ、歴史を超えて語り継ぐ価値がある。

 本書の最終章、カルトによるマインドコントロールは、恐ろしい悲劇を見据えてのものだけに圧巻だ。人民寺院というカルトが、900名メンバーの集団自殺で消滅するその事実は余りにも奇怪である。オウム真理教でも同様のことがあったことを思えば、何故このようなカルトがのさばり得るのかを知っておいて悪いことはなかろう。

 こうした問題それぞれについて、どうして人が過ちを信じるのか、そのメカニズムを丁寧に書いてくれている。しかも、文章が面白くて読み易い。世に蔓延るオカルトをただ弾劾するのではなく、人が誤解しやすいという弱さに踏み込んで、その上で過ちは過ちだとするところには温かみすら感じられる。多くの人に読んでもらいたい。きっと、自分自身の認識の弱さを知り、騙されなくなることに繋がるだろうから。
反疑似科学・反オカルト | 2013/11/17(日) 19:54 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1065冊目 世界はこうしてだまされた〈2〉UFO神話の破滅

世界はこうしてだまされた〈2〉UFO神話の破滅世界はこうしてだまされた〈2〉UFO神話の破滅
(1995/03)
高倉 克祐

商品詳細を見る


評価:☆☆☆☆


 1巻から先に読むつもりではあったが、手に入ってしまったからには仕方ない(?)。

 困ったことに、世の中には既に宇宙人が地球にやってきていて地球上でピラミッドやストーンヘンジを建設してみたり畑のど真ん中にミステリーサークルをこしらえてみたり空から不思議なものを落としてみたりケネディを暗殺してみたり牛を解剖してみたり(キャトルミューティレーション)それなのに(とりわけ絵が下手な人には)良く目撃されてみたりと我が物顔に振舞っている、等という事を信じてしまっている人が居る。

 本当に困ったことに、視聴者を莫迦にすることでは定評のあるテレビ局があれも宇宙人の仕業、これも宇宙人の仕業と莫迦莫迦しい番組を濫造してきたこと、怪しげな出版社がその存在意義を示すためにか怪しげな本を多数世に送り出してきた。

 一方で、様々な情報を集めて冷静に分析する、懐疑的(否定的という意味ではない) な立場は余り評価されてこなかった。テレビでビリーバーと対決する機会があったとしても、せいぜい”夢をぶちこわしにする空気の読めない人”的な扱いだ。

 本書を読めば、宇宙人がUFOに乗って地球にやってきているという考えがどれほど脆いか分かる。UFOの証拠とされている写真や映像がそもそも捏造であったり、単純な勘違いであったりする。(最も多いのは、月や火星といった天体の見間違いと言われる)

 俎上に載せられているのは矢追純一やコンノケンイチといったちょっと古い面子で、批判されている写真にはテレビ番組で流れてしまったものもあるが、かなりマニアックなものもある。しかし、こうした地道ながらも丁寧な反論は大切だと思う。そうでなければ言った者勝ちになってしまうから。

 本書を読むと、捏造は論外として、人間が見たいものを見てしまう能力に長けていることを改めて思い知らされる。EVAカメラをドラゴン型UFOと勘違いした写真等でそれは歴然とする。UFOと見間違える人間が特別愚かなのではない。誰しもが嵌る可能性のある陥穽である。人間の認識力の限界を知る上でも懐疑的な姿勢は役に立つ。それはきっと、自分が変な考えに迷い込むリスクを少しでも下げる方に働いてくれるだろう。
反疑似科学・反オカルト | 2012/07/05(木) 21:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。