カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

Skywriter

Author:Skywriter
あまり一般受けしない本ばかりが好きと言う難儀な管理人です。
お勧めした本を面白いと思ってもらえると最高です。

BK1書評の鉄人31号。
鉄人


宣伝目的以外のあらゆるコメント、TBを歓迎します。

↓ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してください。


にほんブログ村 本ブログへ


kids goo弾かれサイトですので閲覧はご注意を。頭が悪いのが伝染する恐れがあります。
notforkids.jpg

FC2カウンター
最近の記事
Tree-Arcive
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
巡回先

にほんブログ村 本ブログへ



うちの子も元捨て犬です。今はすっかり我が家の一員。甘えるのは下手だけどとっても可愛い子です。

Skywriterさんの読書メーター

ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
ブログ内検索
RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1664冊目 地中海 (地域からの世界史)
地中海 (地域からの世界史) -
地中海 (地域からの世界史) -

評価:☆☆☆


 今の国境線と各々の国の文化を考えると、ヨーロッパとアフリカ、そして中東は別の文化圏のようにも見える。強いて言えば、中東とアフリカにはイスラームという共通項があるくらいか。

 しかし、歴史的に見れば、地中海を挟んでヨーロッパ、アジア、アフリカは深く結びついていた。アレクサンドロスの帝国が、あるいはローマの支配地域が重なるのは偶然ではない。そこは、外国とは思われていたが、1つの世界であったのだ。

 本書は、この広い地域を1つのまとまりと捉え、歴史の流れを追いかけている。メソポタミア、エジプト、ギリシア、ペルシア。そうした地域はアレクサンドロスの帝国に飲み込まれ、ローマの支配するところになる。イスラームが興ってからは、十字軍とアラブの攻防があったり、スペイン側からのイスラームの侵入があったりと、やはり地中海を1つにまとめて考えたほうが歴史を理解しやすくなると感じさせられた。

 こうした地理的な連続性があるから、ギリシアの知はイスラムが保存し、ルネッサンスとして花開く土台を作ったのだろう。

 欲張りなことに、スエズ動乱のような現代史まで取り上げているので、駆け足で数千年の歴史を駆け抜けていることになる。詳細を知ることには向いていないが、視点を変えることには十分に役立つことだろう。


関連記事
スポンサーサイト
その他歴史 | 2015/07/09(木) 19:11 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1663冊目 ギリシア神話
ギリシア神話 (文庫クセジュ (726)) -
ギリシア神話 (文庫クセジュ (726)) -

評価:☆☆☆


 神々や英雄が縦横に活躍するギリシア神話。小学生の頃に子供向けのギリシア神話を読んだのが神話への興味の入口となった私にとって、他の地域の神話とはちょっと違った感慨がある。

 ペルセウスが髪の代わりにヘビが生えたゴルゴンを退治したりアンドロメダを救う話、そのひ孫に当たる(ことは最近知った)ヘラクレスの12の冒険と悲劇的な死。あるいは迷宮から人造の翼で飛びだったイカロス。ああ、あのサイズの翼では人は空を飛ぶことなどできないのだと教えてあげたい。それにしても、熱で溶けるとは、熱圏まで行ってしまったのだろうか。

 ファンタジー好きには、多くの魔物がギリシア神話起源であることも懐かしい。一つ目の巨人キュクロプス、天を支える巨人アトラス(ドラクエ2では何故かアトラスがキュクロプスとして描かれる)、羽を持つハルピュイア、美しい歌声で船を浅瀬に引き寄せ難破させてしまうセイレーン。

 実のところ、纏めて読むとおかしなことが目にとまる。まだ生まれていないはずの人が活躍したり、設定が明らかに後付だったりするのである。例えば、人がまだ生まれる前の時代の話にヘラクレスが活躍することが挙げられよう。

 なぜこうしたことになったのか。ギリシア神話を神話として楽しみながら、冷静にその成り立ちを説いているのが本書である。

 単純に纏めてしまえば、ギリシア神話が様々な場所で、長い時間をかけてできたから矛盾が入り込んだ、ということになる。聖書と同じように。勿論、こんな乱暴な説明ではさっぱりわからないだろうと思うので、ギリシア神話がお好きな方は読んでみてほしい。

 慣れ親しんだ神話がどのような背景で成り立っているのかを知るのは純粋に楽しかった。また、大雑把に神話の流れを説明してくれているので、色々と記憶が蘇ってきて懐かしくなる。また神話についてまとまった本を読みたいと思うようになった。
関連記事
神話・伝承 | 2015/07/06(月) 19:51 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1662冊目 多神教と一神教―古代地中海世界の宗教ドラマ
多神教と一神教―古代地中海世界の宗教ドラマ (岩波新書) -
多神教と一神教―古代地中海世界の宗教ドラマ (岩波新書) -

評価:☆☆☆


 古代地中海世界には様々な神話が花開いた。文明発祥の地たるメソポタミアでは多神教が、エジプトでは多神教を経て史上初の一神教が、中東ではユダヤ人によって徹底した一神教が生まれては発展していった。広く知られているギリシア神話もその1つだ。地中海世界を支配したローマには大した文化はなく、神話もギリシアのものを持ってきて、神の名前だけ変えてしまった。ローマの主神ユピテルはギリシア神話のゼウス、というように。

 新書サイズ1冊なので、それぞれの神話の詳細まで踏み込むことはできていないのは当然なので、そうしたことに興味がある方は別の本を当たるべきであろう。

 本書ではむしろ、地中海世界に共通する話題から文化的な交流を感じたり、多神教の中からどのようにして一神教が生まれどうやって発展していったかを知るのに向いているといえる。

 ギリシア神話をご存じであっても、メソポタミアの神話やエジプトの神話はご存じない、という方は多いだろうから、こうやってメソポタミアと明らかに性格の共通する神々がギリシアでも活躍していたことを見るのは楽しいだろうと思う。

 多神教と一神教を対立軸として捉えたり、発展段階と考えたりしていないところも好感が持てる。

 神話に興味がある方は、一歩引いたところから眺めるこうした本で概要を知るのも良いだろう。また、宗教が何のために社会に要請されるのか、といった点からの話題もある。なので、宗教について冷静に考えるのにも役に立ちそうだ。
関連記事
その他歴史 | 2015/07/04(土) 19:25 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1661冊目 技術の歴史 3 地中海文明と中世 上
技術の歴史 3 地中海文明と中世 上 -
技術の歴史 3 地中海文明と中世 上 -

評価:☆☆☆☆


 技術にも歴史にも興味があるので、図書館の蔵書を「技術 歴史」で検索してみたらこんな本がヒットしたのですよ。これは読まずに居られない!と思って申し込んで見たら、やたらとゴツイ本が出てきたのでびっくり。とりあえず、驚きは顔に出さずに借りてきました。本のサイズに27cmとか書いてあるのを見なかったこちらの敗北です。

 閑話休題、ぱらぱらとめくってみたら、農具、陶器やらガラス細工、家具といった様々な技術を丁寧に取り上げた本であった。土器を得たことで液体の貯蔵ができるようになったり煮炊きができるようになったりと、人類文明は大きく変わっている。なので、原始的なものといえども侮れないのである。

 地中海世界の技術史ということで、ギリシアの宴会でワインを薄める(ワインを生で飲むのは蛮族のやることだと言われていた)混酒器や、ワインの貯蔵に用いられたアンフォラが触れてあったり、アンフォラが見つかる地域はギリシアと交易していたことが分かることからギリシア人の商人が訪れていた範囲が分かるのは面白い。

 農具については、犁についてかなりつっこんだ議論がされている。農業についての知識がもっとあったなら、価値を深く知ることが出来ただろうにと思うとちょっと残念。

 面白かったのは、ガラスについて。エジプトで発達したというのは、ガラスがケイ酸、つまりは砂からできていることから考えると納得。関心するのは、主に金属酸化物を用いてガラスの着色が行われていたところ。実用性だけではなく、芸術性も求められていたというのを見ると、人間の感性が今も昔も変わっていないことに安心する。

 鉱山の模様が中世以降の日本の金山と比較されていたり、軍事技術について「ギリシア火」と呼ばれる瀝青やナフサを詰めた火炎瓶のような兵器が紹介されていたりするので、読者の興味を引くことはできていると思う。

 が、いかんせん、専門的に過ぎる。余程の物好きでないと読まないだろうし、読む必要も無さそうだ。一方で、歴史について勉強するなら、バックグラウンドとなる知識は大量に詰まっているので、役に立つことだろう。知的好奇心だけで読むなら、気になる項目を拾い読みすれば十分だと思う。
関連記事
技術 | 2015/06/29(月) 23:26 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

1660冊目 歴史の中の『新約聖書』
歴史の中の『新約聖書』 (ちくま新書) -
歴史の中の『新約聖書』 (ちくま新書) -

評価:☆☆☆


 旧約聖書がバビロン捕囚やプトレマイオス朝エジプトの図書館で長い時間をかけて生まれたように、新約聖書もまた長い時間をかけて完成したものである。ナザレのイエスは、自身の教えを文書にして残さなかった。本書では敢えてそうしたのではないかと推測しているが、識字率数%の時代に、地方出身の貧しい大工が文字を読み書きできたと考える方が無理がある(例えばシャルルマーニュですら文盲だった)。

 おまけに、イエス死後の60年代にユダヤ人はローマの支配に対して反旗を翻し、エルサレムが徹底的に破壊されるといったことが起こる。

 福音書は全てこのユダヤ大反乱の後に書かれたものである。しかも、ヘブライ語ではなくギリシア語で書かれたもの。つまり、彼らが想定する読者は、エルサレムを逐われたユダヤ人ではなく、ローマの人々だった。その過程で、ユダヤ人相手にのみ意味があったイエスの教えは世界宗教へと変わっていくのである。

 本書はこのあたりの歴史を踏まえながら、新約聖書がどのようなものかを説いている。

 著者はストラスブール大学でプロテスタント神学部の博士課程を修了しているので、聖書研究について述べるのであればこれ以上適した人は居ないだろう。で、そういう人は往々にして、新約聖書の無謬性、絶対性を信じていない。著者も、所謂正統的な教えに対して、論理的に無理があるのではないかとツッコミを入れているところがあって、読んでいて面白い。福音書間で見られる差が何を意味するのかについても解説してくれているので、聖書を俯瞰的に眺めるようにさせてくれてもいる。

 こうしたことから、新約聖書を一歩離れたところから知るにはうってつけであろう。色々と勉強になった。
関連記事
その他歴史 | 2015/06/25(木) 21:28 | Trackback:(0) | Comments:(0)

献本サイト レビュープラス

ランキングに参加しています。面白いと思ったら押してくださいませ。
(ランキングサイトが立ち上がります。不快でしたら無視して下さい)
にほんブログ村 本ブログへ

次へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。